« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | 進化し続ける俳優 ジョニー・デップ »

2007/10/23

ジョニー・デップ ~天才を刺激するカリスマ~

 

04venice005_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョニー・デップ
    ~天才を刺激するカリスマ ~
 

    

ぶれることのないその独自の世界観と、
それを体現するだけの演技力を併せ持つジョニー・デップ。
彼は今や、天才と呼ばれる映画人らをも刺激し、
映画そのものを牽引する稀有な表現者である。

               キネマ旬報 2006年4月号より 

 

  

ジョニー・デップの載っている雑誌を、いちいち買っていたらキリがない。
だから、最近はよほど気になったものしか手を出さないことにしている。

でも、たまたま息子のお付き合いで行った古本屋さんで見つけ、
このフレーズに惹かれて、ついつい手を出してしまった、キネマ旬報。

 

「ジョニー・デップに一番近い日本人」と言われる佐藤友紀さん。
彼女の記事は、いつも彼女しか知りえないようなことが、
さらっとした文章で綴られているような気がする。

「ジョニー・デップの時代」という講座(←カリスマ映画論睦月さんの記事
でも紹介されたというエピソードもあり、初めて知ることもあった。

  どんなとりとめのない話でも常に真剣にしゃべってくれるジョニー・デップ。
  戸田奈津子さんをして「質問には一つずつ言葉を選んで
  真摯に答える姿が忘れられない」と言わしめたほどだが、
  その真面目さは演技について語るとき、最もヒートアップする。

そうなの!もちろん、会った事ないけどわかるなぁ!

  優れた表現者というのは、脚本に書かれていない、
  キーモーメントの見つけ方が巧いことに驚かされる。
  『リバティーン』では、「リジーが、どうせ私とやりたいだけでしょと言った
  瞬間に本気で惚れた、と解釈して演じているよ。」というジョニー。
  『妹の恋人』では、サムとジューンがベッドに横になるシーン。
  ジョニーは、このシーンで「I love you」ではなく、
  どうしても「I am a bed wetter」~僕はおねしょするんだ
  と言いたかったらしい。
  こうした表面にでてこない葛藤を知ると、感慨深いものがある。

ジョニーには、表現者という言葉がよく似合う。
脚本に書かれている言葉の中から、
脚本に書かれていない部分を創造し解釈し作り上げる。
そのジョニーの努力を見逃さないように、しっかり作品を見ていきたいと思う。

佐藤友紀さんが最もセクシーだと思うジョニーはというと。。。

  『アリゾナ・ドリーム』で、ジョニーがフェイを相手に、
  立ったままでのラブシーンを演じている時、
  フェイに低い声で、「あっち向けよ」と命じる。
  演技を超えた個人の持つ性的重力とでも言おうか。

なるほど。。。(DVDリピート中…)
…何度リピートしても、「あっち向けよ」とう台詞がわからない!(泣)
それにしても、佐藤さん、さすが目の付け所が違います。

『デッドマン』の撮影の時、最後のジョニーがひとり船に乗って
魂の故郷へ船出するシーン撮影の時のエピソード。

  「カメラが物凄く遠いなぁって。しかも水の流れがかなり速くてね。
  (中略)ジム(ジャームッシュ監督)は、「心配するな。何かあったら
  飛び込んで助け出すから」だってさ。岸とボートの間は250mはあって、
  しかも気温は零下の冬!多分、トム・クルーズだったらやらないだろうな。
  彼は賢いから。僕はちょっとトロいんだ。(笑)」

へえ~、あのシーンって、そんな危険な感じには微塵も見えないよね。
ジョニーって、危険な香りは漂わせても危険なスタントとかは似合わないけど、
きっとわからないところでは、いっぱい危険なこともあるんだろうなぁ。

そのほかにも、宝石店でのエピソードや、ハンター・S・トンプソンとの交流、
音楽との係わりなど、とっても興味深い内容だった。
最後に佐藤友紀さんは、こう結んでいる。

  同時代に生きている幸福を改めて感じてしまった。

同感です、佐藤さん!
作品の中のジョニー・デップは、文句なしに輝いている。
それに劣らず、インタビューやイベントのときの姿も話す言葉も、
輝きとオーラを放つジョニー・デップ。
これからも、楽しみでしょうがない!

 

 

そして、俳優や監督たちが語るジョニー・デップ。

いろんなところで目にしている言葉がたくさん載っていたし、
これも、私は初めて目にするものも、いくつかあった。
何にしても、この人たちが語る言葉は
何よりも真実味があるような気がするのは、私だけだろうか。
私は、俳優や監督たちがジョニーを語る言葉を読むのが大好き。

 

  ~アル・パチーノ~
  デ・ニーロやジャック・ニコルソンや僕らを継承してくれるのは、
  ショーン・ペン、ラッセル・クロウ、そしてジョニー・デップだと思っている。
  彼らの知的な仕事振りを好ましく思っている。
  彼らが偉大な俳優だと言うことは言うまでもない。

  ~ローレンス・ダンモア監督~
  (ジョニーが『リバティーン』の出演を快諾してくれた時)
  僕は(あまりの嬉しさに)道に寝転がって、空中をパンチしながら、
  「Yes!Yes!Yes!」って叫んでしまった。ロサンジェルスのど真ん中でだよ!

  ~ラッセ・ハルストレム監督~
  デップは繊細な俳優で、複雑な感情を“言葉”に頼らず表現できる奥深い
  “表情”を持っている。これみよがしではない、繊細な演技が素晴らしい。

 

天才たちが語るジョニー・デップ。
彼らが語る言葉は、共演者に対するお決まりの賛辞とは違う、
心からの言葉に感じるのは、ファンの贔屓目だけではないと思うのだが。

現代のカリスマ、ジョニー・デップ。
今のジョニーフィーバーは、ジョニーをカリスマから
スターの地位に引きずり出そうとするような騒ぎだ。

でも、ジョニー自身は全くスターの地位に出てこようとはしない。
いやいや、スターには違いないのだけれど、
彼は、たぶんこの現象がいつまでも続くとは思ってないし、
どんな状況であれ、自分の感性と直感で、
『表現者』、『俳優』を貫き通してくれるだろう。

やっぱり、ジョニーにはいつまでも『カリスマ』と呼ばれるような
存在であり続けてほしいと思う。

 

同じ俳優や、作り手である監督たちをも刺激する存在として。。。

 

|

« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | 進化し続ける俳優 ジョニー・デップ »

コメント

こんにちわ。
文中リンクありがとうございました!!

素敵な記事に、会社PCからこっそり「うんうん。そうそう」と
うなずきながら読みふけりました。

佐藤さん、いろんな媒体で同じようなお話をされていたんだなあ
とちょっとニヤリとしてしまった(笑)。
そういえば、講義のときもジョニーが一番セクシーだと思う
シーンは、『アリゾナ~』で猛獣のようなファ○クをするジョニー
だわ♪なんて言っていたのを覚えています(笑)。

ライターとしてジャーナリストとして、佐藤さんのことは
昔からすごく尊敬していたんだけれど。
映画会社に勤める私の友達が、「佐藤さんって、ライター界の
超重鎮。若手にめちゃくちゃ厳しいで有名よ。」と言っていて、
「佐藤さんに弟子入りするのは困難かなあ・・」なんて
思ってしまいました(笑)。

講義のとき2ショットで写真を撮ったんですが。
すごく小柄で朗らかな人だったからなんか、厳しいなんて
想像できなくて。
彼女に触れることで間接的にジョニーにも
触れたような気分で舞い上がってしまいました。

佐藤さんのジョニー講義、先月あたりもやってました。
結構しょっちゅう開催しているみたいなので、
機会があればぜひriさんと一緒に受講できる日がくればいいなあ
と思ったりして♪

素敵な記事をありがとうございました。

投稿: 睦月 | 2007/10/23 16:18

睦月様

あとでお邪魔して、文中リンクの件ご報告するするつもりでしたが、
先にコメいただいて、感謝です!

トップの写真が表紙だったのですが、
表紙も素敵で、記事もなかなか読み応えがありました。
佐藤さんの記事は、相変わらずとっても楽しかったし!

何よりも、
『天才を刺激するカリスマ』というフレーズに惹かれてしまいました。
なかなか素敵な感じ、ジョニーにピッタリな感じと!

そうそう、睦月さんご存知かもしれないけど、
字幕翻訳家の菊池浩司さんという方のブログで、
佐藤友紀さんとの対談の記事が載っていました。

これがまた、なかなか素敵な対談記事で、
もしかしたら講座でもお話されていたかもしれないけど、
最初にジョニーに会った時、ジョニーは、
「僕だけが日本語できなくてゴメンね。」って言ったというエピソードには、
なんだか感動。これは、なかなか言える言葉ではないですよ、ホント!

あら、記事とは関係ないお話になってしまいましたが。(笑)

>機会があればぜひriさんと一緒に受講できる日がくればいいなあ

うわぁ、むちゃくちゃ楽しそう!!!
ホント、実現したらうれしいなぁ♪

投稿: ri | 2007/10/23 23:00

riさん、こんばんは。

>『天才を刺激するカリスマ』
ステキな言葉ですね。
本当にジョニーに良く似合ってます。
本人には全然その気がなくても、周りは刺激を受けずにいられない…。
そんな感じでしょうか?

佐藤さんの講演会、いいですね~。
こちらから失礼しますが、睦月さんツーショット写真お持ちなんですか?すごい!
>彼女に触れることで間接的にジョニーにも
>触れたような気分で舞い上がってしまいました。
ここ、想像してジ~ンときました。
ジョニーに繋がってる方ですもんね。分かります。

>フェイに低い声で、「あっち向けよ」と命じる。
思い出してここもジ~ンと来ました(爆)
セリフ、私も確認してみます♪

>演技を超えた個人の持つ性的重力とでも言おうか。
さすが深い読みですね。。
『性的重力』…この言葉に感動しました!

>俳優や監督たちがジョニーを語る言葉を読むのが大好き。
いいですよね。
心からの賛辞は目にしてとても気持ちがいいです。

たっぷり楽しませて頂きました。ありがとうございます♪

投稿: Rei | 2007/10/24 21:30

Rei様

このキネマ旬報の記事は、なかなか読み応えもあり、
とっても素敵な記事でした。
佐藤友紀さんの記事は、やっぱりジョニーへの愛に溢れていて、
文章も洒落ていてますよね。

いつか、ジョニーに会って、
握手してサインもらって、できればハグして、
ちょっとでも会話して(英語できないケド! 苦)、そして。。。
っていうのは、究極の夢ですが、
こういうジョニーと関わりの深い方の、
話を聞いたりするのも楽しいでしょうね。

ああ、地方が恨めしい!(爆笑)

Reiさんの、TDLの記事読ませていただきましたよ!
私も、いつかReiさんとオフ会したいなぁ。

投稿: ri | 2007/10/26 01:48

こんばんは、riさん。

素敵な記事、そうそう!!と一人頷きながら読ませていただきました。アリゾナ・ドリームの鶏の真似すっごい似ていますよね。ジョニーも若さが溢れていて、今とは違った魅力が満載!!

ジョニーの演技って、嫌味がないなぁ…って感じるんです。あの癖のあるジャック・スパロウだって、いかにも作りこみました。役作りしました。という感じではなくて、存在するかのようにサラッと演じているのに、細かい所まで考えている…絶妙なバランスというか上手さを感じます。ジョニーだからこそ、ジョニーでなくては成し得なかったのかなぁと。
ジョニーって、演じているというより、その人物を生きているという感じがするんです。数ヶ月の短い期間かもしれないけど、ジャックの人生を、ロチェの人生を生きているように思います。上手く言えないのですが…(苦)

佐藤友紀さんは山形出身の方ですよね。あたしも山形に住んでいます。山形からジョニーに一番近い日本人になられた佐藤さん。あたしもいつかきっとジョニーに会える!!と根拠のない自信を持っています(笑)あぁ、同じ時代に生まれる事が出来て本当によかった。

投稿: ひまわり | 2007/10/26 23:23

ひまわり様

ひまわりちゃん、試験終わった?
高校生って、忙しいよねぇ~。
大学生になった長男を見ていると、つくづくそう思います。
ひまわりちゃんも、がんばってね!

>ジョニーの演技って、嫌味がないなぁ…

そうなのよね。
にわとりのマネしたって、白塗りしたって、
ドレッドヘアに真っ黒アイラインしたって。
ジョニーは、引きどころっていうのか、
作りこんでもやり過ぎない見極めみたいなものが、
直感的に判っているような気がします。

だから、どんなに作りこんだ役どころでも、
自然に受け入れられるんだと思うんです。

全てにおいて…
作品の中でも、ファンに接している時も、
プライベートでも、バランス感覚が際立っていますよね。

>ジョニーって、演じているというより、その人物を生きているという感じがするんです。

すごい、すごい!
なかなか言えないよ、この言葉。
「その人物を生きている」、まさにその通りだと思います。

>あたしもいつかきっとジョニーに会える!!と根拠のない自信を持っています(笑)

私も!
ってか、私なんて、いつかジョニーに会ってハグするんだ!
(なぜか握手とかじゃなくてハグ! 爆笑)
と根拠のない確信を持ってますよ、無謀にも!!!


投稿: ri | 2007/10/28 02:08

はじめまして!初コメントですが、いつも楽しく拝見しております。
すごく楽しく面白く、素敵な文章ですね。
過去ログも夢中になって読みました~!

私も関西在住で、京都北山の近くの大学に通っていたので、
riさんに勝手に親近感をもたせて頂いてます(笑)

話はそれましたが・・、私もジョニーにどっぷりハマってしまった一人です。
何本か作品は見ていて、かっこいいわぁ・・☆と思ってましたが、
こんなにも熱い情熱を再燃させたきっかけは、やっぱりパイレーツですかね(^^;)
あはは・・まだまだ新米です。
それからと言うもの、あらゆるブログや映画、雑誌を読み漁り、今日にいたってます。
それにしても、ジョニーは奥が深いですねぇ。
知れば知るほど魅力があふれて、ますます大好きに・・♪
同じ人間とは思えないほど、器の大きな素晴らしい人・・。

これからも、もっともっとジョニーの事を知り、
身近に感じる事が出来ればなぁと思ってます。
また、勉強しにお邪魔させてくださいね。
よろしくお願いします♪

投稿: のぞみ | 2007/10/28 14:24

のぞみ様

はじめまして♪ご訪問ありがとうございます。
ブログもジョニーも、まだまだ駆け出し。
素敵なんていっていただけると、ホントにうれしいです!

私なんて、「デッドマンズチェスト」の時に、
はじめて「ジョニー・デップ」という人を認識したんですもの。

>あらゆるブログや映画、雑誌を読み漁り

私は、昨年の今頃が、まさに嵐のような時期でした。
頭の中は、いつもジョニーが駆け巡っていました。
一種の、ビョーキです。(爆)
今は、だいぶ落ち着きましたが、慢性化してしまったようです。

>知れば知るほど魅力があふれて、ますます大好きに・・♪

そうなんです。
だから、慢性病は治りそうにありません!

「勉強」なんて、とんでもない。
私も同じ新米ですので、一緒に楽しくお話できたらなと思います。
こちらこそ、ヨロシクお願いします。

あっ、私、実は北陸に住んでいるんです。
京都は近いので、よく遊びに行きますが。
紛らわしくて、ごめんなさいね。

投稿: ri | 2007/10/29 01:11

All people deserve very good life and loans or just sba loan will make it better. Because people's freedom relies on money state.

投稿: SILVAFANNY31 | 2012/09/29 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/8275622

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・デップ ~天才を刺激するカリスマ~:

» セフレハンター [セフレハンター]
セフレハンター [続きを読む]

受信: 2007/10/23 23:03

» この前の日曜洋画劇場見た? [ちょいワル好青年のブログ(暫定)]
こんちわー(^^ 今日も元気に無職なオレ(はぁと) 今日で失業してから一ヶ月、誰か雇ってプリーズっ! はい、というわけで今日の話題はこの前の日曜洋画劇場で放送された、マイケル・マン監督の「コラテラル」です。 なんで10月21日に放送された映画の話を今更するのかって? ..... [続きを読む]

受信: 2007/10/24 12:42

« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | 進化し続ける俳優 ジョニー・デップ »