« 白のジョニー・デップ。 | トップページ | チョー簡単ご飯④ »

2007/09/09

HERO

 

B79aa80a_3  《劇場鑑賞》

 

 久利生公平が帰ってきた。

 スクリーンで見る彼は、

 やっぱり、生き生きと、

 輝いていた。

 

 

 

公開初日に、観にいってきましたよ!

『ワールド・エンド』ですら、前夜祭にも初日にも行ってないのに、

バリバリ、気合入りまくり!!!

 

 

6年ぶりに、東京地検城西支部に戻った久利生公平(木村拓哉)。

雨宮(松たか子)は、6年間音信不通だったことを理由に、
何かにつけ、そっけない態度でチクチクと絡んでくる。

そんな折、自分の離婚裁判で一杯一杯の芝山(阿部 寛)に変わり、
彼が起訴した傷害致死事件の公判を、久利生が担当することになる。

取調べでは、犯行を認める供述をしていた容疑者は、
公判では全面否認し無実を主張、自白は強要されたものだと言い出す。

被告側の弁護士、蒲生(松本幸四郎)は、元検事で、
「刑事事件無罪獲得数日本一」の超ヤリ手。
超大物弁護士の蒲生が、こんな小さな傷害致死事件の弁護をするのは、
この事件の背後に、大物政治家の花岡練三郎(森田一義)の、
贈収賄事件が、絡んでいたからだった。

 

回りに、キムタク好きを公言している訳ではないのだが、
実は、隠れ木村拓哉ファンだったりする私。

もちろん、彼のドラマは全部チェックしている。

つーか、「木村拓哉」はやっぱり、誰がなんと言おうと、
日本人には数少ない、本物のスターなんだよね。
彼が画面にいるだけで、ワクワクして嬉しくなってしまうんだから。

今回も、「木村拓哉」の。。。
いえいえ、「久利生公平」の魅力全開!

そして、城西支部の味のある面々の魅力も全開。
この作品の見所のひとつは、なんと言っても、
この城西支部のキャラクターたちが、個性的でしっかりとした役割をもち、
実力のある役者さんたちが、実に楽しそうに演じていること。
コミカルなやり取りには、劇場のあちこちから、自然と笑い声が起こっていた。

 

ただ、やっぱり、ちょっと残念だったのは、
法廷劇という割には、展開や台詞に深みがなかったことだ。

テレビ版を、ほとんど観ていなかったダンナの感想は。

   ある意味、良くできている。しっかり楽しめたし。
   でも、キムタクや他の役者に頼りすぎていて、
   展開がいきなりすぎたり、背景が希薄だったりする。
   法廷シーンでも、だから、あれはどうなったの!って感じ。
   これじゃ、映画にして金取るほどじゃない。テレビでも十分。
   役者たちのせいじゃないよ。
   脚本とか、作り手側の問題だ。惜しい、残念。

   俺でも、もっとうまく作れる!!!
   (って、アンタは何者じゃ!どこら来るその自信!) ←妻の心の叫び(爆笑)

 

この劇場版は、法廷シーンが重要な位置を占めている。
「テレビ版にはなかった法廷シーンがふんだんに…」
というのが、劇場版のひとつの売りにもなっていると思うのだが、
う~ん、あえて法廷シーンにこだわらなくても良かったのでは、とも思う。

テレビ版では、どんな小さな事件でも、些細な出来事でも、
徹底的に調べて、事件の裏側の人間の気持ちを大切にしていく。
そんな、型破りな久利生公平に共感したり、応援したりしたくなったのだから。

 

まっ、それはそれとして、

相変わらずの久利生公平のカッコよさと、
城西支部の面々の魅力溢れるボケ突っ込みに、
私的には、結構満足して、公開初日のレイトショーを楽しんだのでした!

 

  

|

« 白のジョニー・デップ。 | トップページ | チョー簡単ご飯④ »

コメント

こんにちわ。
TB&コメントありがとうございました。

riさんが拓哉くんに好意を持ってくれていることは以前から
知っていましたが・・・まさか隠れファンとまで
公言してしまうとは(笑)。ホントに嬉しいなあ!!

久利生公平・・帰ってきましたね。
そして、見事に(?)完結しちゃいましたけれど(大泣)。

私ね、旦那様のおっしゃること、ごもっともだと思います。
この作品はイベントムービーみたいな要素もあるので、
盛り上がってなんぼ・・・内容のリアルさや、HERO初鑑賞の
人たちへの配慮などはほとんど皆無みたいなところはあったと
思うんです。

でもね、やっぱり面白い♪

6年前のチーム感がそのまま再現されていたのが、
ホントに嬉しかったなあ・・・。

それにしても、スパロウのときよりも気合を入れて初日鑑賞
だなんて(笑)。私、riさんのそういうスタンス、大好きだな!

投稿: 睦月 | 2007/09/11 07:46

睦月様

コメントありがとうございます♪

はいっ、気合入りまくりで観てきましたよ!
なんだかんだ言っても、劇場は笑い声もいっぱいで、
みんな楽しんでるって一体感もあって、
130分、あっという間でした。

最近はね、もう“隠れ”じゃなくて、
拓哉くん好きって、バンバン言っちゃってる感じです♪

彼のドラマは、やっぱりどれも面白くて。
でも、その中でも大好きなキャラのひとつが、「久利生公平」ですもの。

法廷シーンなんか、拓哉くんがドアップで、
切々と語ってくれたら、泣かずにはいられませんでした。(照)

ぶっ飛んだラストは置いといて。。。
とってもとっても良かったですね!

投稿: ri | 2007/09/12 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/7863247

この記事へのトラックバック一覧です: HERO:

» HERO [Akira's VOICE]
裁判劇は物足りなくても, ラブストーリーは満足。 [続きを読む]

受信: 2007/09/09 12:00

» HERO [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  『チーム・HERO』、ここにあり!   [続きを読む]

受信: 2007/09/11 19:08

» 『HERO』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]       2007/09/08公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】鈴木雅之 【製作】亀山千広 【脚本】福田靖 【出演】 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信/小日向文世/八嶋智人/角野卓造/児玉清/松本幸四郎/森田一義/中... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 20:21

» 角野卓造さんの似顔絵。「HERO」映画+全11話+スペシャル編おさらい。 [「ボブ吉」デビューへの道。]
「あるよ。」あのバーテンダー(田中要次)の、小ネタとも言えるセリフ。 「俺、諦めないことには自信あるんですよ。」 これは昨夏放送された、スペシャルドラマでの久利生公平(木村拓哉)の言葉。 職業の違いはあれど、不可能と簡単に思われたくない(思いたくない)姿勢が、 共通してるように思えます。 「HERO」全11話とスペシャルドラマには、久利生公平の、 その諦めない姿勢が貫かれています。 そしてバーテンダーの、メニューの守備範囲の広さも(笑) 第1話「最悪の出会い」 下着泥棒という小さな事件だって、... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 23:23

» あんぱんち出演・映画『HERO』の舞台挨拶には行けなかったので、ゴールドクラスで見てきた(爆) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
「ないよっ!」舞台挨拶チケットが取れなかった (;>_<;)ビェェン徹夜でチケぴに並ぶ予定が体調不良で断念。電話を片手に朝10時前からPC前でスタンバイするも、つながらずw10万とか6万もポンと出せる富裕層のキムタクファン。最低でも3万って・・・手も足も出やしな...... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 00:08

» 『HERO』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「HERO」□監督 鈴木雅之 □脚本 福田靖 □キャスト 木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清、松本幸四郎、森田一義、イ・ビョンホン、岸部一徳、中井貴一、綾瀬はるか、香川照之 ■鑑賞日 9月8日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)<感想> 109CINEMAS川崎のエントランスがものすごく混んでいて、何か盆と正月が一緒に来たような混雑だった おそらく満席状態で観たこと... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 12:47

» HERO(映画館) [ひるめし。]
久利生公平、最大の危機。 [続きを読む]

受信: 2007/09/14 15:39

» HERO を観ました? [My Favorite Things]
ちょっとした事件のお陰で、予定外?なんと?こんなの観ちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2007/09/17 08:21

» 【劇場映画】 HERO [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。豪腕弁護士として名を轟かしている蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込んだ。東京地検特捜部の黛検事が、有益な情報をもたらすが、あくまで自分の力で事件を解決しようとする久利生は、事務官の雨宮と奔走する。(goo映画より) キムタクは好きじゃないけど、TVドラマの「HERO」は脇も... [続きを読む]

受信: 2007/09/17 09:09

» 【2007-128】HERO [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 証言を覆された小さな事件 国家を揺るがす大きな事件 揺るぎない1つの真実 久利生公平 最大の危機 [続きを読む]

受信: 2007/09/17 17:35

» やっぱキムタクはかっこいい! 【HERO】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今秋一番の注目作品といえば…… やっぱ、木村拓哉主演『HERO』でしょう。 かく [続きを読む]

受信: 2007/09/21 15:57

» HEROは韓国マイナスも過去最高9.5点 [別館ヒガシ日記]
HEROは公開4日目の火曜の午前に観賞しに行ったが100人以上は居て が多かったけど老夫婦も居てたし年齢層は広く始まる前に驚いた 内容は冒頭から社交ダンスと離婚裁判から始まってツカミはOKの感じだし 久利生が事件を担当も無罪獲得率の蒲生が弁護を担当し予想外の... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 20:18

» ★「HERO」 [ひらりん的映画ブログ]
テレビシリーズでは毎週30%以上の視聴率を獲得してたらしい。 ひらりんも、ちょろちょろ月9ドラマは見てたので、キャストはばっちり。 という事で、混んでるだろうなーー・・・とは思いつつ、初日のナイトショウで鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 02:41

» HERO [シネクリシェ]
 オールスターキャストにしてもちょっとやりすぎじゃないの? といいたいくらいの超豪華な顔ぶれでした。  特に必然性が感じられない韓国ロケなどの金のかけ方もさることながら、演技や演出、そしてとりわけ脚本... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 06:29

« 白のジョニー・デップ。 | トップページ | チョー簡単ご飯④ »