« 5月に観た映画 | トップページ | スルース »

2008/06/14

イメージバトン

 

「カリスマ映画論」の睦月さんから、バトンをいただきました。

わぉ~、バトンだ!と喜んでお受け取りしておきながら、

なのに、なのに。。。
こんなに遅くなって、ホンっとにごめんなさい!

  

『イメージバトン』

10個のキーワードからイメージできる人や物を、
映画限定でチョイスするというバトン。

 

私にとっての映画はというと。。。

それは、ジョニー・デップ そのもの。

 

Rssh3brds

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョニーを知って、映画を楽しむことも知った。

  

でも今回は、あえてジョニー・デップにこだわらず、
記憶に残っている作品の中から、直感と独断で選んでみました♪

 

 

   

teenの頃は、田舎では映画館が極端に少なかった。

田舎にもシネコンができて、映画館も増え始めた頃は、
子育て真っ最中で、映画といえばテレビのロードショーだった。

だから、ジョニー・デップも、名前を聞いたことがあるってくらい。
ほとんど知らなかったといっていい状態。

そんな状態から、一転。

この2年は、ジョニー・デップ漬け!
映画も、以前とは比べものにならないくらい観るようになった。

子育て中の20年近くは、完全に映画お休み期間。
なので、かなり以前に観た作品と最近観た作品、って感じになりそう。

そんなに多くはない鑑賞作品の中からになっちゃいますが。。。

 

では、いってみます!

 

 

1、恋人

むっちゃくちゃ悩んだ!
ジョニーの演じたキャラを選ぼうか。。。(なんせ、誕生日だから♪)
いやいや、ジョニーは“恋人”にしたいというのとは、チョット違うんだなぁ。

じゃ、誰だ。。。

 

27abd0a6 カサノバ(ヒース・レジャー)

   ~『カサノバ』~

 やっぱ、永遠の恋人ったら
 『カサノバ』でしょ。

 放蕩者、女ったらしのはずのカサノバ。
 でも、ヒース・レジャーが演じると、
 どこか素朴で、チャーミングで、
 女の方がほうっておかない、
 とっても魅力的な男になる。
 

女ったらしなんじゃなくて、誰に対しても一生懸命なんだよね。
なんて、弁護もしたくなっちゃう。
この人を選ぶなんて、私、もしかしたら騙されやすい性格だんだろうか。(笑)

私は、このヒースがたまらなく好きだ。
人懐こいはにかんだ様な笑顔と、長身でスッとした姿。

ヒース・レジャーを忘れない。

 

2、お父さん

映画の中でのお父さんといったら、
私にとっては、この人しかないって言うくらい。

 

Image2 テッド・クレイマー(ダスティン・ホフマン)

    ~『クレイマー、クレイマー』~

 確か、高校生の頃だったと思う。
 1979年の作品だから、
 間違いなく、高校生だ。

 その頃、これほど涙が
 止まらなかった作品はなかった。

teenなのに、劇場で顔中くちゃくちゃにして、泣きまくってしまった。

不器用ながらも、一生懸命お父さんしているダスティン・ホフマン。
ダスティン・ホフマンだからこその存在感だった。

お父さんが作る、フレンチトースト。
これに憧れて、自分でも作ってみたけど、イマイチだったなぁ~。

 

3、お兄さん

お兄さんも、この人!って決まっていた。

 

Sam026_2 ベニー(エイダン・クイン)

    ~『妹の恋人』~

 サム君じゃありません。
 サム君をじっと見詰めるお兄さん
 ベニー。
 

ジューンを大切に思うあまり、サム君にも辛く当たってしまうベニー。
でも、ジューンの幸せを思い、全てを許すベニー。
もちろん、ジョニーのサム君は最高にキュートなのだけれど、
エイダン・クインのお兄さんがいたからこそ、
『妹の恋人』は、大切な宝物のような作品に仕上がっていると思うのだ。

 

4、弟

いきなりですが、

 

E0033570_1610969_2 『さらば宇宙戦艦ヤマト
           愛の戦士たち』

 なんでいきなりヤマトかというと…

 私には、弟がいる。

 5歳年下の、まだ小学生だった弟が
 観たいと言うので、連れて行った。
 そんな記憶がある映画がこれ。 

 連れて行ったのはいいけど、
 むちゃくちゃに混んでいた。
 当時の映画館は、入れ替え制ではなかった。

立ち見OKだったのだが、考えられない混みようで、
通路にまで、ぎっしり人が詰まっていた。
自分が観たかった訳でなく来てしまったことを後悔しつつ観た…
予想外に、思いっきり泣いた。。。
弟と劇場で観た記憶があるのはこれだけ、そんな映画。

なんかチョイスの方向性が、ちょっと違うかな???(苦笑)

 

5、ペット

もうホントにペット!誰が何と言おうとペット!

 

Image1Image_3    ステファン
 (ガエル・ガルシア
        ・ベルナル)

  ~『恋愛睡眠のすすめ』 ~

 可愛い!

 なんてたって可愛い!
 無条件に可愛い♪

 
これって、ペットの絶対条件でしょ。

夢見るステファンは、耳をつけたりきぐるみ着たり、
大好きなステファニーとぬいぐるみの馬に乗ったり、
ダンボールでテレビスタジオを作ってみたり。

ペットにするなら、ガエル君以外考えられません!

あっ、でもペットのガエル君は、この作品限定です。
他の作品のガエル君は、危険すぎる!妖しすぎる!

 

6、師匠

師匠は、ちょっと悩んだ。
ちょっとだけ悩んだが、やっぱり。。。

  

Image_3_2     ジャック・スパロウ
    (ジョニー・デップ)

 ~『パイレーツ・オブ・カリビアン』~

 なぜジャックかって。。。
 やっぱり、ジャック・スパロウは、
 私をジョニー・デップに、
 そして映画に導いてくれた師匠。
 
 
 
Lost122_2_2 ふらふら、ヨレヨレ、
 いい加減で何考えてんだか。

 でも、世界中の女性たちを
 虜にしてしまった男。

 師匠なんて言葉が、
 全く似合わない男。

 

でも、やっぱり私にとっては、かけがえのない師匠です!

ジャック・スパロウが存在しなかったら、
ジョニーが、全身全霊を込めてジャック・スパロウを演じてくれなかったら。

私は、ジョニー・デップを知らないままだったろうし、
これほど、映画を楽しむこともしていなかったろうし、
こうして、ブログを通してたくさんの方と知り合うこともなかっただろう。

感謝しきれないくらい、感謝していますよ。師匠♪

 
 

7、非常食

非常食、というのもどうかと思うが、
私が、映画の中で「食」というものが強烈に印象に残った作品。

 

D111442118_3     『タンポポ』

 ラーメンを食べる時のうんちくは、
 なるほどと笑った。

 あの、ふわふわオムライスは
 衝撃的だった。

 卵や牡蠣を食べる役所広司さんが、
 エロくて倒れそうだった。

 喉に詰まらせた餅を、
 掃除機で吸い出されるおじいちゃん。
 死にそうな妻にチャーハンを作らせる男。

 
どのエピソードも、ホントに強烈だった。
ということで、なんとなく「非常食」に選んでみました。

(そんなシーンの画像を探したのですが、見つけられませんでした…)

 

8、デザート

最近観たせいもあるが、デザートといえば。。。 

 

10053999821_s_2  ジェレミー(ジュード・ロウ)

 ~『マイ・ブルーベリー・ナイツ』~

 甘いブルーベリーパイと、
 ガラス越しでも、いい男。

 

Img_02_4 
 この横顔は、いかんでしょ!
 ある意味、反則ですわ!

 ジョニーの横顔は最強だけど、
 ジュードもなかなかでしょ♪

 こんなイイ男を、ほったらかして、
 旅に出ちゃうなんて、
 私だったら考えられん!
 と、何度思ったことか。

 

私だったら、お口の周りに、もっとどっさりパイをくっつけ、
完璧に“寝たふり”して差し上げますわよ。

 
だから、私にも。。。  「やさしくキスをしてぇ~♪」 

 

9、桃

これは、なんの根拠もなく。。。

 

1c13effe_2 キトゥン(キリアン・マーフィ)

  ~『プルートで朝食を』~

 なんてことはない、「桃」と聞いて
 このピンクのキトゥンが、
 真っ先に思い浮かんだだけ。

だから、映画と「桃」とは全く関係ないのです。

でも、何があっても明るく強く生きるキトゥンに、
応援したり切なくなったり泣けてきたり。

明るくて、健気で、逞しくて、そして「桃」のように可愛いキトゥン。
これもまた、大切にしたい作品の一つです。

(強引に「桃」にもっていってしまった。)

 

10、萌

“萌~” の一言が全てでございます。

俳優としての才能も、生き方も、姿も、
全てにおいて、もえ~~~なのですよ。

 

9dae6789s_2  

 ルーに無条件に

 

 

 

Fh344   

 セクシーアバ様に

 

Fh111  

 

 

 

Shbig475  

 おどおどイカボットにも

 

 

 

Ad208_2

 

 アクセル君にもキュン

 

 

 

もう、もえ~もえ~ の萌!

で、現在に至っております。。。

とりあえず、「萌~」は全てジョニーで締めくくらせていただきました。

 

45歳になって、ますます輝き続ける男。

私たちを魅了し続け、虜にして離さない男。

   ジョニー・デップ

 

実は、9日にアップする予定だったこの記事。
諸事情で仕上げることが出来なかった。。。(涙)

(つーか、何日かかって記事書いてるんだ、私。 大泣)

なので、一言。

 

この世に存在してくれて、ありがとう!

 

とっても楽しかったです!

睦月さん、ありがと~~~♪

 

************************************************* 

  

興味のある方は、お持ち帰りくださいませ。

 

<コピペ用>

1.恋人
2.お母さん(またはお父さん)
3.お姉さん(またはお兄さん)
4.妹(または弟)
5.ペット
6.師匠
7.非常食
8.デザート
9.桃
10.萌

 

|

« 5月に観た映画 | トップページ | スルース »

コメント

こんばんわ。
riさん、バトン記事のアップ、ありがとうございました!
バトンは好きなときに好きなように遊ぶものなので、
そんなに気負わなくてもいいのですよ♪

とっても楽しみながら拝見させていただきました!
『桃』のキトゥンは「おおー!なるほど♪」って感じ。
お父さんのクレイマーも「そうそう!!」って思いました。

クレイマークレイマーはウチのママがとても好きな作品で
幼少時代に見せてもらった映画です。

ウチにはパパがいないし・・・
しかもアレって離婚の話でしたよね?

ママがどんな心境であの作品を見せてくれたのか
分かりませんけど(笑)、でもとても印象に残っている
映画の一つです。

そうそう。
地震の件でご心配いただきありがとうございました。

日ごろの備えの大切さ、遠く離れた家族や友人の大切さに
つくづく気づかされた出来事でした・・・。

気にかけてくださって本当に感謝しています。

ではまた機会があればよろしくお願いいたしますね♪

投稿: 睦月 | 2008/06/15 23:26

riさん、こんばんは。
映画バトン、楽しませて頂きました。

恋人にヒースのカサノバ!…いいですね~。
私も一票入れたいくらい(笑)
ジュードの横顔も素敵。。
キトゥンの桃というのもすごく面白い発想で納得です!
で、下は美味しそうなジョニーがズラズラ~っと♪
riさんの映画への愛を感じました。

地震の件では私の方にまでお気遣いを頂きましてありがとうございました。
お陰様で大事に至らずに過ごしています。
こちらから失礼して…睦月さんのご実家の方も大丈夫でしたか?
離れていると尚更心配ですよね。
お知り合いの方のご無事を祈ってます。

投稿: Rei | 2008/06/15 23:49

睦月様

地震は、大きさの割りに人的被害が少なく、不幸中の幸いでした。
睦月さんのご家族、お友だちもご無事でなによりでした。

私も、阪神淡路の時には、叔父に連絡がつかず、
福井豪雨の時には、友人達に連絡がつかず…
という経験をしましたが、
非常事態のときの携帯電話って、もう少し何とかならないものですかねぇ。

バトン、楽しませていただきました♪

考えるのも楽しくて、でも記事書くのに時間がかかってしまったの。(泣)
でも、こちらこそ、またよろしくお願いしますね!

『クレイマー・クレイマー』は、
単なる父子の頑張るお話でも、離婚した夫婦のお話でもないですよね。
女性の自立とか、母親の愛情とかもしっかり描かれた良い作品だったと思います。

私、そんなにたくさんの作品を観てきているわけじゃないので、
なんだか、せま~い範囲からの選択になっちゃった気もしますが、
師匠に楽しんでいただけたのなら、大満足です!!!(笑)

投稿: ri | 2008/06/17 06:55

Rei様

お返事遅くなって、ごめんなさい。

毎日、地震のニュースで無残の山々の姿をを見ていると、
自然のパワーの凄さに、愕然としてしまいます。
何はともあれ、Reiさんもご家族も、そしてパソコンも、
ご無事で何よりでした!

さて、
ヒースもジュードも、よいでしょ♪
Reiさんのご支持がいただけて、うれしい限りです。

もちろん、ジョニーの「萌~」は別格で、
何ものにも変えがたいのですけれど、
ヒースもジュードもガエル君も、なかなかなのです。

これからも、精一杯アンテナを張り巡らし、
「いい男」を探したいな~なんて思っています。
いい男が一杯いたほうが、人生楽しいってものです。(笑)

私にとっては、少々浮気気味のほうがバランスいいようです。
だって、ジョニーオンリーだったら、身がもたないから。。。(笑)

投稿: ri | 2008/06/18 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/20994444

この記事へのトラックバック一覧です: イメージバトン:

« 5月に観た映画 | トップページ | スルース »