« チェンジリング | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

2009/04/04

2月と3月に観た映画(2009)

 

Dsc01067_2

 

「高速道路 休日ETC割引」

つまり、
休日ならどんだけ高速道路を走っても、1000円!が始まった先週末。
せっかくだから、どこか行こう♪と、富山県魚津市に行ってきた。

魚津市は、「蜃気楼が見える町」として有名な港町だ。

 

ただ、

春の海は、海面がキラキラと光り、
対岸の能登半島がきれいに見えていたけれど。。。

蜃気楼らしいものは、ピリッとも見えなかった。

3月の海は、風は冷たかったけれど、
確実に「春」の穏やかさを見せていた。

 

そんな、3月。。。

いえ、サボったので、2月と3月に観た映画は…

 

 

 

劇場で観た作品は、

   『チェ 39歳別れの手紙』

   『007 慰めの報酬』

   『チェンジリング』

 

2ヶ月で3本だけでした。

そして、DVDもさらに寂しい鑑賞となっちゃいました。

 

 

10005525473_s 『トラフィック』

 アメリカとメキシコを結ぶ
 巨大麻薬コネクション「トラフィック」。

 メキシコの警官ロドリゲス(ベニチオ・デル・トロ)。
 オハイオ州で麻薬取締最高責任者に任命された
 ウェークフィールド(マイケル・ダグラス)。
 サンディエゴで麻薬取締りのおとり捜査をしている
 ゴードン(ドン・チードル)と、大物麻薬密売人の
 妻(キャサリン・ゼダ=ジョーンズ)。

それぞれに進行する物語が、複雑に絡み合いながら、
それぞれのドラマが繰り広げられていく。

スティーヴン・ソダーバーグ作品は、
『オーシャンズ』シリーズしか観たことがなかったので、
『チェ』2部作を観て、他を観たくなってチョイスした作品。

淡々としているのだけれど、麻薬問題をしっかり掘り下げている作品。
『チェ』のデル・トロの演技は神懸っていたが、
作品としては、私はこちらのほうが好きかもしれない。

近々、『セックスと嘘とビデオテープ』も観てみたいと思う。

 

2 『許されざる者』

 1880年、ワイオミング。

 かつて、悪名を馳せていたガンマン、
 ウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)は、
 老いた今では、銃を捨て農場を営みながら
 子供たちと暮らしていたが、3年前に妻に先立たれ
 生活も苦しかった。

 町では、娼婦の顔を切り刻んだカウボーイが、
保安官リトル・ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)の裁量で軽い罪にしか問われず、
怒った娼婦たちは、カウボーイに1千ドルの賞金を懸ける。

平和に見える町だったが、保安官の強引なやり方を嫌うものも多かった。

ある日、ウィルの元に若いガンマンが訪ねてくる。
カウボーイを倒し、賞金を得ようというのだ。
一度は追い返したウィルだったが、
子供たちの将来を考え11年ぶりに銃を手にする。
かつての相棒ネッド・ローガン(モーガン・フリーマン)を誘い、
3人は町へ向かう。

どうみても人など殺せそうにない老牧場主は、
徐々に伝説のガンマンだった頃の顔に戻っていく。
かつての相棒は、元には戻れない事を確信する。
一度も人を撃ったことなどない若者は、
人を殺すという事がどういうことかを悟る。
娼婦たちは、殺人を依頼する事の意味を知る。

誰が「許されざる者」なのか。。。

クリント・イーストウッドは、自分が主人公と同じくらいの
年齢になるのを待って、この役を演じたという。
ラストの、伝説のガンマンに戻ってのガンファイトは、
渋さが増したイーストウッドだからこそのカッコよさだった。

クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン。
この名優たちの演技も相まって、奥が深い作品だったと思う。

こちらも、『チェンジリング』を観て、
アカデミー監督賞を初受賞した作品が観たくなったのだ。

 

そして、
ワイオミング、カウボーイといえば、
嫌でもあの作品と、彼を思い出す。
久しぶりに、観てみようか。。。

 

 

さて、4月は新しいスタートの月。

どんな作品との出会いがあるかな~…

 

 

|

« チェンジリング | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

コメント

ri さん
重厚感のある2作品ですね。トラフィック「自由の国」が自由である事の代償如く、腐敗した問題点が目に心に痛かったです

さて、さて、riサンにファンデーションのオススメを聞かれ
はりきって参りました(笑)

10年勤めた会社だから贔屓するわけではなく
「SOFINA」の粒子技術と製品開発儀技術は
世界でもトップクラスだと思っています。
今まで、2~3回他ブランドを試した事がありますが
ソフィーナのファンデのつけ心地&仕上がりのレベルに
達してるものは、未だお目にかかった事がありません

なので自信を持って「プリマヴィスタ 」シリーズのファンデを
オススメします!私も今使っています!

riサンの美しさを一層引き立てるお役に立てれば嬉しいデス

ホームページに詳しいラインナップがあります↓
http://www.sofina.com/jp/products/foundationfoundation.html


お邪魔しました~virgo

投稿: Nimo | 2009/04/11 09:41

NIMO様

NIMOさん、ありがとうございます!
って、コメント欄で変な事お願いしてスイマセン。

先日から、色々サンプルもらったり、
ネットで検索しまくったりしましたが、
クレドは美容師さんに薦められましたが、
私には重過ぎるし、ってかお値段的にも…
海外ブランドにも踏み切れないし…で、
迷っちゃって、迷っちゃって。

だから、やっぱりNIMOさんに聞いちゃお♪
って考えちゃったんです。

なるほど、SOFINAは試した事なかったので、
早速、サンプルいただきに行ってきます!!!

ホント、ありがとうございます♪

投稿: ri | 2009/04/13 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/28869453

この記事へのトラックバック一覧です: 2月と3月に観た映画(2009):

« チェンジリング | トップページ | 奇跡のシンフォニー »