« 奇跡のシンフォニー | トップページ | 4月に観た映画(2009) »

2009/04/25

ジェネラル・ルージュの凱旋

 

General 《劇場鑑賞》

 予定外に、子供たちの好みで、

 前作の『チーム・バチスタ』も

 観ていないのに、劇場へ。

 

 いやいや、なかなか。。。

 

 

 

 

つーか、今月初めに観た作品のレビューを、

今頃仕上げています。。。(汗)

 

 

チーム・バチスタ事件から1年後。

東城大学付属病院の診療内科医、田口(竹内結子)は、
バチスタ事件を解決した功績で、
病院内の倫理委員会の委員長になってしまっていた。

ある日、田口の元に告発文が届く。
それは、“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれる、
救急救命の天才医師、速水センター長(堺雅人)が、
医療メーカーと癒着しているというものだった。

田口は、院長から告発文の内容を調査するように命じられ困惑していた矢先、
医療メーカーの支店長が、病院の屋上から飛び降りて自殺する、
という事件まで起きてしまう。

そこに、なんと厚生労働省の切れ者官僚、白鳥(阿部寛)が、
骨折して病院に運び込まれてくる。

バチスタ事件同様、田口・白鳥の凸凹コンビが、
「ジェネラル・ルージュの疑惑」を探る事になるのだが…

 

なんせ、前作の『チーム・バチスタの栄光』も観ていないのに、
子供たち二人と劇場に行くことになってしまった。

こんな事なら、地上波で放送していた前作を観ておくんだった!
と後悔しても遅く。。。

だけれども、作品としては、なかなか良くできていたと思う。
確かに、納得いかないところが目に付いたり、
いらないと感じる部分もあったりしたのだが、
これは前作を観ていなくても、かなり楽しめた。

 

なぜかというと。。。

前作からの、田口・白鳥コンビは、
ぶっちゃけ言ってしまえば、いてもいなくても大差ないから…
申し訳ないけれど、阿部寛さんまでも何とも影が薄かった。

逆に言うなら、堺雅人さんが素晴らしく、
彼が主演の、医療ミステリーにきっちり仕上がっていたからだ。

堺雅人さんは、このところ、どの作品でも評価が高く、
観たいのに観ていない作品もたくさんある。
今年の日本アカデミー賞の助演男優賞は、
絶対、堺さんだ!と個人的には思っていたのだが、
惜しくも受賞は逃してしまった。
だが、この分なら次ぎは獲ってしまいそうな勢い。

彼がいなかったら、この作品も成り立っていないと思うのだ。

 

原作は、海堂尊の人気シリーズの医療ミステリー小説。

私は原作は読んでいないのだが、
原作を知っている人からは、かなり辛口の評価もあるようだ。

見終わった後、猛烈に原作が読みたくなった作品。

 

何はともあれ、堺雅人さんに、

「★3つ!」 です!!!

 

 

 

|

« 奇跡のシンフォニー | トップページ | 4月に観た映画(2009) »

コメント

お久しぶりです。

今頃ここにコメントのわたしです(^-^;

でもでもっこの作品は堺雅人が出てたんで
どうしても見たかったのに結局見れなかった(ノ_≦。)

この人が出ているだけで内容がぐーーーんと
濃くなるような気がするんですよね♪

記事を読んでて増々見たくなったのでした。

私も前作見てないけど、あまり評価高くないし
これだけでもいいかな~とか思っちゃう
DVD楽しみ

投稿: ばちろう | 2009/05/16 23:33

ぱちろう様

こちらこそ、ご無沙汰しています。

これねっ、堺雅人さんが抜群にいいですよ!
彼は、今乗りに乗ってる感じですね。

>この人が出ているだけで内容がぐーーーんと
 濃くなるような気がするんですよね♪

そうそう、その通りですよね。
竹内結子さんばかりか、阿部寛さんまでかすんで見えました。

この後で、『チーム・バチスタの栄光』を観ましたが、
観ていなくても、ほとんど問題ありませんでしたよ!

投稿: ri | 2009/05/18 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/29172849

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネラル・ルージュの凱旋:

« 奇跡のシンフォニー | トップページ | 4月に観た映画(2009) »