« 温泉いくつ回れるか!鉄腕ダッシュ的温泉巡り~群馬・新潟~ | トップページ | 10月と11月に観た映画(2009) »

2009/10/17

9月に観た映画(2009)

 

Dsc01478

 

10月も、半ばを過ぎ、

秋も深くなってきたなぁ~と、日々身に沁みます。

今年は、柿が表年なのでしょうか。

相変わらず、今頃9月の振り返りを。。。

まして、劇場で観た作品のレビューすら書いてない9月。

無精にも程があるよな~。

 

 

 

 劇場で観た作品は、2作。

 

20090923160037a2a 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 

 19世紀半ば。
 父親を殺された事がきっかけで特殊な能力を
 覚醒させたローガン(ヒュー・ジャックマン)は、
 兄ビクター(リーヴ・シュレイバー)と友に、
 150年以上に渡り兵士として幾多の戦場を
 駆け抜けてきた。

 戦争の中で凶暴化した兄ビクター、
 そして非人道的な任務を行う特殊部隊チームXと
袂を分けたローガンは、カナダの山奥で、
女教師ケイラ(リン・コリンズ)と共に静かに暮らしていた。
だが、彼の静かな幸せは長くは続かなかった。

久しぶりに、次男と一緒に鑑賞。

冒頭、ローガンとビクターが戦争を渡り歩き戦いに明け暮れるシーンは、
スピード感に溢れ映像も見事で、とっても見応えがあった。
私的には、X-MENシリーズの中で一番好きかも。(3作目は見てないが…)

これまでと違い、「ウルヴァリン」になる前を描いているので、
独特のビジュアルも、まだ完成されていなくて、
尚の事、ヒュー・ジャックマンの生身の美しさが際立っていた。
それにしても、ヒューの肉体の素晴らしさとスタイルのよさは抜群!

今年のアカデミー賞以来、ヒュー・ジャックマンにちょっとホレてる私です…(照)

 

487c44d7ceb9d328b2aa235fa1509fe8 『カムイ外伝』

 貧しさゆえに幼くしてしのびの世界に足を踏み入れた
 カムイ(松山ケンイチ)は、鉄の意志と優れた忍術を
 身につけた忍者に成長する。
 掟に縛られ理不尽な殺戮に明け暮れる
 忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。
 それは、抜け忍として一生追われることを意味する。

 ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助け、
 カムイはその一家に身を寄せるが、
半兵衛の妻は、カムイと同じ抜け忍のスガルだった。

 
う~ん、微妙だった。。。

松山ケンイチくんも、小雪も、伊藤くんも頑張ってるんだけど、
どうにも安っぽいCGにばかり目が行ってしまって…

それに、大好きな宮藤官九郎の脚本のはずなのだが、
ちっともクドカンらしさが感じられない。
時代劇だから、しょうがないのかな?!

う~ん、残念。

 

 

そして、ここからがDVDで観た作品。

 

243656img1 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

 1950年代半ば、アメリカ。
 コネチカット州の郊外で、
 フランク(レオナルド・ディカプリオ)と
 エイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は
 二人の子どもに恵まれ、幸せに暮らしていた。
 自分たちは“特別”だと思っている二人。
 そして、フランクが30歳の誕生日の夜、
 エイプリルはある提案を持ちかける。

そして、二人は人生で大きな賭けに出ることを決意するのだったが…

 

私などは、現状をありのまま受け入れてしまうタチである。
その器の中で、あがいたりもがいたりしながらも、
喜びや楽しみを見つけられるんだと思う。

向上心がないとか進歩がないとか言われればそれまでだけど…

だから、エイプリルの気持ちがわかるとはいい難い。
ただ、平凡に見える私のような人間の中にも、
エイプリルのような思いが全くない…とも言えないのだと思った。

なんとも、やりきれないお話ではあったが。。。

 

Cbb2b377 『悲しみが乾くまで』

 夫のブライアン(デヴィッド・ドゥカヴニー)と
 2人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていた
 オードリー(ハル・ベリー)。

 ある夜、ブライアンが事件に巻き込まれ死亡。
 その葬儀の日、オードリーは夫の親友
 ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)と再会する。
 ジェリーはかつて弁護士だったが、
 今はヘロインにおぼれ、堕落していた。

 

『レボリューショナリー~』は、サム・メンデス監督作品。
こちらも、サム・メンデスが製作に名を連ねている。
だが、物語は正反対だ。
こちらは再生の物語、一方は壊れていく物語。
救いのない物語が嫌いというわけではなく、
私は、こちらのほうが好き。

ヘロイン中毒のダメ男のデル・トロが、素敵に見えてしまったわ…

 

580e9909s 『幻影師 アイゼンハイム』

 19世紀末、ウィーン。
 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ
 幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。
 ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子
 レオポルド(ルーファス・シーウェル)が、
 婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて
 彼のショーを観覧にくる。
 アイゼンハイムは、彼女を見て激しく動揺する。
 彼女は、15年前、幼い日に身分の違いが
 原因で引き裂かれた恋人だった。

 

大好きな時代と設定の物語。
それだけでも、いえそれ以上に、今まであまり素敵とは思えなかった
エドワード・ノートンが、風貌も佇まいも無茶苦茶好み!だった。

お話のネタは、それほど新しいものではないが、
アイゼンハイムのイリュージョンが、物語の全てを語っているようだった。

  

72c7c67fs 『マンマ・ミーア』

 エーゲ海に浮かぶギリシャのカロカイリ島。
 シングルマザーの母ドナ(メリル・ストリープ)に
 育てられたソフィ(アマンダ・セイフライド)の願いは、
 まだ見ぬ父親とバージンロードを歩くこと。
 結婚式を控え、内緒でドナの日記を読んだソフィは
 父親の可能性のあるドナの昔の恋人、
 建築家のサム(ピアーズ・ブロスナン)、
 銀行家のハリー(コリン・ファース)、
 冒険家のビル(ステラン・スカルスガルド)の
 3人に、ドナの名前で招待状を出す。

 

ABBAの懐かしいナンバーにのって、歌う踊る!
ムチャクチャ元気でノリノリで、もう楽しい!の一言。

ちっちゃい事は気にするな!それ、わかちこ!わかちこ!~♪

 

1d13ecf4s 『メゾン・ド・ヒミコ』

 借金を抱え、昼はしがない会社の事務員、
 夜はコンビニで働く24歳の沙織(柴崎コウ)。
 ある雨の日、彼女のもとに若くて美しい男、
 晴彦(オダギリジョー)が訪ねてくる。
 春彦は、破格の日当で老人ホームを
 手伝わないかと誘う。
 そこは、幼い沙織と母親を捨てたゲイの父が、
 ゲイのために作った老人ホームだった。
 そして春彦は、父の恋人だったのだ。

 

舞台となるのは、ゲイのための老人ホーム。
登場する人々も、皆個性的でキョウレツゥー!なのだが、
なんだか、憎めなくて愛おしい気さえしてくる。

柴崎コウは、相変わらずいつ見ても同じトーンで同じしゃべりで…
なのだが、スッピンの彼女はとっても綺麗だった。

オダギリジョーくんは…
最近見たどの作品よりも、色っぽくて素敵でした!

 

20070622_312899 『キサラギ』

 売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年。
 彼女のファンサイトの管理人、家元(小栗旬)は、
 ミキちゃんの「追悼会」を企画する。
 集まったのは、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、
 スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雄)、
 そしていちご娘(香川照之)の5人だた。
 思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、
 「彼女は殺された」というオダ・ユージの言葉を引き金に、
 事態は思わぬ展開を見せ始める。

 
  
いやいや、無茶苦茶おもしろかったです!

脚本が良くできていて会話が面白く、
どんどん展開が変わり、目が離せない状態。

キャラクターも、それぞれが際立っていてとても良かった。
小栗くんのいじいじも可愛かったし、小出くんのぶっ飛びぶりも見事。
香川照之さんの、カチューシャも笑った!

でも、一番のツボは、
「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」

気になる方は、是非ご覧になってください!(笑)

 

 

9月は、久しぶりになかなか充実したラインナップ。

満足、満足!!!(笑)

 

 

 

|

« 温泉いくつ回れるか!鉄腕ダッシュ的温泉巡り~群馬・新潟~ | トップページ | 10月と11月に観た映画(2009) »

コメント

わお!いっぱいご紹介ありがとう!

私、すっごい見たくなったのは
「メゾン・ド・ヒミコ」と「キサラギ」です

邦画って、ついつい、あと回しで
そのうち忘れることも多いので
これはメモってか、
もう宅配予約リスト入れちゃおう!

ワイワーイ!

投稿: ももなとん | 2009/10/22 17:09

こんにちはー♪

「ウルヴァリン」は良かったですよね♪
ヒュー・ジャックマンがとてもかっこよくて大好きな映画でした!
あとお気に入りなのは「マンマ・ミーア」と「キサラギ」かしら^^
どちらも面白い映画でしたね(^^)/

投稿: みすず | 2009/10/25 16:41

ももなとん様

そうそう、邦画ってついつい後回し…
わかります~~~。

そもそも、男優で見る映画を決める傾向にある私は、
日本の俳優さんで、キュンとなる人が
あんまりいないんですよねぇ。

根っからの外人好きってか!(笑)

ももさん、沖縄はお天気がちょっぴり残念だったようですね。
うちも、完璧とは言えなかったなぁ~。
古宇利大橋も、写真のようにとはいかなったです。

やっぱ、次回はハワイかな~

投稿: ri | 2009/10/26 01:23

みすず様

最近、ヒュー・ジャックマンが、ちょっと旬だったりしてる私です。。。

みすずさんも、一杯映画見てらっしゃるよね。
今月も、「私のの中のあなた」を観たので、
レビュー書いたら、みすずさんちにお邪魔しようと思っていたのに、
結局またまた10月が終わってしまいそうな勢いで…(汗)

最近、ジョニー情報に益々疎くなっているので、
みすずさんちでチェックさせてもらってます!
ってか、みすずさんちが頼り!

いつも、ありがとね!!!

投稿: ri | 2009/10/26 01:38

riさん、ご無沙汰しててごめんなさいm(__)m
いっぱい、ご紹介ありがとうo(*^▽^*)o

私が観たいなぁって思ったのは・・・
ずばり「キサラギ」ですup
最近、小栗旬くんが気になる私でーす(笑)

メゾン・ド・ヒミコも、面白そう(≧∇≦)
邦画もいいもんね(o^-^o)

投稿: のぞみ | 2009/10/26 09:52

riさん、こんばんは♪
たくさんご覧になりましたね~!!

あ~私も小栗旬くんに1票!(笑)

>「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」
非常に気になります!!
で、このセリフだけでなんか可笑しい~(笑)
『キサラギ』、観ます。
ご紹介ありがとうございました♪

投稿: Rei | 2009/10/26 23:16

お久しぶりですーーっっ

沢山のレビューうれちーー♪

私もウルちゃん(笑)はとっても良かったので
2回観にいっちゃいました( ̄ー ̄)ニヤリ

>冒頭、ローガンとビクターが戦争を渡り歩き戦いに
>明け暮れるシーンは、スピード感に溢れ映像も
>見事で、とっても見応えがあった。

うんうんっ私も思いましたっ次々と変わって
いくシーン構成とか途中ストップモーションに
なったりするところなんかとっても良かった
あと、戦いながら葉巻をくわえるシーンとかもカッケーし(*^m^)

『マンマ・ミーア』
これ私は映画館に観に行ったんですけど良かったー
好きな映画になりましたこれ♪

『キサラギ』
すげーーー気になってるのにいまだに観れてないので
観たいって思ってるんですけど、

「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」

超気になるΣ(・ω・ノ)ノ!これーー絶対に観たいわ
CSでしてくれないかしら( ̄ー+ ̄)

投稿: ばちろう | 2009/10/27 22:35

のぞみ様

お返事遅くなってゴメンナサイ!!!

そして、こちらこそご無沙汰しています。
こんな無精でどうしようもない私ですが、
見捨てないでやってくださいませ!

邦画、二つともよかったですよ。
特に『キサラギ』は、お薦めです。

小栗くんも、よかったけど、
私的には、小出くんのぶっ飛びぶりがツボでした。

いよいよ、あと1ヵ月ちょっとで。。。
楽しみ~~~ですね。

投稿: ri | 2009/10/31 18:41

Rei様

お返事遅くなってごめんなさい!!!

>「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」
>非常に気になります!!

ね、ね、気になるでしょ!
是非ご覧になってください。
作品そのものも、とっても良かったですよ。

明日あたりから、寒くなるようですね。
風邪などひかれないように、お気をつけくださいね!

投稿: ri | 2009/10/31 18:44

ぱちろう様

お返事遅くなってごめんさない!!!
いつもいつも、無精でごめんなさいね。。。

ぱちろうさん、ウルヴァリン2回観にいっちゃったの!
ヒュー、いいよね!
ちょっと、嵌っています!(笑)

>「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」

気になるでしょ。
是非、確かめてください。

来月の旅行の件は、またご連絡しますね♪


投稿: ri | 2009/10/31 18:51

こんばんは、riさん♪
お久しぶりです!

たくさん映画をご覧になっているんですね!!
すばらしい~(・∀・)イイ!

>でも、一番のツボは、
「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」

この一言で観たくなってしまいました(爆)

投稿: Pamy | 2009/10/31 19:59

Pamy様

Pamyさん、ご無沙汰しています!
お元気でしたか!?

なのに、お返事遅くてホントにすいません…

元々無精で、たまに更新、だったのに、
最近は益々、たま~~~に更新になってしまいました。(苦)

>でも、一番のツボは、
>「そもそもジョニー・デップをこの角度から見たことがない!」
>この一言で観たくなってしまいました(爆)

でしょでしょ、気になるでしょ!(笑)
ま、前後にそんなに会話のふくらみがある訳じゃないんですが、
これを聞いたときには、ツボでした。

作品的にも、とても面白いので、
是非、確かめてみてください。


投稿: ri | 2009/11/06 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/31252858

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に観た映画(2009):

» 9月に観た映画(2009) [葬儀葬式]
[続きを読む]

受信: 2009/10/18 00:12

» 特別養護老人ホーム [特別養護老人ホーム]
特別養護老人ホームについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009/11/01 23:44

« 温泉いくつ回れるか!鉄腕ダッシュ的温泉巡り~群馬・新潟~ | トップページ | 10月と11月に観た映画(2009) »