« 3月に観た映画 PART2 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »

2008/04/09

かたくりの花~南越前町 今庄宿~

 

Dsc00662  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の花が満開の日曜日。

この、可憐な花に会いに行ってきた。

かたくりの花。

 

 

北国街道、今庄宿。

ここから栃の木峠を越えると、滋賀県木之本町
すぐ隣町なので、あまり気にも留めたことはないのだが、
木之本と同じように、今も宿場町の面影が残る街だ。

ここに、「かたくりの花の群生地」があると、先日聞いた。

長く住んでいても、初耳だったのだが、
なんだか、どうしても見に行きたくなって、
次男と二人、出かけていった。

国道に沿って、旧北国街道の細い通りに入ると、
とたんに、宿場町の顔が見えてくる。
「うだつ」のある家や、造り酒屋の「杉玉」などなど。

「観音堂 藤倉山登り口」 の看板と一緒に、
「かたくりの花まつり」のノボリも見える。
ただ、「まつり」といっても特に何もやっている様子はないのだが…

 

Ab6eabb79ac22c0e087a71690e24993f 
 とりあえず、
 この看板が迎えてくれたので、
 ここで間違いないことは
 確認できた。

 観音堂の横から、
 山道に入っていくと、
 早春の雑木林が、
 やさしく迎えてくれた。

 

Dsc00653_2Dsc00654_3  

 

 

 

 

 

思ったより、ずっとキツイ山道を登りながら、
「かたくりの花の群生地」を目指す。

私の勝手なイメージでは、
登っていくと、ぱぁっと花が一面に咲いている所に出る、と思っていた。

 

Dsc00665 

 でも、歩きながら何気に見ると、
 これって、もしかして…

 すれ違った方に聞いてみると、
 「そう、これだよ。
 まだ見頃には、早いね。」

 

 
Dsc00675 

 「かたくりの花」は、
 思っていたよりもずっと、
 控えめで、可憐だった。

 

  
 
 

Dsc00670   

 山肌に散らばるように、
 静かに控えめに花を咲かせていた。
 確かに、まだ早いのだろう、
 蕾の方がずっと多かった。

 

 

 

「かたくり」は、その名の通り球根から「片栗粉」が取れる。
ただ、今はほとんどジャガイモやサツマイモのでんぷんから作られるそうだが。
そして、種子が地中に入って約8年で、やっと2枚の葉を出し、
山肌や木々が緑に覆われる前の、わずかな時にそっと花を咲かせ、
5月ごろには葉も枯れてしまい、その後はまた春まで地中で過ごすそうだ。

なんとも辛抱強く、控えめで、下を向いて咲く花がまた可憐。
こういう、日本の原風景のような雑木林に似合う花のような気がする。

 

Dsc00677 せっかくなので、源平合戦の際、
 木曾義仲が築城したと伝えられる
 「燧ヶ城址」(ひうちがじょうし)まで、
 結構急な山道を登ってみる。

 (追記)こちらは登り口の新羅神社にある石碑。
      私が登ったのは、観音堂からではなく
      新羅神社からだったようだ。

 暖かい陽が気持ちよく、今庄の町が一望できた。
 Dsc00658_4
  
  

Dsc00655  

 

 そして、
 「かたくりの花」以外にも、
 こんな立派な

 「樫の木」

 
 

Dsc00657

 

 「こぶし」

 
  

 
Dsc00660 

 「ゆきつばき」

 

 

Dsc00659  

 「しょうじょうばかま」

 

 

Dsc00663  

 「すみれ」

 

 

などなど、たくさんの花や木が迎えてくれた。

本格的山歩きの装備の方とすれ違い、「こんにちは!」と挨拶を交わし、
私たちと同じような軽装にデジカメの方とは、
「まだ早いですね。県外からですか?」と雑談し、
三脚を立て真剣に写真を撮っている方の横を、そっと通り抜ける。

まだまだ地元にも、知らないところがあるんだなぁ。

以前は、山歩きが大好きな父に、よくつき合わさせたものだが、
最近は、すっかり山に来ることも減ってしまった。
でも、時々は山歩きもいいものだ。
自然のパワーは、計り知れないものがあるから。

今年、中学校3年生になった次男は、
母の誘いに、まだ嫌な顔一つせず付き合ってくれた。(笑)

 

そして、観音堂 新羅神社まで降りてくると、
少しは「まつり」らしく、地元の産物を売るおじさんとおばさんが…
「見頃は来週あたりですか?」と尋ねると、
「天気によっちゃ、ぱぁ~と開くでなぁ。いっぺんに開くと綺麗やで!」との事。

 

  「桜んてに、ほんね長いこと咲いてえんでな。」

    (桜みたいに、そんなに長い間は咲いていないからね。)
 

桜よりも、儚い花という事かな。

 

|

« 3月に観た映画 PART2 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »

コメント

おはようございまーすhappy01

私「かたくりの花」って初めてみました。
可愛い花ですねheart02

山歩きはほとんどしたことがありませんが、のんびりと散策するのもいいですねshine
普段は足下など気にせず歩いているけれど、視線を落として小さな花を愛でるのもいいかも。
ついつい、桜のようにぱぁって派手な方に目がいってしまいがちですが・・・

中学3年生もつき合ってくれるんですねhappy01
ちょっと安心しましたscissors(うちは中2)
一緒に歩いてくれるうちに、私も息子とドンドン歩いていこう。

投稿: みすず | 2008/04/11 09:02

こんばんは。

「違う花」は、かたくりだったんですね。
きれいな色のかれんな花ですね。

そちらは、たぶん関東よりも春が遅いのでしょうね。
まだ空気の中に冷たさが残っていて
その中で静かに凛と咲いてる花のかれんさが
とっても素敵に撮れてます♪

riさんのことは遠くからチラとお見かけしただけですが
とてもオシャレな方みたいだったので
「山歩き」だなんて意外な一面を見たような気がします(笑)

投稿: チョコ | 2008/04/11 22:52

みすず様

この辺りは、まあ田舎なもので、自然だけは豊富です。

だから、昔から父に連れられて、山に遊びに行ったりしていたので、
たぶん、見たことはあると思うのですが、
意識して、「かたくりの花」として見たのは初めてのような気がします。

もちろん、桜も日本人としては捨てがたいのですが、
たまには、こんな花もいいなぁ~と思いました。

長男は、案外ず~っと、今でも嫌がらずに歩いてくれるのですが、
さて、次男はどうなるのでしょうか。(笑)
お互い、今のうちですね!

投稿: ri | 2008/04/13 00:19

チョコ様

はい、こちらの花を見に行ってきました。

チョコさんのお父様のように、本格的ではないのですが、
うちの亡くなった父も、山歩きが好きで、
昔は、遊園地じゃなくて、よく山に連れて行かれました。
(ちなみに、海もよく行きましたが…)

だから、意外でもなんでもないですよ~。

オシャレだなんて、ありがとうございます!
息子たちには、「歳を考えろ!」と、たまに言われます。(苦笑)

今度は、しっかりお会いしてお話したいですね。
楽しみに、次ぎの機会を待っています♪

投稿: ri | 2008/04/13 00:25

突然ですが、お教え下さい。
去年、燧ヶ城址に登りました。
其の写真は次のHPと同様でした。
山の位置や登山口が異なるのでしょうか。


http://blogs.yahoo.co.jp/fuuko7240/18536520.html

投稿: 義仲ファン | 2008/04/14 22:37

義仲ファン様

コメントありがとうございます。
そちらのページ、拝見させていただきました。

同じところだと思います。
しかし、私は本格的な登山や山歩きは全く疎く、
山の名前なども、良くわかりません。

自分で撮ってきた何枚かの写真と記憶をたよりに、
いくつかのサイトを検索させていただき記事を書きました。
山や登山の専門ブログではなく、日記として綴っているだけと、
安易に書いてしまいましたので、間違いがあったらお許しください。

ちなみに、かたくりの群生地の上り口は、
観音堂ではなく、新羅神社のようですね。

お答えになっていなかったら、申し訳ありません。

投稿: ri | 2008/04/15 01:08

源平古戦場の写真について

南越前町産業振興課に問い合わせました。
登山ルートが幾つかあるようです。
これは新羅神社にあるようです。

私は観音堂ルートを往復したようです。

失礼しました。

投稿: 義仲ファン | 2008/04/17 15:34

義仲ファン様

こちらこそ新羅神社を観音堂と勘違いして、
紛らわしい記事を書いてしまい、失礼しました。

記事の方も訂正させていただきました。

地元に近いところに住んでいながら、
知らないことがいっぱいです。

ありがとうございました。

投稿: ri | 2008/04/19 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/20031922

この記事へのトラックバック一覧です: かたくりの花~南越前町 今庄宿~:

« 3月に観た映画 PART2 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »