« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 花火 »

2007/08/14

手がきかき氷

 

070812_170101  

 久しぶりに、

 お店で、かき氷を食べました。

 

 

 

ここのかき氷は、『手がき』だそうです。

機械で氷を削るのではなく、『手がき』。

つまり、昔ながらのカンナで氷を削るのだそうです。

 

 

『手がき』だと、削った氷のひとつひとつが大きく尖った感じです。

だから、すぐに溶けずに、最後までしっかりいただけます。

このお店は和菓子やさんで、

夏の間だけ、かき氷が食べられます。

 

店内には、エアコンなどありません。

これまた昔ながらの扇風機。

この日は連日の猛暑で、気温は35℃ぐらいまで上がりました。

でも、細長い店内は開け放した表から風が抜け、

以外に涼しいのです。

 

そして、最高の『涼』が、かき氷。

扇風機の風で食べるかき氷は、効果絶大です。

おかげで、頭がキンキンすることもなく、おいしくいただけました。

 

   扇風機。

   風鈴。

   昔ながらの食堂風のテーブルと椅子。

   かき氷を運んでくれるおばあちゃん。

 

昭和の夏。。。 を感じさせてくれるアイテムたち。

なんだか、懐かしい気分で味わった『手がきかき氷』でした。

私の選択は、「宇治白玉」。

 

|

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 花火 »

コメント

わあ、食べてみたいな。。

美味しそう♪
「手がき」珍しいですね。
扇風機だけっていうのも、かき氷を美味しく食べる秘訣かも。。

投稿: 寝起きのパンダ | 2007/08/16 15:19

こんにちは♪

おいしそうな「かき氷」ですね。
私の通っていた高校の向かいも
手がきの「かき氷」でした。
もうかなり昔のことですから(苦笑)
今は、もうなくなっているかもしれませんね。

ホントに「かき氷」は昭和の夏を思い出させますね。
信じないかもしれないけど
母方の実家は小さな町だったせいかもしれないですけど、
ソフトクリームでもかき氷でも
ちゃんと出前!してくれました。
私の育った家も
さすがにソフトクリームはなかったけど
暑い日のおやつにはかき氷の出前をとってたんですよ。

暑いといっても
今よりは過ごしやすくて
もっとのんびり、おっとりと時間が過ぎていった頃の話です(笑)
「かき氷」にはそんなゆっくりした時間がよく似合いますね。

riさん
いいお店を近所にお持ちで羨ましいです。

投稿: チョコ | 2007/08/17 16:11

パンダ様

暑い暑い日が続いていますね。
関東のほうでは、考えられないくらいの気温を記録したと、
毎日、ニュースで聞いています。
パンダさんのお住まいのところは、いかがですか?

「手がき」だと、つぶつぶが大きいので、
食べ応えがありますよ♪

また、扇風機がいい味出していて、
一段とかき氷がおいしく感じられます。(笑)

投稿: ri | 2007/08/17 19:28

チョコ様

ここのお店は、ちょっと車で出かけないといけないのですが、
うちのすぐ近のラーメン屋さんにも名物かき氷があります。

ここは、ソフトクリームもかき氷も、
でっかいことで有名で、地元タウン誌にも載るほどです。
そして、その向かいのお菓子屋さんも、
おばちゃんがかき氷を作ってくれて、
お店の片隅で食べられるのです。
ここは、安さが魅力。たしか150円から200円くらいです。

次男がまだ小学生の頃、
ラーメン屋さんにかき氷を食べに行くと、おじさんに、
「うちのは大きすぎて食べられんから、向かいのお菓子屋さんに行きな。」
と言われたそうです。

ぶっきらぼうなおじさんで、次男は少し怖がっていましたが、
お小遣いを無駄にすることがないようにという、
おじさんのやさしさだったんだろうと思います。

「かき氷」には、こんなお話も似合うと思いませんか?(笑)

投稿: ri | 2007/08/17 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/7530029

この記事へのトラックバック一覧です: 手がきかき氷:

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 花火 »