« 避暑? ~福井県今庄 芋が平~ | トップページ | プルートで朝食を »

2007/08/22

キンキーブーツ

 

C090c2ff_2  《DVD鑑賞》

 
 『Kinky Boots』

 ”Kinky”とは、直訳すると、

 異常な、変態の、風変わりなという意味。

 そして、もうひとつの意味は。

 「エナメル、ピンヒールの女王様ブーツ」

 

 

 

 

 

 

プライス社は、頑固に一生物の紳士靴を作り続ける靴工場。
その一人息子チャーリー(ジョエル・エドガートン)は、
気弱で優柔不断、「僕に何ができる?」が口癖だ。
チャーリーは、社長である父親が急死し、しかたなく工場を引き継ぐことになる。

でも、実は工場は倒産寸前の状態だった。
なんとか工場を救いたいと奔走するチャーリーだったが、
どうしようもなく、従業員をリストラしようとするが、
ローレン(サラ=ジェーン・ポッツ)から、「何もしていないじゃない!」
と、キツイ一言を浴びせられる。

そんな時、たまたまロンドンのソーホーで、ドラッククィーンのローラに出会う。
”彼女”が、小さい女性用のブーツを無理やりはいていたことを思い出し、
チャーリーは、うってつけのニッチ市場を見つけたと狂喜する。

伝統的な紳士靴から、セクシーで刺激的な「キンキーブーツ」へ。
そんな方向転換に、片田舎の頑固な職人達は。。。

 

このお話は、実話をベースにしているそうだ。
このお話には、ヒーローもヒロインもいらない。
一生懸命生きている、普通の人たちが存在しているだけ。

何をやっても中途半端、もう一つ社長にもなりきれないチャーリー坊や。
ようやく生き残る道を見つけたと張り切るのだが、
それも空回りばかりで、どうにもうまくいかない。

一方、ローラは明るく自分の生き方を貫いているように見えるが、
実は、父親に本当の自分を認めてもらえなかったというトラウマを抱えていた。
”彼女”でいるときは自身に溢れているのに、
”彼”に戻ってしまうと、とたんに自身をなくしてしまうのだ。

田舎町の頑固な職人達は、初めて見るドラッククィーンに仰天し、
それぞれの反応を見せ始める。
やっぱり、男よりも女のほうが柔軟でたくましいよね!
なんて、妙に納得してしまったりした。

この作品は、いろんな人間の顔を見せてくれる。

    人間の弱さ、強さ、成長、偏見、優しさ。。。

    坊やから一人前の男に成長していくチャーリー。
    いろんな悩みを抱えながらもたくましく生きるローラ。
    チャーリーを優しく支えるローレン。
    なかなかローラを受け入れられない職人達。
    そして、素晴らしい”腕”を見せてくれる職人達。

    チャーリーを理解できない婚約者のニコラ。
    彼女の気持ちだって、自分に置き換えるとわからなくもない。

 

いろんなエピソードを綴りながら、
みんなで協力して「キンキーブーツ」を作り上げていく様子は、
笑えたり、ほっこりしたり、泣けてきたり。

 

ホントに素晴らしい作品だった。 

それにしても、映画の中のドラッククィーンたちって、

なんで、こんに素敵なんだろう。

次は、『キトゥン』 。。。(笑)

 

|

« 避暑? ~福井県今庄 芋が平~ | トップページ | プルートで朝食を »

コメント

こんにちは~♪

この映画、ホント素敵でしたよね!

ローラは男なのにセクシーでチャーミングで…
歌でもやられちゃいました。
チャーリーの成長ぶりもよかったし、
職人達が最後に見せてくれた心意気にも泣かされました!

いろんな人達が出てくるけど
それぞれに思っていることが共感できたり
思いあたることがあったり…
笑って泣けましたね~♪

投稿: Pamy | 2007/08/22 22:33

Pamy様

この作品、ホントに素敵な作品でしたね。

>笑って泣けましたね~♪

最近、こんな笑って泣ける映画にとっても惹かれます。
「プルートで朝食を」も見ましたが、
こちらも、とっても素敵な作品でした。

「リトルミスサンシャイン」も見たい作品。
ジョニー効果で、映画そのものも大好きになっちゃいました!(爆)

投稿: ri | 2007/08/23 08:04

こんにちは♪

ローラもキトゥンも気に入っていただけたようですね。
もちろん、私も大好きです♪

私、なぜか、ドラッグクイーンものって大好きなんですよね。
たぶん、人一倍辛い目にあいながら
それでも自分のすすむ方向をちゃんと見失わない彼女達が
とても愛おしいのだと思います。

ローラ役の俳優さん、キウェテル・イジョホー??だったかな?
あまり好きじゃなかったんですけど
かなり株を上げました(笑)

投稿: チョコ | 2007/08/24 18:46

こんばんわ!

ああ!riさんもこの作品を気に入ってくれたみたいで
ホントに嬉しいです!!
実話ベースの割には、ホントにコミカルにハートフルに
描かれている物語で、非常に観ていて気持ちのいい作品
でした。

今までに幾人ものドラッグクイーンやオカマちゃんキャラを
観てきたけれど、ローラは上位に食い込むほどに大好き♪

ところで、次はついにキトゥンですか!?
ひゃああああ!!もうね、ホントにキュートでホントにステキな
とってもハイセンスな作品ですよ!!

キトゥンが!キトゥンが!メッチャクチャに魅力的です!!

riさんの感想を早く拝見したいです!

投稿: 睦月 | 2007/08/25 01:18

チョコ様

映画の中の“彼女たち”って、ホント魅力的ですよね。

>たぶん、人一倍辛い目にあいながら
 それでも自分のすすむ方向をちゃんと見失わない彼女達が
 とても愛おしいのだと思います。

「愛おしい」という言葉がぴったりですね。
彼女たちは、勇気や元気をくれ、
優しさを教えてくれる存在のような気がします。

「プルート」も、やっと記事アップしました!

投稿: ri | 2007/08/26 02:02

睦月様

私、やっぱり笑えて泣けて、
ほっこりさせてくれる作品って、大好きです。

この作品は、ぴったりはまりました!

ローラは、キトゥンのように美しい訳ではないけど、
見ているうちに、なんとも魅力的で綺麗に見えてくるから不思議。
ローラのように、無条件に元気をもらえるような
“彼女”、私も大好きです。

キトゥンの記事も、やっと書けましたが、
なんだか、自分の思いの半分も書けなかった気がします。(苦笑)

投稿: ri | 2007/08/26 02:14

こんにちは!

私も睦月さんや、チョコさんの記事をよんでDVDを観ました。
ローラ、魅力的ですよね。
ニューハーフって好きなんです。
綺麗だし、綺麗にしようとしてるし、偏見と戦ってる強さがある。

ローラも、日常は頑張って戦ってるけどホロッ弱い所もあって
大男なのに抱きしめたいくらいキュート♪

キトゥンはまだ観てないので、是非観たいと思います(^^)!

投稿: 寝起きのパンダ | 2007/08/27 09:41

riさん、こんばんは。
この間は、ブログへのコメントありがとうございました。

『キンキーブーツ』は、涙も笑いも味わえる素晴らしい作品ですよね。イギリス映画らしいこだわりが僕は好きです。

舞台になったノーザンプトンは靴作りのメッカ。靴好きの人間はそれだけでも観てみたい、と思ってしまう。僕もそれで劇場まで行ってきました。伝統を頑なにまもる職人の世界をのぞくことができて、爽やかな感動をもらえて、満足して帰ってきました。

投稿: HARU | 2007/08/27 21:46

パンダ様

私もね、いつも睦月さんやチョコさんのところで記事を読んで、
劇場へ駆けつけたり、レンタルに走ったり、
しょちゅうしています。(笑)

最近は、観たい!と思ってレンタル店に行っても、
あれ、タイトルなんだっけ???ってことがよくあるので、
気になった作品のタイトルは、携帯のメモ欄に入れたりしています。
(苦~~~、情けない!!!)

キトゥンも、素敵でしたよ。
きっと、パンダさんも大好きだと思います。(笑)

投稿: ri | 2007/08/28 01:21

HARU様

こんな、つたないブログにきていただき、
ホント、ありがとうございます。

私は、映画をたくさん観るようになったのは、
ほんの最近なんです。でも、イギリス映画は大好きです。
大げさでなくて、笑えて泣けて、英国人らしい頑固さもあったりして。

映画の楽しみのひとつに、
行ったことのない風景や、触れたことのない文化が見れるという事があります。
いつか行ってみたい。。。と、旅の候補地ばかりが増えて、
困ったことになっています。(笑)

うちの長男は大学生。
家族4人で行けるのも、もうどれくらいでしょう。
長男が大学生のうちに、絶対海外に家族4人で行こうと、
ひとり、画策している母です!

でも、家族4人となると、また行きやすいアジアかなぁ…
その時は、是非アドバイスくださいね。

これからも、よろしかったらお付き合いくださいね。

投稿: ri | 2007/08/28 01:32

riさん、大好きな作品にたくさんTBをいただいて、
どうもありがとうございます。
最近、みなさんに失礼ばかりしていて、申し訳ないです。

もともと、キウェテル・イジョフォーは好きな俳優さんだったのですが、
あの男っぽい人がどんなドラッグ・クィーンになるのかと、
実は半信半疑だったのです。
でも!丸太のような腕で、ぶっとい脚にピンヒールを履いて、
あんなに艶っぽく歌って踊れるなんて・・・
屑置き場に安心して、寂しさを笑顔に隠すローラは、
あの美しいキトゥンに勝るとも劣らない愛おしさ。
コメンタリもよかったですね。

キトゥンのことは・・・またキトゥンのお部屋にお邪魔しますね。

投稿: 悠雅 | 2007/08/31 20:59

悠雅様。

ひとつひとつ、丁寧にコメントいただいて、
本当にありがとうございます。

一家の一大イベントというべき出来事があると、
やっぱり主婦は、なんだかんだ一番忙しいことになりますものね。
もう、落ち着かれましたか?

そして、悠雅さんの大好きな英国作品。
これも、楽しみに観ましたが、
期待通りの、キュートでハートフルな素敵な作品でした。

ローラは、十分過ぎるくらい、綺麗でした。
ダンスや歌も、見ごたえ十分で、とっても楽しめました。

投稿: ri | 2007/09/02 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/7601386

この記事へのトラックバック一覧です: キンキーブーツ:

» まさかぁ!!顔面神経痛!? [顔面神経痛のブログ]
まさかぁ!!顔面神経痛!? [続きを読む]

受信: 2007/08/22 09:16

» キンキーブーツ [ビター☆チョコ]
イギリス、ノーサンプトン。一生物のしっかりした紳士靴を作り続けるプライス社。跡取り息子のチャーリー(ジョエル・エドガートン)は婚約者とロンドンで暮らしていたが、父の急死で会社を継ぐことになってしまう。継いでみてびっくり。会社は倒産寸前で再建の見通しも立たない。やけで飲んだ酒場でドラッククイーンのローラ(キウェテル・イジョホー)と出会ったチャーリーは、思わぬところにビジネスチャンスがあったことに気がつく。チャーリーが見つけたビジネスチャンスは、ローラのようなドラッグクイーン(このドラッグは麻薬のdru... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 18:47

» キンキーブーツ [悠雅的生活]
救いの女神は、靴が人生の重みに耐えかねるドラッグ・クィーン [続きを読む]

受信: 2007/08/31 17:20

« 避暑? ~福井県今庄 芋が平~ | トップページ | プルートで朝食を »