« 家族。。。 | トップページ | ほっ。。。 »

2009/02/24

007/慰めの報酬

 

844bb7262d2d19133f936ff85c619099 《劇場鑑賞》

 

 前作『カジノ・ロワイヤル』は、

 DVDでの鑑賞だった。

 思いのほか、新生ボンドに惹かれ、

 次回作はきっと劇場で!

 と、念願かなって観てきました。

 

 

 

 

 

前作『カジノ・ロワイヤル』から1時間後。

初めて愛した女性、ヴェスパーに裏切られ死なれてしまった
ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたと思われる
Mr.ホワイトを捕らえ、M(ジュディ・デンチ)とともに尋問する。

だが、MI6内部に裏切り者がいる事が判明し、その黒幕を追ううちに、
南米ボリビアでの利権をめぐり陰謀をたくらむ、
ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)という男の存在を知る。

そして、人違いからカミーユ(オルガ・キュリレンコ)という
謎めいた美女と行動を共にする事となる。

「00」としての任務と、復讐の間で揺れ動くボンド。
カミーユもまた、幼い頃家族を虐殺され、復讐を誓っていた。

 

(書いていたら、思いっきりネタバレになってしまいました。ご注意ください!)

 

最初から、息つく暇もないほどのアクションが続く。

スタイリッシュなアストンマーチンが、見るも無残なボコボコになって、
ようやく目的地に到着し、トランクを開けると、Mr.ホワイトが縛られている。

ここでようやく、前作からの続きなんだと気付く。

そして、ボンドは、愛する人を失った悲しみを、
すべて怒りに変えてしまったかのように、
接触するものを、次々に殺してしまう。

それは、殺そうと思っているわけではなく、
任務もダブルオーとしての立場も、頭ではわかっていても、
心の歯止めがきかないかのように、結果的に殺してしまう。

そんなボンドの痛みを、ダニエル・クレイグの青い瞳が語っている。

 

確かに、「007」といえば、
スタイリッシュでスマートでセクシー。
いつも冷静で何事にも動じずユーモア溢れる英国紳士。
女もイチコロで、ジェームス・ボンドの虜になってしまう。

って感じなんでしょ。

でも、私は今までの「007」をほとんど観たことがないので…
いや、むか~しテレビで放送されていたのは観ていたのだが、
ちっとも覚えていないというのが正しい。
なので、そんなに違和感は感じなかった。

確かに「007」らしくないという評価もあるのだろうけれど、
私は、作品として良くできていたのではないかと思う。

 

監督は、『ネバーランド』『チョコレート』のマーク・フォスター。

脚本は、『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』のポール・ハギス。

悪役グリーンを演じたのは『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリック。

 

どれもこれも、何かを感じさせてくれた作品ばかりが並んでいるのだから、
ハズレはないというのも納得もの。

ただ、私が少しだけ気になったのは、
ボンドが容疑者を次々と殺してしまう…というところ。
人間ドラマを素晴らしく撮るマーク・フォスター監督だからこそ、
ボンドの怒りや悲しみを、もう少し違う方法で表現してほしかったかも…
ジェームス・ボンドは、「00」なのだから、
そんな小物まで、殺してしまわなくてもいいんじゃないかと…

いやいや、こんな事ド素人言う事じゃない!ですね。

 

最後の場面で、スタイリッシュなスーツに身を包み、
ヴェスパーを陥れた男を、クールに殺すことなく処理したボンドは、
本当の、「007」の顔になっていたのだから。

Mに「これでいいのか。」と問いかけられても、
全く動じることなく、やりすごし思い出のペンダントを捨てるボンド。

ダニエル・クレイグ、ありえないくらいカッコよかった!!!です。

 

でもって、次回作もまたまた楽しみになったラストでした♪

 

|

« 家族。。。 | トップページ | ほっ。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/28269305

この記事へのトラックバック一覧です: 007/慰めの報酬:

» 映画「007/慰めの報酬」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Quantum of Solace ダブルオーセブンを劇場鑑賞したのは生涯2度目だけど、随分様変わりしたよね、前作カジノ・ロワイヤルの続編、慰めの報酬とは裏切り者を処刑すること!? 最愛の女性ヴェスパーをうしない悲しみにくれて復讐心を秘めるジェームズ・ボンド(ダニ... [続きを読む]

受信: 2009/02/25 00:13

« 家族。。。 | トップページ | ほっ。。。 »