« スラムドック$ミリオネア | トップページ | ROOKIES-卒業- »

2009/06/10

5月に観た映画(2009)

 

今さらですが、5月の振り返りを。。。

 

記事を途中まで書いては、ちょっと気を抜いていると、

あっという間に、数日が過ぎてしまう。。。

の繰り返し。

 

 

でもって、久しぶりにこの方の写真を貼ってみよう♪

 

 

 

Misc028_2

 

 

私の大好きな、セピア色のジョニーを。

1日遅れましたが、

Johnny Depp という人がこの世に誕生した日を祝って。。。

 

 

 

5月に劇場で観た作品は。

  『グラン・トリノ』

  『スラムドック$ミリオネア』

月の初日と最終日に観てきた2作品。

 

そして、DVDで観た作品は。

 

3172ae45dc74812570007b4cc69b8c46 『ペネロピ』

 イギリスの裕福な名家ウィルハーン家に、
 待望の赤ちゃんが生まれた。
 ペネロピ(クリスティナ・リッチ)と名付けられた
 女の子は、なんと豚の鼻と耳を持っていた。

 それは、5代前の先祖の呪いのせい。
 魔女がかけた呪いを解く方法は、ただ一つ。
 「お前たちの“仲間”が娘に永遠の愛を誓う事。」

母ジェシカ(キャサリン・オハラ)は、世間の好奇の目からペネロピを隠すため、
ペネロピを死んだ事にし、屋敷の中から1歩も外へ出す事はなかった。
そして、18歳になったペネロピに永遠の愛を誓ってくれる“仲間”=良家の息子
を探すため、お見合いを繰り返すのだった。

でも、ありのままのペネロピを愛してくれる男性は現れず、
7年の歳月がたってしまった。

これは、素敵なおとぎ話。
色使いも、ペネロピも可愛くて、ユーモアもたっぷり。
クリスティナ・リッチほど、豚っ鼻が似合う女優はいない!(失礼)

そして、落ちぶれた良家の息子に間違えられてしまう青年を演じた
ジェームズ・マガフォイのへたれ具合が、なんとも微笑ましく、
周りの出演者たちも、個性的でなんとも嵌っている。

呪いを解く本当の方法、“仲間”とは。。。
ああ、そうだったの!とキュンとして、自分は。。。と戒められもした
ホントに、素敵なおすすめな作品。

 

Db63c3a4f13e5b5a5eb348b7ec8ae2e4 『ヒトラーの贋札』

 第二次世界大戦中のドイツ。
 ザクセンハウゼン強制収容所に、各地から
 ユダヤ系の技術者たちが送られてきた。

 彼らは、収容所の一角で、別格の待遇を与えられ、
 それと引き換えに、贋札作りを強要される。

 「ベルンハルト作戦」
 国家による史上最大の贋札事件に関わった、
 ユダヤ人たちの物語。

世界的贋作師サリーは、ナチスに協力する事、
贋札作りが同胞への裏切りになる事への罪悪感よりも、
リーダーとして皆の命を長らえることを選択する。
いや、もしかしたら技術者としての血がそうさせたのかもしれない。

運良く生き延びる事ができたサリーは。。。

それぞれの立場、それぞれの思いがひしひしと伝わってくる。
また、知らない世界を垣間見る事ができた。

 

Mp_220 『マッチポイント』

 元プロテニスプレイヤーのクリス
 (ジョナサン・リス=マイヤーズ)は、
 ロンドンの高級テニスクラブのコーチ。

 資産家で上流階級のトムと知り合い、
 彼の妹のクロエに気に入られ、結婚する。
 だが、クリスはトムの婚約者で女優志願の
 ノラ(スカーレット・ヨハンソン)に惹きつけられる。

 トムとの婚約を解消し姿を消したノラと
 偶然再会した事から、
 クリスは抜け出す事のできない深みに落ちる。

愛情と、愛欲と、野心と、そして“運”。
マッチポイント。
ボールは、ネットの向こうに落ちるか、こちら側に落ちるか。
ありがちなお話に見えるけれど、ラストはそうくるか!って感じだった。
“運”に翻弄された男は、この先どうやって生きていくのか…

これは、単純にジョナサン・リス=マイヤーズ見たさにレンタル。
色気があって、スタイリッシュ。
作品の雰囲気にもロンドンの佇まいにも、ぴったり嵌っているジョナサン。

テニスをしている姿も、ムチャクチャ様になっていて、
この人、いい男のうえに歌もうまくて、スポーツも◎!?

 

20086_kokuhatsunotoki 『告発のとき』

 退役軍人ハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の元に
 イラクから帰還した息子が姿を消したと連絡が入る。
 マイクも息子二人も軍人という典型的な一家で、
 無許可で軍を離れることなどないと思ったハンクは、
 息子を探すため、フォート・ラッドへ向かう。

 軍の仲間たちは、誰も息子の行方を知らないと言う。
 地元の警察には軍の管轄だと突っぱねられる。
 ハンクは、一人で息子を探していた矢先、
 息子の焼死体が発見される。

地元警察のジョアン(シャーリーズ・セロン)の助けを借りて真実を探るうち、
父親の知らない息子の顔が見えてくるのだった。

現代の若者が、戦争と言う理不尽な場所に身をおかれた時、
どう反応し、どう行動してしまうのか。
ベトナム戦争の兵たちを描いた名作は、いくつか観てきたが、
イラク戦争でも、また同じような悲劇が繰り返されたのだろうか。
これから、イラク戦争の本当の姿を描く作品も、
まだまだ、出てくるのかもしれない。

トミー・リー・ジョーンズが素晴らしいのは言うまでもないが、
シャーリーズ・セロンもまた、素晴らしい。
この女優さんの変幻自在っぷりにも、いつも驚かされる。

 

 

今月は、劇場に行きたい作品が一杯!

実は、もう2作品観てきたのですが、

相変わらずのていたらく…

がんばってレビュー書こうっと♪

 

 

|

« スラムドック$ミリオネア | トップページ | ROOKIES-卒業- »

コメント

おはようございます!

セピア色のジョニー、素敵ですよね♪
わたしも好きですheart04

ジョニー、ハッピーバースディ!
今年もたくさんの人とお祝い出来て良かった・・・
riさん、これからも一緒に応援して行きましょうね~lovely
12月には映画もあることだし・・・楽しみだねheart01

『ペネロピ』借りてまだ観てないの。
おもしろそうだわ、見てみなくっちゃwink

投稿: みすず | 2009/06/12 07:44

みすず様

相変わらず、乗り遅れて、
1日遅れの、Happy Birthdayでしたが…

でも、これから作品が目白押しで、
楽しみが尽きませんね!

えっ、12月なの!?
私、てっきり来年かと思ってました。
なんだか、すごく得した気分ですよ!
みすずさん、ありがと~~~♪

『ペネロピ』は、とっても素敵な作品でしたよ。
是非、観てくださ~い。

投稿: ri | 2009/06/14 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/29588485

この記事へのトラックバック一覧です: 5月に観た映画(2009):

« スラムドック$ミリオネア | トップページ | ROOKIES-卒業- »