« ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2008/12/24

Merry Christmas!&11月と12月に観た映画(2008)

  

今年は、ジョニー・デップから始まった。
 
 
 
Image5_2

 

こんなジョニーに、数メートルの距離で会うことができた。

でも、縮めようがない数メートルだった。
 
ジョニー・デップに夢中になり、 ジョニーの出演作だけじゃなく、
 
映画の魅力を、たくさん知ることができた1年。
 
だから、キチンと最後も締めくくっておかなきゃ!

 

なんせ、11月もサボってしまったので、
 
11月と12月、まとめていきます♪

 

 

11月に劇場で観た作品は2作品。

  『ブーリン家の姉妹』

  『宮廷画家ゴヤは見た』

 

12月は、何かと忙しく、結局劇場に足を運べずじまいでした。(涙)

 

そして、DVDで観た作品は。

 

Dear_frankie 『Dearフランキー』

 リジー(エミリー・モーティマ)と、9歳になる
 息子のフランキー(ジャック・マケルホーン)は、
 スコットランドのとある町に引っ越してきた。
 父親の暴力のせいで、聴力を失ったフランキーを
 守るため、リジーは住いを転々と変えていた。

 でも、フランキーはそのことを知らない。
 父親は船乗りで、世界中を旅していると、
 母親から教えられていたのだ。

ある日、父親が乗っている事になっている船が、
町に寄港することになった。
リジーは、1日だけ父親役を演じてくれる船員を探すのだが…

傷を抱えながらも、つつましく生きてきた母子の間に、
ある男が立てる、そよそよと心地よい風の物語。

見終わった後も、心地よい暖かい感情に包まれるような作品。

実は、『オペラ座の怪人』を途中リタイアしてしまって以来、
ジュラルド・バトラー、初鑑賞です。

 

Img20061114_p 『ブラック・ダリア』

 1947年、ロサンゼルス。
 バッキー(ジョシュ・ハーネット)と
 リー(アーロン・エッカート)は、元ボクサー同士で、
 ロス市警の特捜課で、コンビを組んで活躍していた。

 リーには、美しい同棲相手ケイ(スカーレット・ヨハンソン)
 がいたが、いつしか3人で行動を共にするようになり、
 不思議な三角関係で、バランスを保っていた。

ある日、身体を腰から切断され口を耳まで切裂かれた惨殺死体が発見される。

「ブラック・ダリア」という名で呼ばれていた
女優志願のエリザベス・ショートという女性。
この殺人事件が、三人のバランスを、運命までも狂わせていった。

実際にあった殺人事件を元に書かれた小説の映画化。
雰囲気も映像の美しさも文句なく、
スカーレット・ヨハンソンも、クラシカルな衣装が良く似合い美しい。

でも、エリザベス・ショートと瓜二つのミステリアスな大富豪の娘…
を演じているのが、ヒラリー・スワンクなのだが、ちーっとも似ていない。
そもそも、彼女、セクシーでミステリアスとは思えないんだな、私には。

リーが、異常に事件にのめりこんでいく理由とか、
ケイの過去の傷と、“BD”という傷の意味とか、
事件の起こった背景とかが、あまりにもポンポン進んでいき、
私の中では、理解できないことが多く…

少々、消化不良感の残ってしまった作品。

 

Img136 『プライドと偏見』

 18世紀末、イギリス。
 ベネット家は、5人姉妹。
 この時代、女に財産の相続は認められておらず、
 女たちの幸せは、良い相手との“結婚”そのものだ。

 ある日、ベネット家の隣に、
 大富豪のビングリーが越してくる。
 美しく慎ましい長女ジェーン(ロザムンド・パイク)は、
 ビングリーと互いに惹かれあうが、
快活な次女エリザベス(キーラ・ナイトレー)は、
ビングリーの親友で高慢なダーシーが、
嫌悪感を感じながらも、なぜか気になる存在だ。

相変わらず、この時代の英国作品は、
雰囲気も衣装も大好き、そして景色もやっぱり美しい。
ただ、それだけって感もなくはない。

キーファのパパ、ドナルド・サザーランドが、
優しくどっしりとした父親を演じていて、とっても素敵だった。

う~ん、存在感もうまさもピカイチ!

 

Dlujfjxtaq 『イン・ザ・カット』

 ニューヨークの講師のフラニー(メグ・ライアン)は、
 過去に傷ついた経験から、世間との繋がりを絶ち、
 腹違いの妹とだけの静かな生活を送っていた。
 ある日、近隣で猟奇的な殺人事件が起きた。

 フラニーは、聞き込みにきた刑事マロイと、
 関係を持ち、自分の奥底の性に目覚めていく。
 そして、2人の周りで不審な出来事が続き、
 マロイが犯人ではないかと疑うようになる。

ラブコメの女王、メグ・ライアンの新境地とか、
女性の性を鋭く描いた、なんて言葉が溢れている作品。

う~ん、私にはそれほど深い作品には思えなかった。

結末も、「な~んだ!」って感じだったし、
なにより、マロイを演じているマーク・ラファロが、
女を虜にし。。。ってのが、どうにもしっくりこなかった。 

 

Vzpvykoigu 『ルワンダの涙』

 1994年、ルワンダの首都・キガリ。
 イギリス人のジョー(ニュー・ダンシー)は、
 クリストファー神父(ジョン・ハート)の運営する
 技術学校で英語教師として働いていた。
 ツチ族の少女マリーをはじめ、
 生徒たちと触れ合いながら日々を送るジョー。

 でも事態は急変、フツ族の大統領機墜落を機に、
 フツ族がツチ族の大量虐殺を始めたのだ。
 

怯えるツチ族の人々は、国連軍が駐留している学校へ避難してくるが、
国連軍は、彼らを置き去りにして退去してしまう。
そして、クリスファー神父とジョーは、それぞれの決断をする。

『ホテル・ルワンダ』でも描かれている、ルワンダ虐殺。
あまりにも悲惨、そんな言葉では言い表されない現実を描いている。

ルワンダで撮影され、虐殺の生存者も作品に関わっているという本作は、
映画は現実を、歴史を記録し記憶に残す…

という役目もあるのだと、強く思わせる作品だった。

 

41rv5awpol 『スニーカーズ』

 サンフランシスコに「スニーカーズ」と
 呼ばれる集団があった。
 リーダーはビショップ(ロバート・レッドフォード)。
 彼らの仕事は、依頼人のビルに侵入し、
 警備状況を確認すること。

 ある日、NSAを名乗る男たちが訪れ、
 ビショップの過去をネタに脅し仕事を依頼する。
 だが、彼らはNSAではなく、
 ビショップたちも危険にさらされていく。

実は、リバー・ファニックス見たさに借りた作品。

だったのだが、良くも悪くもこの作品は、
ロバート・レッドフォードの為の作品だ。
悪くはないのだが、ネタも仕掛けもありふれている。

リバーも思ったより、出番は少なかった。
でも、最後、何でも望みを言えばいいという時、
過去の犯罪記録の抹消とか、海外旅行とか色々言う仲間たちのなかで、
一人、隣にいた女性警官の連絡先、と答えるリバーの表情が…

たまらなく、可愛かった!

 

Dogtown 『ロード・オブ・ドックタウン』

 1975年カリフォルニアのベニスビーチは
 不良の吹き溜まりで「ドッグタウン」と呼ばれていた。
 サーフショップ「ゼファー」を経営する
 スキップ(ヒース・レジャー)の元には、
 スケボーやサーフィンばかりして遊んでいる
 少年たちが大勢たむろしていた。

 腕が抜群のステイシー、トニー、ジェイの3人と、
 そして、平衡感覚が悪いけど明るいシド。
 スキップは、チーム「Z-BOYS」を作り、
競技会で話題をさらい、徐々に有名になっていく。

彼らは、たまたま水不足で空っぽになったプールに忍び込んで、
スケーティングの腕を磨いていたのだ。
だが、メディアが彼らに注目しスパースターになっていくに従って、
彼らの道は、別れていく。

ステイシーとトニーは、ボードメーカーと契約し大金を手にするが、
ジェイだけは母親といるために、今までと変わらない生活を続けるのだった。
そして、彼らが久しぶりに再会した時、シドは…

これは、ヒースを見るために手に取った作品。

でも、この作品、予想以上に良かった。
スケボーもカッコよかったし、
少年たちの熱狂も葛藤も、なんだか胸がキュンとなってしまった。

 

そして、今年は、この男で締めくくろうと思う。

 

Imgeebe04145bjnow_3

 

この作品でも、少年たちの兄貴分だが自分勝手でフラフラした男を、
とっても魅力的に演じていた、ヒース・レジャー。

最初のサーフィンをしているシーンもカッコよかったし、
最後の落ちぶれて、ロッド・スチュアートを口ずさみながら、
サーフボードを磨くシーンも、堪らなかった!

ホントに、もうこの世に存在しないなんて信じられない…

 

 

1  

 

今年は、最高の出来事と、信じられない悲しい出来事から始まった。

 

来年は、どんな素敵な出来事が待っているのかな。

では、皆様。

 

Merry Christmas!

 

 

|

« ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

メリークリスマス

ステキな時間を過ごされましたか?

ヒルズのジョニー・・・何度見てもため息出ちゃいます。
私も縮まない距離がもどかしかった一人ですが、
でも、ジョニーのオーラを感じて、
優しさも感じて、ますます、ジョニーに堕ちたそんな日でした。

そこから、はじまって、
こうして、riさんちにもお邪魔して
私のところにも来ていただいて
すごーく嬉しい一年でした。
ありがとう。

私もヒース作品をガツガツみた年でしたよ。
ダークナイト、DVDでまた見て
また、唸った・・・
本当に彼がいないのが残念でなりませんね。

まだ、見てないので、
今度、「ロードオブドックタウン」見てみます。

投稿: ももなとん | 2008/12/25 17:59

ももなとん様

ももさん、メリークリスマス!です。

ももさんも、あの場所にいらしゃったんですよね。
もうなんだか、あの一瞬が夢のようで…
でも現実だったんだ!って、何度写真を見返したことか!

ももさんを始め、またいろんな方との繋がりができて、
またまたジョニーに感謝!感謝!の一年でした。

ホントに、こちらこそありがとうございます。

そして、ヒースにもどっぷり浸かった一年でした。
「ロード・オブ・ドッグタウン}は、
ヒースがメインの作品ではないですが、
また、他の作品とは違ったヒースが見れて素敵でした。

なんてたって、ヒースがサーフィンしてるの!
それが、なかなかセクシーで良いんですよ♪

是非ご覧になってみてくださいね。

投稿: ri | 2008/12/26 01:46

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2008/12/27 09:51

本当に今年は、ジョニーでSTART☆でしたね!!
あの日の感動から、もうすぐ一年かぁ・・と思うと、信じられないですがw(゚o゚)w

今年は、私もブログを立ち上げて、こうしてriさんと行き来できたこと。
とっても嬉しく思っております(*゚ー゚*)
どうもありがとうございました♪

riさんの映画レビュー、楽しみにしてますよ(≧m≦)
来年もよろしくお願いします。

投稿: のぞみ | 2008/12/29 00:10

ありがとうございました。

riさん、今年1年お世話になりましたhappy01
riさんの所に遊びに来るようになって、とても楽しかったですheart04

今年の最初はいきなりのジョニーで大盛り上がりで・・・
興奮から始まった1年でしたねーhappy02

ヒースのことは本当に残念でなりません。
『ダークナイト』はまだ観てないんですが、お正月には・・・と狙っております。

来年もまた引き続きよろしくお願いします。

投稿: みすず | 2008/12/29 09:19

のぞみ様

ホントに、もう少しで1年ですねぇ~。
何だか、少し前のことのようでもあり、
ず~っと前のことのようでもありますね。

のぞみさんは、私のへタレブログと違って、
すごいなぁ~と、いつも感心させていただいてます。

>riさんの映画レビュー、楽しみにしてますよ

ありがとうございます。
一人でもそう言っていただけると嬉しいですよ♪

こちらこそ、相変わらずののんびり更新になると思いますが、
来年も、よろしくお願いします。

投稿: ri | 2008/12/29 13:24

みすず様

こちらこそ、ありがとうございました。
細々とやっているブログに、いつも遊びに来ていただいて、
ホントに感謝しています。

>今年の最初はいきなりのジョニーで大盛り上がりで・・・
 興奮から始まった1年でしたねー

はい、もう新年どころではありませんでしたよ!

そして、

>ヒースのことは本当に残念でなりません。

そうですね。
今年は、ジョニーとヒースに明け暮れた年になってしまいました。

来年は、どんな年になるんでしょうね。
みすずさん、来年もよろしくお願いします♪

投稿: ri | 2008/12/29 13:30

riさん、こんばんわ★
今年もあと残すところ3日となりましたね。
お風邪など引かれていないですか?
思い起こせば、年始はジョニー来日で
連日連夜PCの前でドキドキわくわくな眠れない日々を
過しておりました!
そう、riさんは、あ~んな近距離で
ジョニーをその眼に焼き付けてたんですよね?羨ましかった♪
来年、もし、パブリックPRで来日が叶うなら
是非会いに行きたいです(勢)
その際は、どうぞ宜しくお願いします。

11月&12月にriさんが鑑賞した映画の数々。
私、以前からriさんの映画のレビューを読ませて
もらっているファンのひとりなんですけどね・・・
いつも思っていたんだけど、作品選びがとても
共感できて、『好みが似てるな~』って、勝手に
喜んでたりするの(* ̄ー ̄*)

riさんのおかげで、映画をもっともっと観たくなるし
とても良い影響を頂いてます。これからも
お互い、ジョニーと質の良い映画を楽しみましょうね!

それでは、良い年末を~(◎´∀`)ノ

投稿: NIMO | 2008/12/29 21:16

riさんこちらでは始めましてのばちろうです。

今までずっと読み逃げの私でございました(汗)
ごめんなさいね…そして私のしがないブログにきてくださって本当に恐縮です(--;)
実はriさんのジョニー記事を楽しみに読み始めてもう1年以上たつんですよねぇ(汗)
本当に超失礼しておりました。

今年はジョニーに始まりヒースで終わった年でした(笑)
去年の今頃はただ色んなジョニーブロガーさん
のところをうろうろと拝見してるだけの私でしたが、まさかまさかの!の展開の年で、
まさに今年の漢字の「変」そして
オバマ次期大統領の言う「チェンジ」の年でした。

「ロードオブ・ドック・タウン」これは観ていてなかなか面白かったですよね。イケメンたちを
堪能でき、スケボーのスピードを感じることが
出来て非常によかった!!
特殊な撮影方法だったようですが、それが
とても効果的に生かされてました。
そしてなにより、ヒースですよね。あの
イカレオヤジっぷりがとてもよかった。
サーフィン、スケボーのシーンなんてもう
お宝ですよ!なんか生き生きしてるように
見えませんでした?

あの後に「ブロークバック」を演じただなんて
信じられないですけど(笑)

はっ長々と申し訳ないです(汗)
これからもお付き合いよろしくお願いします。

投稿: ばちろう | 2008/12/29 21:26

riさん、こんばんは。
あれからもう1年経つんですね。。
去年の今頃の気持ちを思い出すと胸が苦しくなります(笑)

夢だったような、やっぱり夢だったような…(爆)
でもriさんとお話できたことは夢じゃないよね♪
またぜひお目にかかれたら嬉しいです。

今年もお世話になりました。
引き続き来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さいね。

投稿: Rei | 2008/12/30 01:20

NIMO様

今年も、あと1日になっちゃいました。
お返事、遅くなってごめんなさい。

>来年、もし、パブリックPRで来日が叶うなら
 是非会いに行きたいです(勢)
 その際は、どうぞ宜しくお願いします。

ホントですね。
また、私行っちゃうんだろうなぁ~。
会えるかどうかも、わからないのに。(笑)

でもね、ジョニーには会えるかどうかわからなくても、
こうしてネットを通じてお友達になれた方に
お会いできるのも、大きな事なんですよね。

私の中では、勝手にNIMOさんのイメージを
作り上げちゃってるんですよね。

バリバリ仕事してる、ビシッとしたキャリアウーマンで、
センスも抜群の、スレンダー美人さん♪

NIMOさんにも、お会いしたいなぁ~って思ってます。
PBの時には、叶うかしら。。。

そして、私もNIMOさんと映画の好みが似てるな~
って、いつも思ってました。
NIMOさんが、褒めてくれるから図に乗ってしまいそうです。(爆)
でも、ホントに嬉しいんですよ。

いつも感謝しています。
ではでは、来年もどうぞよろしくお願いします!

投稿: ri | 2008/12/31 07:43

ぱちろう様

わぁ~、ぱちろうさん!
ご訪問、ありがとうございます。

えぇ~、ホントに前から読んでくださってたの?
うれしいなぁ♪

私も、ジョジョでぱちろうさんがブログを立ち上げられたのを、
ずっと前から知っていてお邪魔してたのに、
なかなかコメント残せなかったんですよ!

これを機会に、またよろしくお願いします♪

たくさんたくさん、色んな「いい男」を語りましょうね!
ジョニーに限らず語れるのって、とっても楽しいんです。

もちろん、ジョニーは特別なんですが、
私は浮気性なので(笑)、いっぱいいい男が気になるんです!

では、来年はもっとたくさんお話できるといいな~。
ありがとうございました。

投稿: ri | 2008/12/31 07:48

Rei様

ホントに、もうすぐ1年経つんですね。

>夢だったような、やっぱり夢だったような…(爆)

ホントホント!
でも、しっかりReiさんの声も、可愛いお国言葉も覚えてるよ~!
(睦月さんもだけど、東北弁って可愛いわ~!)

Reiさん、今年は何かと大変な1年でしたね。
ブログに書いてらっしゃる何倍も、大変なことがあったのでしょう。

年末年始は、ただでさえ主婦には慌しいもの。
体調に気をつけてお過ごしくださいね。

また、来年も、
今年以上によろしくお願いします!
また、お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: ri | 2008/12/31 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/25150809

この記事へのトラックバック一覧です: Merry Christmas!&11月と12月に観た映画(2008):

» ボクサー,大型犬,Boxer [犬ミニ図鑑]
ボクサーBoxer ボクサーは大型犬です以下が ボクサーの特徴ですボクサーがあなたと良い愛称でありますように 犬種 ボクサー 英語名 Boxer 犬種グループ 第2group 原産国 ドイツ 体高 53−64センチ 体重 25−32キロ ルーツ 元は闘牛用として獰猛だったが のちに温厚な性格へと改良される 性格 賢く従�... [続きを読む]

受信: 2008/12/25 10:46

« ぶらぶら山梨県 その2 ~リゾナーレ~ | トップページ | あけましておめでとうございます。 »