« キミたちの熱い夏 | トップページ | 7月に観た映画 »

2008/08/03

ダークナイト

 

Dark_knight_1_2c_b 《劇場鑑賞》

 

 昨日は、前作『バットマン ビギンズ』

 を見直した。

 そして、先行上映の本日。

 何をおいても。。。と観に出かけた。

 

 

 

 

 

 

悪のはびこるゴッサム・シティ。

ジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)や
地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカート)の力を借り、
バットマン(クリスチャン・ベイル)は、街の正義を守っていた。

だが、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る禍々しいまでの悪が現れ、
ゴッサム・シティは恐怖のどん底に落とされていく。

そして、バットマンに追い詰められたマフィアたちは、
ジョーカーに、バットマンを葬り去ることを依頼するのだったが。

 

 

2時間30分を超える長尺ながら、全く長さを感じさせない。
次から次へ息もつかせないストーリー展開と、迫力ある映像。

何度、ドッキリさせられアッと驚かされたかしれない。

 

でも、それだけではない。

人間の、
強さ、弱さ、優しさ、愚かさ、傲慢さ、何が正義で、何が悪なのか。
そんなところを、しっかり感じさせられ心に迫ってくる作品だ。

デント検事=ツーフェイスの使うコインは、人間の裏表の象徴であり、
決して「光のヒーロー」にはなれないバットマンの、
苦悩と選択は、見るものの心を打つ。

バットマンが存在するから、ジョーカーも存在する。

   バットマンはジョーカーを殺せない。
   ジョーカーは、バットマンを殺さない。

正反対のように見えても、結果は同じ。
でも、やっぱり全く違うことなのだと…

 

   「最強」=バットマン

   「最凶」=ジョーカー

   「最狂」=ツーフェイス

  

バットマンの最後の選択は、胸が痛くなった。

 

********************************************************

 

前作『バットマン ビギンズ』から、
主要キャストはほとんど引き継いでいる。

ブルース・ウェインの時は、オシャレで気品があって、
バットマンの時は、最新機器を使いこなす「最強」ダークヒーロー。
どちらも、ピッタリはまっている、クリスチャン・ベイル。

正義の象徴「光の騎士」から、「最狂」ツーフェイスへと
変貌する悲しい男を見事に演じきっている、アーロン・エッカート。

最近は悪役のイメージを払拭し、この作品でも正義の警官。
私の大好きな俳優の一人、ゲイリー・オールドマン。
(久しぶりに、この人のぶち切れた悪役も見たいな~)

どの作品でも、どっしりとした存在感で、
この人が出てくるだけで安心してしまう、モーガン・フリーマン。

唯一、血なまぐさい事とは無関係に、
物語に、ユーモアと安らぎを与える役回りの、マイケル・ケイン。

どの俳優も素晴らしく、
こうして並べてみると、なんて贅沢な配役なんだろうと思う。

 

そして、

ヒース・レジャー。

 

彼の不慮の死で、
ジョーカー役を演じたことが散々とりあげられたが、
これは、そんな話題性だけの次元ではない。

どこまでも非情で無秩序で、良心の欠片もない「最凶」の悪。

それなのに、涙が出るくらい悲しみを湛えている。

   見事としか、いいようがない…

 

一緒に見た次男が、帰り道に、

   「ジョーカー、怖すぎるよな!」と言うので、
   「この間一緒に見た、ロック・ユーの人だよ。」と私が言うと、
   「違う違う!だって、声とかもムチャ怖かったもん。違う人や!」

ですって。

 

2008073100000005varientview000 こんな穏やかな笑顔の
 ヒースを見つけた。

 そうだよね。
 『ロック・ユー』や『カサノバ』と
 同じ人が演じてるなんて、
 とうてい信じられないよね。

 でも、エンドクレジットを見たら、
 ああ~やっぱりそうなんだよねと、思った…

  

 

もう、スクリーンでヒースを見れるのは、あと1作あるんだろうか。
だから、もう一度劇場に足を運びたいと思う。

今度は、一人で見に行きたいと思う。

 

 

何もかも、言葉足らずのような気がする。

作品も、俳優たちも、そしてヒースも。

全てが素晴らしい作品だった。

 

 

|

« キミたちの熱い夏 | トップページ | 7月に観た映画 »

コメント

こんばんは。
一生懸命、感想を書いたつもりだったのに、
読み返してみると、
「あれも足りない、これも書いてない」、何と不充分な感想なんだろうと反省してましたが、
riさんも同じことを思ってらっしゃったんですね。
何だかね、ジョーカーの禍々しさや凶暴さはもちろんだけど、
それを上回る悲しさに、どし~んとやられてしまってたんだと
今日になってやっと気付きました。

登場する後姿は、せっかく顔を隠してもすぐにヒースだとわかるけれど、
あの声は、どんなに頑張って地声を聞き出そうとしても
ちっとも、あの低い声が感じられない高い声で、
本当にヒースなんだろうか、と疑うほどでした。
お坊ちゃんの仰るのもわかりますわ。
わたしは、夫と「夫婦50割引」(泣笑)で観ましたが、
今度は是非、1人で観たいと思っています。

投稿: 悠雅 | 2008/08/04 00:42

riさん、こんばんは。
まだ観てないけどお邪魔します。

素敵な写真ですね。
素顔とジョーカーとのギャップを心して観てきたいと思います。
あんな優しそうなヒースからどんな悪が見えるのか。。
あれこれ想像してみるけれど、百聞は一見にしかず、ですね。

こんなに楽しみな映画は本当に久しぶりです。


投稿: Rei | 2008/08/04 00:54

こんにちはーhappy01

見に行かれたんですねーhappy02
私もこれ近々見に行きたいと思ってます。
ジョーカーのヒースを是非とも観てみたい!

写真、穏やかな笑顔ですねーweep
この人があのジョーカーだなんて、息子さんでなくても信じられないかもしれませんね。

投稿: みすず | 2008/08/04 10:40

先行上映で、観にいかれたんですね~!!
もう、予告CMだけで、ゾクゾクッとしてます(>_<)

ヒースの声、そんなに違うんだぁ。
実は私、昨夜もまた「カサノヴァ」を観まして・・。
そのギャップが、とても楽しみです。

恥ずかしながら「バッドマンシリーズ」を観たことがなく。。
前作の「バットマン ビギンズ」を観れば大丈夫だと聞いたのですが、
他のも観ておいた方が良いと思われますか!?
なんだか、変な質問でごめんなさい(ーー゛)

投稿: のぞみ | 2008/08/04 11:48

こんにちわ。

ダークナイトであまりにも興奮したので、
おかげで昨日、またビギンズを観てしまいました(笑)。

この作品って、どう考えてもすごいんですよね。
文句のつけどころが全くない・・・パーフェクトです。

これまでのアメコミ映画は、娯楽性の追及を重要視
していましたけれど。
この作品は、『バットマン』としての娯楽性もちゃんと
活かしつつ、根底には人間そのものの本質を
描いていて・・・その2つの要素をきっちり両立させているのが
凄いんですよね。

続編の適役リドラーにジョニーの名前が挙がっているそうです。

これほどに強烈なジョーカーの印象を、続編で覆すには
もうジョニーしかいないってことなんでしょうかね。

なんか・・・
ポストジョニーがヒースじゃなくて、
ポストヒースがジョニーみたいになってるように感じます、最近・・・。

投稿: 睦月 | 2008/08/04 11:56

この映画は、本当に久しぶりに見るのが待ち遠しい・・・
そんな感じです。

ブログで知り合った方で、すでに見られた方の感想が、
ますます、私を映画館に連れて行きます。

ヒース・・・
本当にもっと見たかったです。
そして、私はジョニーとの競演が見たかった。

でも、あまりにもすごいヒースジョーカー・・・
やっぱ、次作のリドラーはプレッシャーですね。
それをはねのけるのはジョニーしかいないと・・・
そうオファーされるのも、わかる気がする。

ますます、楽しみが増えました。
絶対に映画館で見ようと思います。

投稿: ももなとん | 2008/08/04 14:53

悠雅様

なんだか、とってもありきたりな言葉しか出てこなくて、
作品の良さも、ヒースの凄さも、
全然伝えられていない気がします。
自分の文章力のなさに、うんざりするほどです。(泣)

私、ヒースのあの落ち着いた声が大好きなんです。
今回は、その声が聞けなかったのは、少し寂しかったですが、
それ以上に、ヒースの懇親の演技が見れてよかった…

睦月さんがおっしゃるように、
作品そのものを、きちんと見ないと!と思いました。

実は、夫と次男と3人で見たんです。
我が家も、もう少しで「夫婦50割引」に到達です!

投稿: ri | 2008/08/05 17:40

Rei様

是非、大スクリーンでご覧になってください。

『カサノバ』とも、『ブロークバック』とも、
姿も声も、全く違うヒースが見られます。

ジョニーも、作品によって姿も声も違うキャラを演じてくれますが、
ヒースも、ジョニーに負けず凄い俳優だと思います。
ジョニーも顔負けの、凄さですよ、これは!

この人の演技を、もう見られないのは、
本当に、悔しいですね!
楽しみが、一つ減ってしまった感じですね…

投稿: ri | 2008/08/05 17:57

こんばんは、riさん♪

本当に、何といっていいのか…。
ものスゴイ作品でした。

ヒースの迫力の演技に
心臓を鷲づかみにされた思いです。

>『ロック・ユー』や『カサノバ』と
 同じ人が演じてるなんて、
 とうてい信じられないよね。

ホント!!
どんなに目を凝らしても
ヒースが演じているなんて
とうてい信じられませんでした。

本当に、惜しい人を亡くしましたよね。。。
残念でなりません。

トラバさせて下さいね。

投稿: Pamy | 2008/08/06 00:08

みすず様

これは、大スクリーンで見る価値がある作品でした。

そうなんです。
この穏やかな笑顔の人が、
あの、禍々しいジョーカーを演じているなんて、
ホントに、信じられないくらいです。

でもね、
ヒースだけじゃなく、すべてが素晴らしい作品でした。

是非、ご覧になってくださいね!

投稿: ri | 2008/08/06 02:01

のぞみ様

どうしても、初日に観たくて行ってきました。

私もね、『カサノバ』が大好きです。
そして、ヒースのちょっと低くて落ち着いた声が
大好きなんです。

でも、今回は私の大好きな声は聞くことができませんでした。
だって、全然違う声なんですもの。

実は、私も『ビギンズ』しか見たことがありません。
ティム版『バットマン』も見ようとレンタルしましたが、
結局見てないままです。

でも全く問題なかったですよ。
うちのダンナなんて、『ビギンズ』も見ずに行きましたが、
楽しんでしたようです。(笑)

投稿: ri | 2008/08/06 02:21

睦月様

今年は、なんせ年の初めに『スウィーニー』があって、
これ以上の作品は、出てくるんだろうか~
なんて思っていましたが、
強力なライバルが出てきましたね!

>ポストヒースがジョニーみたいになってるように感じます、最近・・・。

確かに確かに!
ヒースが、これだけの渾身の演技を見せてくれると、
それに見合う実力と人気を兼ね備えた人は、
そうそう見当たらないと言うことだと思います。

アル・パチーノが、自分やデ・ニーロやジャック・ニコルソンを
継承してくれるのはジョニー・デップだ、と言っていたように、
やっぱり、ヒース・レジャーは、
ジョニーの後に続いてくれるような俳優だったのでしょうね。

でもね、睦月さんの仰るとおり、
変な感傷は捨てて、もう一度劇場に行きたいと思います。

もう一度作品をじっくり楽しみ、
変態度もピカイチのヒースのナースも楽しみに♪

投稿: ri | 2008/08/06 02:34

ももなとん様

是非劇場で楽しんできてくださいね!

そうなんです。
結構、ジョニーファンの方も、皆さん楽しみにしてらっしゃるようですね。
あらためて、ジョニーファンの方で、
ヒースが好きっていう方が多いことに気付きました。

>そして、私はジョニーとの競演が見たかった。

本当ですね。
『ブラザースグリム』の時も、ジョニーが…なんて話もありましたものね。
結局、実現しないまま…
残念でなりませんね。

ヒースのこれほどの演技を見せられると、
次ぎの適役は、よほどの俳優でないと見劣りしてしまいますものね。

その渾身のヒース。
是非、劇場で見届けてください。

投稿: ri | 2008/08/06 02:40

Pamy様

Pamyさんも、ご覧になったのですね。

ホントに、凄い作品でした。
もう、自分の文章力のなさにうんざりするほど。
ありきたりな言葉しか思いつきません。(笑)

ヒースは、よくポストジョニー・デップ、
なんて言われていましたが、
外見や声、そんな表に出るところはお構いなしに、
内面から役に入り込んでしまうような姿勢。
やっぱり、そういうところがジョニーと通じるのでしょう。

もう、ヒースの新作をスクリーンで見ることができない。
まだ、信じられないような気がしますが、
もう一度、劇場に行きたいな~と思っています。

投稿: ri | 2008/08/06 02:50

待ち望んでいた映画を観て
さあ、感想を!と思ったとき
いつも自分の気持ちを文字に出来ない、言葉に出来ない
もどかしさに身もだえします(笑)
それは、観た映画が素晴しければ素晴しいほどそうです。
この映画は、まさにそんな「身もだえする映画」でしたね。

ヒースがもういないことは、とても寂しいことですが
やっぱ、またジョーカーを観に、足を運んでしまいそうです。
そうしてジョーカーのコワさに思う存分震えてから
また「カサノバ」や「ロック・ユー」の軽快なヒースを観たいと思ってます。

投稿: チョコ | 2008/08/12 17:18

チョコ様

待ちに待ってた作品ほど、
ガツーンと衝撃を受けた作品ほど、
文字にするのは、難しいものですね。

>この映画は、まさにそんな「身もだえする映画」

ホントに。。。
自分の感じたものを文字にして、
まして、それを他の人にわかってもらおうなんて、
凡人の私などには、そもそも無謀なのかもしれません。

スクリーンを見ていると、
この人が、もうこの世にいない事が、信じられません。

二度目も早いうちにと思っていながら、
「主婦&嫁」の週間に突入してしまいました。

次は、いつ観にいけるかな~。

投稿: ri | 2008/08/13 16:58

riさん、お久しぶりです!
コメント&TBありがとうございました。
私も遅ればせながらTBさせていただきました。

みなさんのコメントを読んでいると、
この映画をもう一度きちんと観ないとヒースに申し訳ないなと思います。

でも今はジョーカーではないヒースを胸にしまっておきたい。
そんな気持ちです。

投稿: nococo | 2008/08/20 10:23

nococo様

私は、nococoさんの記事でヒース・レジャーという俳優を知り、
ジョニー・デップとは、また違ったところで、
目が離せない俳優の一人になりました。

映画をたくさん見るようになって日が浅く、
ヒースを劇場で見たことがなかったので、
新作が楽しみでしょうかなかった。
そんな時に届いた悲報でした。

なんなんでしょうね…
なんででしょうね…

2回目、見てきました。
作品をキチンと楽しもうと思っても、
やっぱりヒースに目がいってしまいます。

投稿: ri | 2008/08/23 14:37

ずいぶんと遅れた書き込みでごめんなさい。
先週、やっと見たんですが、
いろんなことが頭の中をぐるぐる回っていて
うまく言葉にならなかったので。

でも、その間も、心はずっとダークナイトにいったっきり。
いろんな方の感想をよんでいたら、
だんだん神経が冴えてきて寝られなくなってきて・・・
お~い、自分がヒースになってどうするんだぁって感じ。

ヒースが出ているから、見にいったのですが、
銀行強盗終わるころには、心に自動的にシールドがかかり、
ジョーカー拒否状態になってました。
ヒースにはのめり込みたいのに、ジョーカーだめ。
いやあ、すごく変な葛藤でした。
みなさん絶賛のとおり、
それだけ、ヒースの演技が素晴らしかったんですね。

もちろん、それだけでなく、
すべての出演者・ストーリー・演出などなど
すべてに圧倒されました。

でもね、見たものが人の潜在意識に残っていくことを考えると、
これが大ヒットしているアメリカは大丈夫なんだろうかと不安になります。
老婆心だね~

DVDになったら、もう少し落ち着いて見れると思うので
楽しみに待つことにします。

投稿: ごんち | 2008/08/27 11:14

ごんち様

こちらにも、ありがとうございます。

時々、どういう言葉にしていいのか。
どんな言葉にしても、伝えきれない。
そんな作品に出会うことがあります。

「ダークナイト」も、そんな作品の一つなんじゃないかと思います。

確かに、ジョーカーのやっていることは、
嫌悪感を抱くことばかりで、そこまでやるの!と、
辛くなってしまうことも、たくさんありました。

そんなジョーカーなのに、たまになんともいえない悲しみが見えたりして、
不思議な感覚に陥りました。

>アメリカは大丈夫なんだろうかと不安になります。

ホントに、今までのアメリカで大ヒットするような作品とは、
ちょっと違いますものね。

ほんと、大丈夫かなぁ~!

投稿: ri | 2008/08/31 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/22739498

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト:

» ダークナイト [悠雅的生活]
光と闇。正義と悪。最凶の男が仕掛ける、究極の二者択一。 [続きを読む]

受信: 2008/08/04 00:31

» ダークナイト [Johnnyダイアリー]
ダークナイト監督:クリストファー・ノーラン【バットマン/ブルース・ウェイン】クリスチャン・ベイル【ジョーカー】ヒース・レジャー【ハーレイ・デント】アーロン・エッカートあらすじ悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマン... [続きを読む]

受信: 2008/08/06 00:12

» ダークナイト [Akira's VOICE]
なんですか,このテンションの高さは!!!   [続きを読む]

受信: 2008/08/08 18:21

» ダークナイト [Minor Swing @Room]
ヒース・フォーエヴァー [続きを読む]

受信: 2008/08/12 15:55

» ダークナイト [ビター☆チョコ]
ゴッサム・シティは、バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)がゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)の助けを得て犯罪集団をおさえこみ、平和を取り戻したかのように見えた。しかし、バットマンの登場は「悪」の進化を促進し、ジョーカー(ヒース・レジャー)という極悪の犯罪者を生むことになる。バットマンの正体を知るのは、限られた一部の人のみ。「法の外」でマスクをかぶって闘うことにバットマンことブルースは限界を感じてもいた。そんな時、ゴッサム・シティに救世主が現れた。新しく選出された地方検事... [続きを読む]

受信: 2008/08/12 17:18

» ★「ダークナイト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。... [続きを読む]

受信: 2008/08/13 02:04

» ダーク・ナイト 2008-45 [観たよ〜ん〜]
「ダーク・ナイト」を観てきました〜♪ 犯罪が蔓延るゴッサムシティ、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲーリー・オールドマン)と地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカート)との協力により、犯罪組織の壊滅に明るい兆しが見えてきていた。そんな時最強最悪のジョーカー(ヒース・レジャー)となるの犯罪者が現れ、街は再び暗黒の世界に戻っていく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、鬼気迫る演技が観られるかも!? Blog人気ランキングに参加してます... [続きを読む]

受信: 2008/08/14 07:15

» 「ダークナイト」 〜ヒース・レジャーを悼んで [ジョニーWeb]
ジョニー・デップに次いで注目していたハリウッドスター、ヒース・レジャー。 彼の急逝の知らせが飛び込んできたのは、ちょうど「スウィーニー・トッド」の日本公開の直後だった。 「ロック・ユー」で見つけたこの若手俳優は、間違いなく未来のハリウッドを背負う宝物のような俳優だった。 「ロック・ユー」の底抜けに明るい騎士役の彼が大好きだったが、 一番印象に残っているのは、「チョコレート」で見せた割れたガラスのように繊細で攻撃的な感性で、彼の底知れぬ才能を感じ身震いした。 「ブロークバックマウンテ... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 10:08

» ダークナイトシバトラスレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
ダークナイトは劇場で12日の10時45分から鑑賞して 結論はの掌に乗せられて時間を過ごした様だね 内容は汚職達がのために殺しを 依頼してが恋人など殺して行く展開だった 汚職が多過ぎるけどゴッサムが凄く酷い状態だし の&衛星でビル内部&盗聴の所は凄いよ... [続きを読む]

受信: 2008/08/21 20:39

« キミたちの熱い夏 | トップページ | 7月に観た映画 »