« 梅雨明け | トップページ | ドラキュラ »

2007/08/05

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

 

Ffdc1602s_4  《劇場鑑賞》

 

 ホグワーツ魔法学校の

 5年生になったハリー。

 予測以上に大人になってしまい、

 ハリーの、あのまん丸メガネが

 似合わなくなってしまった気がする、

 ダニエル・ラドクリフ君。

 でも、魔法には益々磨きがかかっていた。

 

 

 

 

 

前作で復活を果たしてしまったヴォルデモート卿だったが、
魔法使いの世界では、彼の噂すら聞こえてこない。
魔法省は、卿の復活はハリーとダンブルドアの嘘と決めつけ、
ダンブルドアに対する警戒心を強めていた。

一方、ハリーは人間界で魔法を使ってしまい窮地に陥るが、
ダンブルドア校長のおかげで事なきを得た。

魔法省は、ホグワーツの改革と称して、
アンブリッジ先生(イメルダ・スタウントン)を送り込み、
権力を盾に、ホグワーツを管理下に置こうとする。

そして、アンブリッジ先生が教える闇の魔法に対する防衛術は、
とうていヴォルデモート卿に対抗できるものではなかった。
ハリーは、ロンとハーマイオニーに説得され、「ダンブルドア軍団」を結成し、
仲間たちに闇の力に対抗する術を教えるのだった。

 

『賢者の石』が公開されてから、7年が経ち、
すっかり大人になった、ハリー、ロン、ハーマイオニー。
このシリーズは、1作がホグワーツ魔法学校の1学年になっているので、
5作目のこの作品は、もちろんハリーは5年生。
この2年の差が以外に大きかったのか、
大人になりすぎたという声も聞こえてくる。

でも、作品の中では、微妙な年頃の3人が、恋や友情や恐れや正義、
いろんなものを吸収して、子供から大人になっていくのが、
違和感なく描かれていた。

『賢者の石』では、少々物足りなかった魔法対決も、
回を追うごとに、使える魔法が増え迫力を増し、
今回もまた、優等生ハーマイオニーが大活躍だった。

前作の『炎のゴブレット』が、三大魔法学校対抗試合という
単体のお話がメインで、ヴォルデモード卿の復活が絡んでくる。
というのに対し、今回は次回以降の、
本格的にヴォルデモード卿との対決に繋がるお話のような気がする。

 

***********************************************************

 

しっかり復習してから観に行くほうがいいと聞いていたのだが、
実は、あんまり復習せずに観にいってしまった。
一応、全部観ているし。。。と思って。

始まってすぐ、隣の次男に、
「これ、どういう事?」って、こそこそと聞いてしまった。
それからも、何度か。。。

で、帰ってきてから、どうしてもエピソードが思い出せないところがあり、
テレビで放送されたのを録画してあった、
『アズガバンの囚人』を見直してみた。

そして、重大なことに気付いた。

「私、アズガバンだけ、観ていなかったんだ!!!」

なんて、おバカな私!
どうりで、ゲイリー・オールドマンの役所にリアリティーがないはずだ。
どうやら、予告なんかを観て、その気になってしまっていたらしい。

わかる訳ないよなぁ~~~! おバカ!!!

 

*********************************************************

 

326536view010   

 それでも、私は今回、
 この人を一番の楽しみに
 観にいったのだ。

 

 

「レオン」や「フィフス・エレメント」のいっちゃってる役と違い、
ハリーに心からの愛情を注ぐ、シリウス・ブラックを素敵に演じてくれていた。
やっぱり、ゲイリー・オールドマン。
いいなぁ~!大好きな俳優の一人だ。

 

15s_2 ちょっとわかりにくい画像だけど、
 以外な役柄で出演していたのが、
 ヘレナ・ボナム=カーター。
 最初、彼女だとわからなかったくらい、
 いっちゃってる魔女を、熱演していた。

 

 

英国人の俳優たちが、たくさん出演しているこの作品。
『オーシャンズ』とは、また違った意味でオールスターキャストだ。
(ジョニーにかかわりのある俳優さんも、たくさん出演していた。)

 

息子が大好きなこのシリーズ。
今回は、次男と二人で観てきた。
初めて、ハリーを「字幕」で、ラドクリフ君の声で鑑賞した。
こんなところにも、息子の成長を感じる。(笑)

 

どちらにしても、復習だけはしっかりして行くことをお勧めする。

 

|

« 梅雨明け | トップページ | ドラキュラ »

コメント

こちらにもお邪魔です♪

ハリーは、3作目(アズガバンだったと思う)
まで観ているのですが、あの時も大きくなったなぁと
いう印象をすごく持ちました。

>予測以上に大人になってしまい、

今回はスッカリ大人になっていて、観たら
また驚くのかもしれないなぁ(笑)

炎のゴブレットを観ていないと、
今回の作品はやっぱり楽しめないですよね~?
う~ん、観にいくべきか悩んでいますぅ。

投稿: Pamy | 2007/08/08 09:12

riさん、こんにちは。

私、ハリーポッターシリーズは一つも見てないんです(汗)
もちろん本も読んでません。。
子供はTV録画のビデオ持ってますが、
一緒に観たことがないのです。

>ゲイリー・オールドマン
『レオン』のあの人なんですね!
初めて知りました~(恥)
すごく俳優として魅力的な人ですね。
あの狂気の目はすごかった!

ハリーポッターは初めから観るべきでしょうね。
いつか…機会があったら観てみますね。

投稿: Rei | 2007/08/08 13:51

Pamy様

今回の「不死鳥の騎士団」は、どちらかというと、
3作目の「アズガバンの囚人」の続き、
という感じが強いような気がします。
4作目の「炎のゴブレット」はエピソードとしては、
単体のような印象があります。

とは言っても、4作目ではヴォルデモード卿の復活があったりと、
もちろん細かいつながりはたくさんある訳で、
やっぱり観にいかれるのなら、全部観てからをお勧めします。

なんて、「アズガバン」を観ていないことに
気付いていなかった私が言うのもなんですが。。。(爆)

それにしても、ハリー、ロン、ハーマイオニーは、
ホントに立派に成長していました!

投稿: ri | 2007/08/08 23:51

Rei様

うちは男の子だからって事もあるのかもしれませんが、
このシリーズが大好きで、
1作目から観にいこうとせがまれ、毎回恒例になってしまいました。

でも、「アズガバンの囚人」は、
子供たちは、それぞれお友達と観にいったので、
私は観ていなかった。。。という事に、後から気付いたおバカです。(爆)

私も、原作は知りません。
そのほうが、映画としては素直に観れるような気がします。
このシリーズは、あまりがっかりすることなく楽しめますよ♪

投稿: ri | 2007/08/08 23:56

ご無沙汰しております!riさん☆
遅くなってごめんなさいです(汗)
まだまだ暑い日が続いておりますがお元気ですか?

ワタシは4を観てないというより観なかったのでもう5は観ないかと思ってたら末の娘だけが観たい~と云うんで、急遽観に行ったの。
子供のお付き合いでゲイリー目当ては同じくです(笑)
イっちゃってる役は大好きだけど、最近いい人役が増えてきてそれはそれでまた素敵だなぁと思うのです。
でも、イっちゃってる役がまた観たいなぁーっ(^^;

ヘレナ・ボナム=カーターでしたね!
誰だっけ?誰だっけ?とワタシは観終わっても気がつかずriさんのとこにきて分かりました(汗)

にしても、皆大きくなりましたよねー
マルフォイもあんなにかわいかったのになーんて思っちゃいました。
「あらら○○ちゃん、大きくなって」ーと云いたくなっちゃうよな、近所のおばちゃんみたいな感覚で観ちゃいます(笑)


投稿: こべに | 2007/08/26 23:33

こべに様

最近、こちらは少しずつですが涼しくなってきたように思います。
東京は、まだまだですか?
でも、もう少しの辛抱ですね!

うちもね、次男は「4」はお友達と一緒に観にいったので、
私はテレビで放送されたものしか見てないんです。
だから、「5」も友達と見に行くのかと思っていたら、
一緒に行こうというので、「まっいいか、ゲイリー出てるし。」
って感じで行ってきました。(笑)

でも、もう少ししたら子供たちも、
誘っても一緒に行ってくれない時がきちゃうのだから、
誘われたら行かないわけにはいかないですよね!

>「あらら○○ちゃん、大きくなって」ーと云いたくなっちゃうよな、近所のおばちゃんみたいな感覚で観ちゃいます(笑)

ホント、よ~くわかります!!!

投稿: ri | 2007/08/28 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/7420923

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [シュフのきまぐれシネマ]
ハリーポッターと不死鳥の騎士団 (吹き替え版)8/15@MOVIX亀有 “暑い”じゃなく“熱い”という字の方がしっくりくるクソ暑さですが皆様如何お過ごしでしょうか? 秋の声も聞こえ始めた今日この頃。暦の上では秋だもの、秋はそこまで来てるわ!もうちょっ... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 23:10

« 梅雨明け | トップページ | ドラキュラ »