« ごほうび | トップページ | 惠 »

2007/12/11

椿 三十郎

 

Pos 《劇場鑑賞》

 

 最近、邦画づいている。

 これも、ダンナに誘われて劇場へ。

 これほど続けて

 劇場で邦画を見るのは、

 今までにないことかも。(笑)

 

 

さてさて、世界のクロサワとミフネの名作、

『椿三十郎』を森田芳光監督がリメイクした作品。

どんな風に仕上がっているのか…

 

 

 

 

浪人の椿三十郎が、上役の汚職を暴き出そうと
立ち上がる9人の若侍たちに助太刀し、
お家騒動の黒幕と対決する痛快アクション時代劇。

言うまでもない黒澤明監督の名作『椿三十郎』のリメイクだ。

当時の脚本をそのまま使用したというが、
古さなど微塵も感じさせないところは、
さすが黒澤作品と、改めてその凄さに触れた気がした。

そして、1962年に作られたオリジナルは、
三船敏郎が42歳の時の作品で、
三船が脂ののりきった時期の作品。

その凄い作品、世界のクロサワとミフネの作品のリメイクなのだから、
監督はもとより、役者陣も相当プレッシャーがあったのだろうと思う。

 

私はというと、
『椿三十郎』という名前はもちろん知っていたが、
作品をキチンと見た記憶がなかったので、
あまり先入観なく、本作を楽しめたと思う。

正直、ホントに楽しめたのだ。

オリジナルの作品に思い入れのある方にとっては、
織田裕二の三十郎も、作品の雰囲気も軽すぎる。
オリジナルの緊張感や迫力が感じられないといった
厳しい意見もあるようだが、
私は、これはこれでありの作品なんだと思った。

 

でも、見終わってから、無性にオリジナルの三十郎を見たくなった。
で、帰りにレンタル店に走ることになったのだ。

 

そして、二つの作品、二人の三十郎を見た。

脚本は、そのまま使ったというのだから、
もちろん同じで当たり前で、
でも、場面のセットやカットなども驚くほど一緒だった。
逆に、ここまでやった森田監督あっぱれ!というくらい。

それでも、脇の役者さんなどは、
本作のほうが良かったんじゃないかと思われるくらい。

小林稔侍さん、風間杜夫さん、西岡徳馬さんの悪役はキュートだし、
佐々木蔵之介さんは存在感抜群だし、
中村玉緒さんと鈴木杏ちゃんのおっとりしたお惚けぶりも最高だし、
豊川悦司さんも松山ケンイチくんも、素敵だった。

ただ、オリジナルの三船敏郎は、
やっぱり凄い役者だと感じてしまったのも事実。
重厚な存在感がピカイチなのは言うまでもないのだが、
日本人の役者に、あんな色気を感じたのは初めてだった。

今の織田裕二さんと、それほど変わらない年齢なのだが、
織田さんの方が、ずっとずっと若く見えるのも事実なのだから、
ガチンコで比べるものじゃないと思うのだ。

織田裕二さんは、彼なりの三十郎を魅力的に演じていたと思う。

賛否両論あったっていいんじゃないかと思うんだ。

 

「現代によみがえった三十郎」

平成の匂いのする三十郎も、なかなか面白かったよ!

 

|

« ごほうび | トップページ | 惠 »

コメント

こんばんわ。

私ね、この作品を観に行く前に、riさんの記事を
拝見させていただいて、「観てみよう!」って
気持ちになったんですよ♪

三十郎がタチ回るシーンで、オリジナル版だと
全く汗もかかず息もきらさない超人的な三十郎を
表現しているらしいですが、本作品の織田三十郎
は、息も絶え絶えで汗を光らせて、人間臭さを
表現しているんだそうですね(めざましネタ)。

織田さんって、やっぱり俳優としてすごく魅力が
あると思うんです。ニヤっとしてみせる表情や
眼光の鋭さ、飄々とした佇まいなどは三十郎には
ぴったりだったんじゃない?なんて思ったりして。

全く関係のない話ですが・・・。
最近、織田さんと柳楽くんの顔が同じに見えて
きました・・・似てると思いません(笑)?

投稿: 睦月 | 2007/12/15 23:46

睦月様

わっ、私の記事を読んでいただいて、「観てみよう!」
って思っていただいたんですか!
睦月さんに、そんな風に言っていただくなんて光栄!

でもね、織田版三十郎も素敵だったでしょ。
彼は、なんだかトム・クルーズのように、
王道を歩いてきた感のある役者さんだけど、
織田裕二さんもトムも、これだけたくさんの人を劇場に呼べるのは、
やっぱりそれだけの魅力のある役者さんなんだと思います。

あの立ち回りのシーンは、オリジナルを観て、
あれっ、ここは違うと感じたシーンでした。
私は、あのシーンに関しては、本作のほうが好きだなぁ~と思いました。

柳楽くんですか!
あぁ~、柳楽くんの顔がキッパリと思い出せん!(苦)
今度、じっくり見てみます。(笑)

投稿: ri | 2007/12/16 02:00

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2007/12/22 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/9359375

この記事へのトラックバック一覧です: 椿 三十郎:

« ごほうび | トップページ | 惠 »