« ジョニー・デップと家族 | トップページ | シッピング・ニュース »

2007/03/12

仮面の男

 

Hmd57025 《DVD鑑賞》

 レオナルド・ディカプリオ主演 『仮面の男』。

 なんとなく避けていたレオ様の作品だが、

 思い切って鑑賞した。

  

 

 

はっきり言って、
この作品、とってもよかった。
私、やっぱり中世ヨーロッパのお話、とっても好きだ。

文豪アレクサンドル・デュマの名作『鉄仮面』を映画化した作品。

1662年、フランスはパリ。
度重なる戦争によってフランスの国民は極度の飢えに苦しめられていたが、
若きルイ14世(レオナルド・ディカプリオ)は、
贅沢の限りを尽くし、国民のことなど顧みもせず、暴挙を尽くしていた。

ルイ13世に仕えた伝説の4銃士である
アラミス(ジェレミー・アイアンズ)、ポルトス(ジェラール・ドパルデュー)、
アトス(ジョン・マルコヴィッチ)もすっかり年老いた。
その中でただひとり、ダルタニアン(ガブリエル・バーン)だけが
銃士隊長としてルイ14世の下に仕えていた。

ある日、
アラミスは、ルイ14世にイエズス会の指導者を殺すよう命じられるが、
実は、イエズス会の指導者はアラミスその人だった。
一方、ルイ14世はアトスの息子ラウルの恋人、クリスティーヌに心を奪われる。
クリスティーヌを手に入れるため、ルイ14世はラウルを戦地に送る。
そして、前線で大砲の直撃を受け、ラウルは戦死してしまう。
嘆き悲しんだアトスは、ルイ14世に復讐を誓う。

 

物語は、あまりにも有名で、なんとなくではあるが、
あらすじも承知しているようなところがあったので、
はらはらするようなスリルとか、大逆転とか言うものはなかったが、
一つ一つのエピソードが、丁寧に描かれており、
17世紀のブルボン王朝の華やかな宮廷や、
中世の騎士道の精神に引き込まれ、一気に観てしまった。

なんて言ったって、
4銃士のおじさまたちのカッコいいこと!
特に、食料を求めて宮廷に迫るパリ市民の前に、
果敢に一人で立ちはだかり沈めてしまう、ダルタニアン。
4銃士の団結を破ってまで、暴君ルイ14世に忠誠をつくそうとし、
なんとか立派な国王に育てようとするダルタニアンは、
どこか影があり、最高にカッコいいのだ。

仮面の男フィリップに息子の影を見て、厳しくもやさしく教育するアトス。
ダルタニアンとルイ14世の母、アン皇太后の苦悩。
自分の理想の国王に仕えるため、全精力を捧げるアラミス。
人生に疲れ、騎士として死にたいと願うポルトス。
そして、出生の秘密のため人生を翻弄されるフィリップ。

男の誇り、親子の愛、禁断の愛。
またひとつ、素敵な作品に出会った。。。

 

さて、主演のレオナルド・ディカプリオ。
はっきり言って、今まで見たどの作品のレオ様より素敵だった。

前にも書いたが、私はレオ様のことは、
『タイタニック』で初めて見て、その魅力がちっともわからなかった。
『タイタニック』での彼は、ほとんどアイドルとして扱われていたから、
私も、最初からそういう目線で見ていた。
だから、レオ様の顔は私好みじゃないわ、という理由で
その後は、ほとんど彼の作品はスルーしていた。

まず、『ギルバート・グレイプ』で彼の実力を認識し、
『ディパーデッド』を観て、実力派の役者なんだと確認し、
カリスマ映画論の睦月さんから、
彼はアイドル扱いされることを嫌い、『タイタニック』の出演も嫌がっていた
ということをお聞きし、完全に認識を改めた。

ルックスが大好きになった訳ではないけれど、(爆)
実力派の素敵な俳優だと思う。
次回作、『ブラッド・ダイヤモンド』も、とっても楽しみだ。

 

私としては、
最近観た作品のなかでも、かなり上位にくる作品だった。

 

|

« ジョニー・デップと家族 | トップページ | シッピング・ニュース »

コメント

こんばんわ。
アハハハハーン!オススメした手前、ちょっと不安でしたが。
見事にriさんのお気に召したようで安心しました!
ヒャッホーイ!!

ね?すごく良かったでしょう?
レオ様もいいんですが、おっしゃるとおり、あの叔父様方が
とってもステキです!!

でもね、昔NHKでやってたアニメ三銃士では、たしか、アラミス
は実は女だった!っていうオチだった気がするんです。
だから、あんなダンディズムな男性が出てきて、実はいささか
びっくりしてしまいました(笑)。

中性ヨーロッパのお話がお好きということであらば、
以前もリストに挙げた『太陽と月に背いても』ご覧になってみて
ください。・・・いいです。すごくいいです♪

投稿: 睦月 | 2007/03/12 01:56

こんにちは、riさん♪

「仮面の男」すごくよかったですよね!
ディカプリオもよかったけど、
あのおじ様たちも存在感あってよかったなぁ。
最後の展開もびっくりしました。
riさんの記事を読んだら、また、観たくなりました。

ところで・・・
riさんのブログ、ブックマーク登録させていただいて
よろしいですか??
もし、ご迷惑をおかけするようでしたら、遠慮なく言ってくださいね。
では、また。

投稿: Pamy | 2007/03/12 12:38

睦月様

いつもありがとうございます。
見事に、すっかり気に入りました、この作品!

私、ジョニー以外の俳優さんって、大体役に惚れるタイプなんです。
好きな作品で、気に入った役をやっている時のその人がイイって。
その場合、ルックスとかは関係なく、その役に惚れてしまいます。
この役のレオ様は、まさにそういう感じでした。
これから、レオ様のこともルックスではなく、
一人の俳優としてみていきたいと思います。

若いときから(オバサンくさかったですか? 笑)、
あんまり誰か一人の人に夢中になったことがなかったのですが、
何もかもすべてひっくるめて夢中になれたのは、やっぱりジョニーだけです。(照)

ちなみに、アニメ三銃士をやっていたころは、すっかり大人だったような気がします。(泣)

投稿: ri | 2007/03/12 15:25

Pamy様

こちらにもありがとうございます。

>あのおじ様たちも存在感あってよかったなぁ。

ホントに、すごくシブくて、みんなそれぞれに個性があって
すごくよかったです。
この作品は、レオ様もなかなかよかったです。

ブックマークは、よろこんで!ありがとうございます。
こちらも、登録させていただいていいですか。

これからも、よろしくお願いします!

投稿: ri | 2007/03/12 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/5659741

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面の男:

» ジョニー・DAD?! [カリスマ映画論]
いまや、『イイ男』の代名詞となったジョニー・デップ。いやいや・・・・しかし。これからの時代、『イイ男』の条件には『イイ父親』であることも必要不可欠になりそうだ。 [続きを読む]

受信: 2007/03/12 08:20

« ジョニー・デップと家族 | トップページ | シッピング・ニュース »