« ちょっと贅沢 | トップページ | 白のジョニー・デップ。 »

2007/09/05

この夏に観た映画

 

Awe_prem007  

 昨年の夏、

 ジョニー・デップを知り、

 どっぷり彼にハマって以来、

 ジョニーファンのみならず、

 すっかり、

 映画ファンになってしまった私。

 劇場で観れる作品は、

 どうしても限られてくるので、

 せっせとDVDを観ている。

  

 

なんせブログの更新も、マメじゃないので、
なかなか全ての作品の感想を書けてない。(苦笑)

そして、最近気付いた。
観た作品のタイトルさえ曖昧になっていることに。愕然!!!

なので、せめて観た作品のタイトルだけでも記録しておこうと思う。

なにも、ブログをメモ帳がわりに使うこともないと思うのだが…
とりあえず、今回は『ワールド・エンド』以降、
この夏に観た作品。

 

 

『ワールド・エンド』の後の劇場鑑賞1作目。

  『ラストキング・オブ・スコットランド』 劇場鑑賞

  

アフリカを題材にした作品も、色々と観た。

B00005joda01_scmzzzzzzz__3  

 『ナイロビの蜂』  

 アフリカが舞台の作品は、
 シビアな現実が背景にある作品が多いなぁ。

 

 

 

 

Asby1401  

 『イングリッシュ・ペイシェント』 

 ナイロビの蜂と同じ、レイフ・ファインズ主演。
 ハナとインドの軍人さんとの恋のほうが、
 印象深かった。

 

 

82ff4e54  

 『ホテル・ルワンダ』  

 考えられない現実を、また一つ観た。
 「ホテル・ミルコリン」の誇りを守り、
 一つでも多くの命を助けたいと
 奮闘する男の戦いの物語。

 アフリカの物語は、
 心臓を鷲掴みにされたような衝撃に襲われる。

  
 

 

海賊祭りを挟んでの「ジュード・ロウ強化月刊」の続き。

Dadd01d2 

 『クローサー』

 これは登場人物の誰にも共感できなかった。

 

  『リプリー』

  『ガタカ』   この作品、私の中では結構大ヒット!

『オスカー・ワイルド』が、どこを探しても置いてない。
ないとなると、ますます観たくなるのが人情。(苦~)

 

C012a29d  

 『クラッシュ』

 人はいろんな事で分かり合えない。
 いろんな作品で語られる、人種の壁。
 でも、ぶつかり合いながらでも、
 人間は生きていく。

 

 

 
 

  『舞妓Haaaan!!!』  久々の邦画を劇場で。

 

Aebf10160   

 『ライフ・イズ・ビューティフル』

 これも人種問題を扱った物語。
 でも、重すぎず軽やかに進む物語。
 それだけに、ラストは涙が止まらない。

 

 

  『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』  劇場鑑賞

  『ハリー・ポッターとアズガバンの囚人』 DVD鑑賞

  『ドラキュラ』  

 

  『恋愛睡眠のすすめ』 劇場鑑賞

 

1e32094f  

 『ドット・ジ・アイ』

 ガエル君をもうひとつ。
 どんでん返しの結末。
 このガエル君は、わりと普通。
 いや、あの妖しい魅力一杯の男は
 やっぱり普通じゃないかな。

 

 

 

Tbdl1099_s  

 『21グラム』

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。
 『アモーレス・ペロス』も『バベル』も、
 とっても好きな作品。
 この作品も、雰囲気はよく
 出演者たちも、みんなとっても良い。
 でも、時空列が複雑すぎて、
 物語の流れをつかむのに苦労した。

 

 

そして、観たくてたまらなかった3作品を一気見!

  『キンキーブーツ』 

  『プルートで朝食を』

  『麦の穂をゆらす風』

この3作品は、どの作品も忘れられない作品になりそう。

 

そして、そして、この夏の〆は。。。
 

1106d915  

 『SAW』

 いろんな意味で、衝撃的な作品。
 確かにグロさはあるけど、
 それ以上に、心理戦、どんでん返し…
 興味深い作品。

 

 

 

B000dzi63u09_scmzzzzzzz__3  

 『SAWⅡ』

 やっぱり、Ⅰのほうが。。。
 という声もある作品。
 でも、私はⅡも十分、楽しめた。
 心理描写はⅠの勝ち。
 ラストのビックリ度はⅡの勝ち。

 あくまで個人的な感想です。

 

 

一応、覚えている限り、このくらいかなぁ。
後から。「あっ、あれも観たわ。」ってこともあるかもしれない。

 

これからは、一月に一度くらい、
書けなかった作品のプチ感想も含め、
記録していけたらな、と思う。

個人的なメモ帳代わりのようなもの。

お付き合いしてくださった方がいらしゃったら、
ゴメンなさい。

ありがとうございました。(笑)

 

|

« ちょっと贅沢 | トップページ | 白のジョニー・デップ。 »

コメント

はじめまして。
ジョニーの情報を求めてさまよっている時に、
こちらを知り、楽しませていただいてました。
なんてったって、ケ・セラ・セラは私のモットーなので、見逃せません!!
主婦の目線でかかれていて、
心が潤うというか、ほっとする時間になっています。

ジョニーから映画へとはまっていかれたとか。
私は逆なんです。
子供のころは、もっぱらテレビのロードショーで見るともなく見ていた感じ。
大人になって、なぜか映画を見る余裕を失っていて、疲れきっていたある日、「映画を見ないで死ねない」という思いが頭をよぎったんです。
それから数年、昨年冬、「映画を観る」と家族に宣言し、レンタルの日々です。
観始めてすぐにジョニーに出会い、人生バラ色です。。

「プルートで朝食を」は、私のベスト3に入ってます。
キトゥンに心をぎゅっとつかまれて・・・
心揺さぶられる作品は、ずっと心に残りますね。

これからも、時々伺わせてください。

投稿: ごんち | 2007/09/08 17:58

こんばんわ!
riさん、作品チョイスがナイスですねえ。
どれもこれも私の好きな映画ばかり・・・素晴らしいです。

私、ハタチの頃から映画論を書き始めたんですが。
やっぱり最初は、「観た映画をきちんと記憶にとどめておきたい」
という理由から始まったことでした。

そのときそのときで、映画から受ける感銘って必ずあるはずなのに
時がたつと忘れちゃうのってもったいないですよね。

だから・・・
こういう記事として遺しておくことって・・・
すごくいいと思います♪

ちなみに、『ドッド・ジ・アイ』のこのヴィジュアル、
よく見つけましたねえ!
初めてみたヴィジュアルなのでなんだか感動です(笑)。

投稿: 睦月 | 2007/09/09 02:07

失礼・・・『残す』という漢字が『遺す』になってます。

不吉な漢字変換しちゃってすみません(泣)

投稿: 睦月 | 2007/09/09 02:09

ごんち様

はじめまして♪
ご訪問ありがとうございます!

私も、que sera seraがモットー。
というより、根っからのお気楽な性格で、
すぐに「まっ、いいか!」と、日々暮らしています。

>主婦の目線でかかれていて、
 心が潤うというか、ほっとする時間になっています。

ありがとうございます。そう言っていただけると、うれしい!
なんでもありのごちゃ混ぜブログになっていますが、
また遊びに来ていただけたら、ホントにうれしいです。

子供が小さい頃は、なかなか映画を観ることもままならなかったのですが、
ちょうど、ジョニーを知ったのと、子供の手が離れてきたのとが一緒になり、
すっかり映画にも、嵌ってしまいました。

>観始めてすぐにジョニーに出会い、人生バラ色です。。

私も、これだけ誰かに夢中になったのは初めてです。
ホント、人生バラ色な気分です♪

ジョニー以外にも、素敵な作品をどんどん観ていきたいと思っています。
お奨めな作品があったら、教えてくださいね!

これからも、よろしくお願いします。

投稿: ri | 2007/09/09 11:42

睦月様

>作品チョイスがナイスですねえ。

ホント!?睦月さんにそう言っていただけると、うれしいなぁ。
つーか、作品は睦月さんのレビューをかなり参考に選んでいますから!(笑)

ホントに、人間の(いや私か!)記憶って、いい加減なもので、
その時の感想はおろか、観た作品のタイトルさえ曖昧で、
最近、ますますいい加減になってきた自分の記憶力に、
恐ろしくなってしまったりです。(爆笑)

ブログの更新も、とっても毎日というわけにもいかず、
観たままになっている作品を、記録だけでもしておきたいと記事にしてみました。

こうやって文字にし並べてみることで、
やっぱり記憶って、確かなものになるものですね!
ホント、大事なことなんだなと思います。

『ドッド・ジ・アイ』のヴィジュアルは、
ネットでうろうろと適当に探していて見つけたんだと思います。

あの~、実は。。。

記事を書くとき、睦月さんのとこらから画像を頂いてることもしばしば…
今まで、内緒でごめんなさい!!!

投稿: ri | 2007/09/09 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/7810171

この記事へのトラックバック一覧です: この夏に観た映画:

« ちょっと贅沢 | トップページ | 白のジョニー・デップ。 »