« 魍魎の匣 | トップページ | 年賀状 »

2007/12/29

12月に観た映画

 

今年は、いろんなことがあった1年。

 

   新年早々、ブログを始めてしまった。

   長男が、無事大学に合格した。
   そして、一人暮らしを始めるため家を出た。

   海賊旋風を味わうため、
   ジョニー・デップに会えるかもしれないという僅かな望みを胸に、
   初めて、一人で、自分のためだけに行動した。

    

前半のあわただしさに比べ、後半はわりと静かな1年だった…と思ったら、

   歳も押し詰まった先日、突然、夫の単身赴任が決まった。

   年明け早々には、引越しなどなど慌しい日々がまっていそう…

 

そして、

何と言ってもブログを始めたことで知り合えた方々との交流が、

何よりも、楽しく嬉しかった1年。

たくさんお話できた方も、

もしかしたら、このつたないブログを覗いてくださっている方も、

みなさん、本当にありがとうございました。。。

 

 

今月、劇場で観た作品は、またまた邦画が2作品。
これで4作品続けて、劇場で邦画を観たことになる。
最近、気になる日本映画が多いということかな。

 

  『椿 三十郎』

  『魍魎の匣』

 

 

そして、DVDはというと、
今月は、劇場に行きたかったのに行けなかった、
気になっていた作品を観ることができた。

 

D0022433_2 
 『椿 三十郎』

 劇場で三十郎を観て、
 帰りにレンタル店に走った、
 黒澤版三十郎。

 ストーリーはもちろん、
 カット割までほとんど同じ。
 改めて、びっくりした。

 

三船さんは、さすがの存在感で見せてくれたが、
織田裕二の三十郎も、悪くないんじゃないとも思った。
それと同時に、後々まで残っていく作品というものも感じた。

 

 

38dd6fad9b4a3219c7c3112c26ff7b10 
 『ブラックブック』

 第二次大戦中、
 ナチス支配下のオランダ。

 家族を奪われ、
 名前を捨て、
 愛する人も奪われた、
 ヒロインの復讐を描くサスペンス。

 
 

ナチスドイツとユダヤ人。
そう聞くだけで、過酷な歴史があったことは想像がつく。
それを題材にした作品も、いくつかは観たことがある。
ただ、レジスタンスの戦いと、決して一枚岩ではなかった
複雑な内情は、初めて知った。
美しく強く生抜くラヘルの孤独な闘いに心が痛くなる、
でも、忘れられない作品になりそう。

 

 

Littlemisssunshine_p
 『リトル・ミス・サンシャイン』

 これで「キ~ン!」って言ったら
 絶対“アラレちゃん”なオリーブ。
 そのオリーブが、憧れの
 美少女コンテストに出場するため、
 家族全員、黄色いバスに乗って
 旅するロードムービー。

 どこか、バラバラちぐはぐな
 家族を乗せた黄色いバス。

 
最後のミスコンのダンスシーンでは、
絶対やってくれるよね!って思ったら、やっぱりやってくれた!
大笑いの中にも、ホロっとさせられる作品。
“お兄ちゃん”と“おじさん”が、最高!

 

 

Img20061213_p 
  『007/カジノ・ロワイヤル』

 私にとってのジェームズ・ボンドは、
 子供の頃、テレビでたまに観た
 ロジャー・ムーアのイメージだ。
 なぜかショーン・コネリーじゃなく。

 今回は、今までのイメージを一新と
 評判が高かったので、
 観たい観たいと思いつつ今になった。

 

ダニエル・クレイグが38歳だとも知らず、
なんでこんなおっさん使って、「00」(ダブルオー)になる前のボンドなんだ?
って思ってたいたけど、いやいやダニエル・クレイグさん、
とっても魅力的なボンドを演じていた。
今までの黒髪のきっちりヘアスタイルにがっちりした印象の俳優さんたちは、
なんでこの人たちが“セクシー”なのか、イマイチわからなかったけど、
今回のボンドは、とってもセクシーだった!

 

 

20070104013157  
 『あるいは裏切りという名の犬』

 二人の男の生き様を描く、
 とっても男くさい作品。
 クールという言葉が似合う作品。

 早くもハリウッドでのリメイクが
 決定したらしいが。。。
 フランス映画だからのクールさが
 ハリウッドだとどうなるのか。

 
人望厚いレオに「ロバート・デ・ニーロ」、野心家のドニは「ジョージ・クルーニー」
といわれているが、イメージは逆。それを、あえて狙っているのかな。

 

 

Big  
 『あなたになら言える秘密のこと』

 全てを封印し孤独に生きるハンナ。
 世間とは隔絶した海上に浮かぶ
 油田掘削所で大怪我をしたジョゼフ。

 氷が解けるように心を開くハンナが
 やがて語りだした過去は、
 言葉では言い尽くせない。。。

 

 
ライスとチキンとりんご。
毎日毎日、それだけの食事しか取らなかったハンナ。
彼女にとって食事は、命をつなぐためだけのもの。
そのハンナが、掘削所の料理人が作った料理にむさぼりつくシーンは、
まだ何も秘密は明かされていない状況のなかで、象徴的なシーンだった。
ティム・ロビンスは、大きな体とノボっとした雰囲気が、
ハンナの心を融かすジョゼフ役にピッタリだった。

 

 

Cinema_paradiso  
 『ニュー・シネマ・パラダイス』

 先日、『オリヲン座~』を観て、
 この作品をどうしても
 もう一度観たくなった。

 ああ、やっぱりオリヲン座と同じ、
 懐かしいような、ツンとしたような
 匂いがある。

 

 
「自分のすることを愛せ。」
「人生は、お前が観た映画とは違う。」
アルフレードの言葉は、どれも心に語りかけてくる。
映写室の風景も、シチリアの田舎町も、音楽も。
すべてが、いとおしい作品だ。やっぱり、何度観ても。。。

 

今月は、観たかった作品ばかり観れたので、長くなってしまったワ!

さあ、サボってばっかりいないで、
今から、年賀状の仕上げと大掃除。。。主婦しなきゃ!

 

   では、皆様、

   来年も何卒よろしくお願いいたします♪

   どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

|

« 魍魎の匣 | トップページ | 年賀状 »

コメント

riさん、こんにちは♪
年末のご挨拶に参りました。

今年はriさんにとって激動の一年でしたね。
そしてご主人も単身赴任なのですか!?びっくりです!
大忙しの様子が目に浮かびます。
どうぞ体調には十分お気をつけて、無事に8日を迎えて下さいね♪

観たい映画がゾロゾロ並んでます(笑)
お正月はDVDをまとめてレンタルしようと思っていましたので、
ぜひ参考にさせて頂きますね。

riさんには今年も大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
8日にヒルズでお会いできることを祈って…。

投稿: Rei | 2007/12/29 13:26

今年も残りわずかですね。
今年は・・私にとって、ジョニーに見事にハマってしまった転換期ともいえる一年でした~!!
それくらい衝撃でした!

ジョニーによって、これまでの日常生活が何重にも楽しくなったような・・☆
いろんなジョニーにドキドキして、10代のような恋心を思い出したり、いろんな妄想したり(笑)

そんな中で、riさんのブログを知り、
たくさんお話ができて、たいへん嬉しかったです♪
ジョニーが結んでくれたご縁でしょうか☆
ありがとうございました。
来年も楽しみにしてますね。
それでは、よいお年を・・。

うちにはまだ、レッドカーペットの朗報は届いておりません(涙)

投稿: のぞみ | 2007/12/29 18:49

Rei様

夫のことは、あまりに突然だったので、
まだ全然実感がないのですが、
年明けは、ちょっとバタバタしそうです。

Reiさんも、風邪などひかれませんよう、
お気をつけ下さい。
8日、今から本当に楽しみです。

Reiさんは、初めて間もない頃、
このブログを見つけてきてくださり、
ホントにホントに、嬉しかったです。
こちらこそ、楽しいお話ができて、
感謝しています。

来年も、どうぞよろしくお願いします♪

投稿: ri | 2007/12/30 00:38

のぞみ様

なんだか、ブログを通して、
皆さんとお話いていると、
誰もが、たいてい同じような経験を
していらっしゃるような気がします。

>いろんなジョニーにドキドキして、
 10代のような恋心を思い出したり、いろんな妄想したり(笑)

そうなんですよ、ジョニーの魔法にかかった者は、みんなそう。
何度も何度も、恋をしてしまうんですね!

うちにも、朗報は届きませんね。(泣)

これからも、たくさんお話できたら嬉しいです。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

投稿: ri | 2007/12/30 00:43

今年もあとわずかですね。
少し早いですけど
今年は仲良くしてくださってありがとう♪
また、来年、仲良くしてくださいね。
唯一の懸念は
もしかして、ヒルズで雪だるまのように着膨れて、たぶん鼻水でガビガビになった私を見て
riさんが、ドン引きするかも。。と言うことです。
そのときは。。なにも言わずにそっと立ち去ってくださいね(笑)

それはともかく
ご主人の単身赴任とは、また物入りですね。
うちも経験があるのでわかりますが
嫁に出すほど(笑)かかりましたよ、お金が(泣)
来年も、がんばりましょうね♪

投稿: チョコ | 2007/12/30 16:45

riさん

いつもブログでriさんの主婦として
お母様としての姿に、とても心温まる
感情を頂いているのは私だけではないと
思います。とっても素敵な女性、riさんの
日常を覗かせていただいて有難うございます。

年明けは是非、
ジョニーと同じ空気を体いっぱいに
吸い込んできてください!!

あ。それと、riさんが見た映画。
毎月楽しみに、そして参考にさせて頂いてます。
これからもriさん目線で、沢山のジャンルを
紹介してくださいませ。

それでは、ご家族みなさんでよいお年を
お迎えくださいね☆

来年もお互いジョニーと共に、
素敵な年にしていきましょう!!

投稿: NIMO | 2007/12/31 10:41

riさん、今年1年大変お世話になりました。

いろいろなお話をたくさんさせていただき、
楽しいブログライフを送ることができましたです。
riさんとのプレミア野次馬体験もとっても印象深い出来事です。2008年は早々にまたriさんにお会いできることをホントに楽しみにしています!

来年もどうぞよろしくお願いいたします!
ではよいお年を!!

投稿: 睦月 | 2007/12/31 16:05

riさん、お世話になりました。
私のヘンテコなコメントに、いつも優しい返事を下さってありがとうございます。
文章力のなさには、自分でも参ってますが、これも個性とわりきって(汗)・・・これからもよろしくお願いします。

riさんにとって、いろんな変化があった一年だったのですね。
そうやって、流れていくのが人生・・生きていくっていうことなんでしょうね。
ご主人の単身赴任は、大きなできごとですが、きっと前向きに越えていかれるのでしょう。
年が明けるとあわただしい日々・・
でも、ジョニーとお友達に会いに東京へいかれるとか。
いいですね。。
素敵なお話を待ってます。
(私は、東京の片隅に住んでますが、人込みにでると具合が悪くなるので、涙をのんでがまんです)

冬休みの間は、家族がいて、まったく映画(DVD)を見れないのですが、新鮮な感じがしてます。
借りたら見なきゃと、多少、追われてたかもしれませんが、見たい作品は尽きず・・
riさんの記事を読んでいて、また、映画見たい熱があがってきました。
来年はどれだけ・どんな作品に出会えるか、楽しみにして、年を越すとします。

riさんとご家族にとって良いお年でありますように。


投稿: ごんち | 2007/12/31 18:13

チョコ様

あけましておめでとうございます。

とんでもなくお返事が遅くなってすいません。
すっかり年が明けてしまいました。(苦)

ダンナの単身赴任、実は長男がいる金沢なんです。
だから、一緒に住む?と交渉中です。
嫁に出すくらいですか~
やっぱり、強行に交渉しなきゃ!

こちらこそ、今年も仲良くしてくださいね♪

投稿: ri | 2008/01/02 20:15

NIMO様

あけましておめでとうございます。
すっかりお返事が遅くなってすいません。

こちらこそ、NIMOさんの頑張りには頭が下がり、
いろんな趣味を楽しんでいらっしゃる様子に感心し、
いつも楽しませていただいてます。

映画については、とっても参考にしていただけるレベルではありませんが、
これからもたくさんの作品を観ていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いします♪

投稿: ri | 2008/01/03 00:50

睦月様

あけましておめでとうございます。

すっかりお返事が遅くなってスイマセン。
お正月は、なんだか普段より忙しかったりします。
休みなんて、あっという間に過ぎ去って…(苦笑)

睦月さん、素敵なお年玉をありがとう!
感謝、感謝!
何度言っても、キリがありません。
夢が叶うんですね。
でも、私にとっては睦月さんと一緒ということが、
とっても大きなことなんです。
ホントに、ありがとうございます!

これからも、どうぞヨロシクお願いします♪

投稿: ri | 2008/01/03 00:53

ごんち様

あけましておめでとうございます。

ホントに、お返事が遅くなって申し訳ありません。
お正月は、普段よりも忙しいですね。
主婦や嫁や、実家に帰って娘もしないといけないし、
バタバタしています。(笑)

映画どころではありませんね、ホント。
私も、劇場にいける数は限られていますので、
今年も、せっせとDVDを観たいと思っています。
また、ごんちさんのおすすめ作品も教えてください!

まだまだなブログですが、ごんちさんのように、
ここを見つけてきてくださる方がいらっしゃると、
本当に嬉しくて励みになります。

今年も、末永くよろしくお願いします♪

投稿: ri | 2008/01/03 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/9557136

この記事へのトラックバック一覧です: 12月に観た映画:

» 破れた袋に、いっぱい詰めることはできない [ユダヤ人の格言,12月に観た映画]
One can't fill a torn sack. [続きを読む]

受信: 2007/12/29 19:25

« 魍魎の匣 | トップページ | 年賀状 »