« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ »

2008/12/11

ぶらぶら山梨県 その1 ~なぜか?お酒を訪ねる旅~

 

1_3
                               撮影 我家の次男くん 

 

先週末、甲斐の国から見る 「富士」 は、

とてつもなく、美しかった。

ここ数年、もう親子4人での旅行は数少ないだろう…

と言いつつ、相変わらず親子4人で出かけている。

 

今回の旅は。

 

 

我家の次男くん、一応受験生。

だからと言うわけでもないのだが、
今回の旅行は、ギリギリまで、
どこにするか、日帰りにするか、全くの白紙状態だった。

それが、つい1週間ほど前、
急にダンナ様が、「ここに決めた!」と行き先もホテルも決めてきた。

それが、なぜかテーマは、「お酒を訪ねる旅」 なのだそうだ。

理由は。。。

どうやら、最近長男が大学の講義で、日本酒の○×?△?。。。
なんだか忘れたけど、そんな感じの講義を取っているらしいから。

 

土曜日の朝の北陸は、なんだか雪模様。
がんばって、6時半に出発。
車で4時間、ちょっぴり遠いが、そこは運転手が3人いるので楽勝かな。(笑)

では、「お酒を訪ねる旅」

 

サントリー白州蒸留所

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サントリーのシングルモルトウイスキー、「白州」の蒸留所だ。
 

Dsc00907_2 

 1歩工場内に足を踏み入れると、
 甘い独特の香りが、ツンと鼻をついてくる。

 仕込み、発酵、蒸留、豪快な樽焼き。

 そして、貯蔵庫に眠り、
 熟成を待つウイスキーたち。

 一通り、見学が終わる頃には、
 次男は、この匂いだけで
 半分酔っ払っていたようだ。(笑)

 

Dsc00959 貯蔵庫は、地下になっていて、
 高原の爽やかな気候もあって、
 ウイスキーたちには、絶好の環境だと言うこと。

 その後の、試飲は。

 当たり前のように、私がお預け。

 

ダンナと長男は嬉しそうに試飲し、楽しそうにお買い物していた。

長男は、どうやら「お酒」が好きらしく、
あっ、いえいえ飲むだけではなく、ですよ。

「俺は、マスターブレンダーになる!」 と息巻いていた。

ウイスキーは、同じように仕込んでも、
寝かせる年数はもちろん、樽のくせや場所、気候などにより、
味が様々な原酒が誕生する。
その原酒を、ブレンドしてウイスキーに仕上げるのがブレンダー。
サントリーにも数人しかいないとのことだ。

    ちなみに、マスターブレンダーは、創業者の鳥井信治郎氏、
    信治郎氏の次男、佐治敬三氏の歴代社長が務めており、
    現在のマスターブレンダーは、信治郎氏の孫で副社長の鳥居信吾氏。

夢は大きく! だね。(笑)

  

そして、蒸留所で買った「白州」は、
ホテルのショップで買った「サラミ」をつまみに、
この日の夜、ホテルの部屋で飲み干したのでした。 

     白州のグラス3つ。

     コーラが1つ。

白州のグラスが “4つ” になるのも、そう遠くないのかな。。。

 

  

そして次の日、山梨といえば、ワイン。

 

登美の丘ワイナリー

 

こちらも、実はサントリーのワイナリーだ。

 

Dsc00960_5Dsc00961_3

 

 

 

 

  

 

登美の丘は、甲府に近い高台に広がっている。

この丘からは、本当に富士山が綺麗に見える。
どんな富士見台より綺麗なんじゃないかと思うくらい。

ただ、ワイナリーは時季を選ぶ必要があるかも。

工場は全く動いておらず、
葡萄畑も、すっかり葉を落としてしまって、枯れ木のよう。(涙)

こちらは、私が試飲して、長男がおあずけ!

 

ここでは、お正月用に甘口の新酒を買った。

 

 

では、明日は 「食べ物とホテル編」 を。。。(笑)

 

 

|

« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ »

コメント

riさんこんばんわーsmile
とっても素敵な富士山の写真ですね
それに「お酒をたずねる旅」って
名前がついてるのがまたいいんだなgood
サントリーの蒸留所見学したんですね
なんかとってもいい匂いを写真からも感じます(笑)
車で行くと誰かがお預けになってしまうけど
3人も運転手がいるならいいですね
こういう家族旅行っていいなー
次も楽しみにしてます

投稿: ジョニD | 2008/12/11 22:21

ジョニD様

コメントありがとうございます♪

子供が運転できるのって、以外に楽チンですよ~!
夏休みなどは、ほとんどアッシーに使ってました。(笑)

天気もよくて、2日間とも富士山は綺麗に見えました。
北陸からは、京都の山崎蒸留所のほうがよほど近いんですが、
今回は、思い切って山梨まで出かけることにしました。

ここ最近は、親子4人で出かけるのも、
もうそんなにないから…
と毎回言いながら、出かけています。

でも、うちの息子は思いのほか、いつまでもついてくるので、
そういいつつ、もう何回目かの旅行ですが…(笑)

なんだか、我家の場合、
付いてこなくなるんじゃなくて、
もう一人、付いてくる人数が増えるかのかも。。。
などと、最近思うようになりましたよ!(苦笑)

投稿: ri | 2008/12/13 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/26092943

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらぶら山梨県 その1 ~なぜか?お酒を訪ねる旅~:

« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ »