« 5月に観た映画(2009) | トップページ | 二十と数年後 ~同窓会~ »

2009/06/14

ROOKIES-卒業-

 

Rookies_1_1b   《劇場鑑賞》

 

 物凄い人気だったドラマの続編の

 映画化作品。(あたりまえか… 爆)

 ドラマは、あんまり皆がいいと言うので、

 途中からの参戦派。

 ベタ~なのに、結構嵌った。

 

 

 

やっぱ、映画になったからには、見とかなくちゃね!

 

 

 

 

2009年春、二子玉川学園。

先輩たちが卒業し、ニコガクの野球部の面々も無事3年生に進級した。
川藤も教師に復帰し、再び甲子園目指して練習の日々が始まる。

たった二人だが、新入生の入部希望者もあった。

一人は、偶然平塚に助けられた事から、
平塚をヒーローと崇める濱中。
エースで4番との平塚の嘘がバレ、一旦はやる気を亡くしてしまう濱中だったが、
野球部の皆や平塚の、必死な姿を見て、
「やっぱり平塚さんは、僕のヒーローです。」と、野球部に入部する。

もう一人は、中学時代から評判の高い赤星。
横柄な態度をとり練習にも参加しようとしない赤星だったが、
大学の野球部で練習しているところを、御子柴が目撃する。

「なぜ野球部で皆と一緒に練習しないのか。」と問う御子柴に、
赤星は、「俺はメジャーに行く。笑うなら笑え。」と答える。
そんな時、不良たちに絡まれた赤星を助けようとした御子柴が、
骨折という大怪我を負ってしまう。

御子柴の分もがんばるから一緒に甲子園に行こう!
と、ニコガク野球部は夏の甲子園予選に挑む。
赤星も、「御子柴さんが帰ってくるまでは、セカンドは僕が守る。」と宣言する。

優勝候補は、安仁屋の中学時代の因縁の相手、
エース川上を擁する笹川高校だ。

 

 

もう、長々と説明するまでもない『ROOKIES』。

ドラマは、子供たちや同僚や、世間の盛り上がりに便乗し、
一回見てみるか~と、途中から参戦した。

何ていうんだか。。。

早い話が、
熱血教師の元、不良たちが反発や衝突や挫折を繰り返しながら、
友情が生まれ夢に向かって努力する青春物語。

正真正銘の“ベタ”で、昔からよくあるお話。
なんだけど、何故か惹かれてしまう…
『ROOKIES』は、不思議な魔力を持ったお話のようだ。

うちの息子たちのような男の子は、
原作の「森田まさのり」の世界が、大好きなようだ。
女の子たちは、これでもかっ!と揃えたイケメンの出演者たちが目当て?
それぞれのお気に入りの子がいるのだろう。

ちなみに、わたしのお気に入りは、
ショート桧山を演じた、川村陽介くん。

ってことは、おばさんたちもお気に入りのイケメンを見に来てるのか!

いえいえ、それだけじゃなくて、
おばさんたちは、昔良くあった「学園青春ドラマ」が懐かしく、
わかっていても、号泣しちゃうのかな。
ベタな台詞が、妙に心に響いてきてしまうんだな。
(昔の青春ドラマより、何十倍も洗練されているけれどね。 笑)

 

とにかく、笑って泣いて、すっかり楽しんできました!

 

でもね、さすがに一人で観に行くのは恥ずかしかったのですが、
なんと、先週の日曜日に次男をつき合わせてしまいました。

友達と観に行くとばかり思っていた次男。

何でかというと。。。

 

次男くん。
早く観たいのだけれど、この日以外は部活や試験やなんかで、
しばらく観にいけそうもない状況だったよう。

で、友達を誘うにも。。。

実は、授業中にきり忘れた携帯がなってしまい、
携帯電話没収中!!!だったのです。

だから、友達と連絡できなかったんです!

しばらく観にいけない方を取るか、オカンといってしまう方をとるか。。。

 

次男は、オカンと来てしまった事を少々後悔していたようでした。

 

だって、
ほとんど一杯になった事のない田舎の劇場が、
中高生の女の子たちで、一杯だったんですものshock

少々、かわいそうになったので、
予告編がはじまった瞬間、つまり劇場内が暗くなってから
席につきました。

決して、マザコンではないですよ~~~bomb

彼なりの、苦渋の決断!?だったのですcrying

 

 

|

« 5月に観た映画(2009) | トップページ | 二十と数年後 ~同窓会~ »

コメント

riさん、こんばんは。

>ってことは、おばさんたちもお気に入りのイケメンを見に来てるのか!
あはははは!!じゃあ私も行かなきゃ!?(笑)
かなり人気の作品みたいですね。
無理矢理時間作って観にいこうかな♪

私が『このロッキーズってさ~』と娘に言ったら、
『ママ…ルーキーズだよ』って白い目で見られました(汗)
しかも男の子誰も知らないし。。厳しいですね。

次男くん、riさんが隣にいてもお母さんに見えないと思います!(笑)
でも次回はぜひ可愛い彼女と♪

投稿: Rei | 2009/06/14 19:49

Rei様

>『このロッキーズってさ~』

わはっ、さ~すがReiさん!って、褒めてるんですよ!
何ていうか。。。
ベタで、これでもかっていう所も、そんなバカなって所も、
思いっきり満載なんですが、もうそんなことどうでもいいんです。

何か、超越している感じ!(爆)

>しかも男の子誰も知らないし。。

私は、かろうじて市原隼人くんを知ってたぐらいです。
今も、他の子はあんまり名前も覚えられないっす。
川村陽介くんだって、「ほら、ひげのあの子。」くらいで、
改めて、ネットで調べて記事にしただけですから。

>次男くん、riさんが隣にいてもお母さんに見えないと思います!(笑)

あは、そんな事いってくださるの、Reiさんだけです!
子供たちからは、大ブーイングが来そうです。

投稿: ri | 2009/06/16 00:12

わーーーいriさんも観にいかれたんですねっ

私はすでに2回鑑賞・・・すっかりヤローどもに
はまり込んでしまってます(汗)

>正真正銘の“ベタ”で、昔からよくあるお話。
>なんだけど、何故か惹かれてしまう…
>『ROOKIES』は、不思議な魔力を持ったお話のようだ。

うんうんっそうなんですーーー
結末ってかもう先が読めるの内容なのに、
何故だかドキドキしながら観てしまう、
2度見ても同じ所で泣いてしまう・・・

実際にドラマを見てましたが、それよりも更に成長を
遂げていると思うメンバーたち。

皆熱いのよーーおそらくあと何度か観にいくと思う私です

ちなみに私は『佐藤健』目的ですけど御子柴役の
『小出恵介』気になる存在ですーー
彼の涙は綺麗・・・(あ、ヤバイ??爆)

息子さんを気遣うriさん・・・優しいなぁ~
でも一緒に行く事って素敵だな♪

Reiさんの『ロッキーズ』・・・・・・
すんまそん、爆笑しちゃった、うちの父と
同じ間違い・・・くくくくくくく(←失礼だなぁ)

投稿: ばちろう | 2009/06/16 22:58

ぱちろう様

相変わらず、おっそいお返事でごめんなさいweep

しっかり観にいってきましたよ!
こればかりは、一人で劇場にいくのもどうかな~
なんて思ってました。

仕事上、週末にしか行けないし、混んでそうだし、
ど~しよ~かな~~~ってね!
(予想以上に混んでましたが…)

そしたら、次男が一緒に行くって言うから、
母にとってはラッキーでしたよ!

はいはい、たけるくんネ♪

実は、ROOKIESのときはそれほどでもなかったのですが、
あのCMに嵌ってしまいました。

「た~け、た~け、たける~♪
 かむ~とニャンニャン、ニャンニャニャン…
 かむ~と柔らか、ロッテのFits♪」

あれですよ!

投稿: ri | 2009/06/19 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/30061171

この記事へのトラックバック一覧です: ROOKIES-卒業-:

« 5月に観た映画(2009) | トップページ | 二十と数年後 ~同窓会~ »