« シッピング・ニュース | トップページ | ジャックはどこに!?Part2 »

2007/03/14

クライ・ベイビー

 

 

Bp03small   

  記念すべき、

  ジョニー・デップの映画初主演作品。

  ジョニーの主演作品の中で、

  唯一観ていなかったこの作品を

  やっとレンタルしてきた。

   

 

 

 

 

 

1954年、ボルチモア。
お金持ちグループ「スクエアズ」のお嬢様アリスン(エイミー・ロケイン)と、
不良グループ「ドレイプス」の青年クライ・ベイビー(ジョニー・デップ)が
恋に落ちた事から、二つのグループを巻き込んでのドタバタが始まる。
悪趣味映画の巨匠として知られるジョン・ウォーターズ監督の、
青春ラブコメディー。
 

Dp05_3  50年代のポップな音楽に乗って、
 ジョニーもノリノリで歌い、踊っている。
 ちなみに、歌は吹き替えらしい。
 クライベイビーは、感情が高ぶると
 ひとつぶポロリと涙をこぼす。

 クライ・ベイビーとアリスンの恋は、
 周囲に反対されればされるほど燃え上がるのだ。
   

 

怒った「スクエアズ」はパーティー会場に殴り込みをかけ、
混乱の中、逮捕されたクライ・ベイビーは感化院へ送られてしまう。

クライ・ベイビーは、不良なんだけど、どこか純情で憎めない。
アリスンのおばあさんにも、
「彼女はボクがまもるから!」なんていってしまう。
この、おばあさんも、だんだんと
クライ・ベイビーの魅力の虜になっていちゃうから、おもしろい。

 

このとき、ジョニーは27歳。
とっても27歳には見えない若々しさで、
10代の役を無理なくこなしちゃってるから、これまたすごい!

『アリゾナドリーム』を、初めて観たときには、
ジョニーのキラキラした若さと影のない初々しさにビックリした。

この作品では、
予想以上に弾けまくり、ストレートでアリゾナ以上に初々しい。
アリゾナより2年前の作品なんだから当然なんだけど。
またひとつ新しいジョニー、素敵なジョニーを発見した気分。

こんなストレートに明るく弾けたジョニーは、もう観られないんだろうな。
今やジョニーは、押しも押されもしないトップスターだし、
43歳の大人の男なのだから、観られなくて当たり前なんだけど。
なんていうか、
現在のジョニー・デップは、いくら明るく弾けたキャラを演じても、
やっぱり、今まで培ってきた人間としての深みが見え隠れし、
どこか背中に影を感じてしまったり、
セクシーで揺るぎないオーラを纏っているから。
当然、それが現在のジョニーの大きな魅力なんだけど、
この作品のように、どこまでも明るくお茶目なジョニーも素敵。

 

ジョニーは、テレビアイドルとしてのイメージを嫌って、
この作品への出演を決めたと言う。
だから、もっと際どい表現やなんかがあるのかと思ったが、
以外に素直でストレートな内容だった。

ジョニーは、怒るかもしれないけど、
アイドルといってもいいような、カッコよさと可愛さだったよ!
でも、まじめなハンソン刑事をぶち壊すには、
十分すぎるくらい、弾けてまくっていたけどね。

映画のことは、あまり詳しくないのでよく分からないのだけれど、
アイドルが、ウォーターズ監督の作品に主演するという、
それだけで、結構ありえない、すごいことだったりしたんだろうか。

 

いや~、
とにかく、以前カリスマ映画論の睦月さんから教えいただいた、
ベロベロチューも、○○こりも、(←記事はこちら
しっかりチェック!!!

 

|

« シッピング・ニュース | トップページ | ジャックはどこに!?Part2 »

コメント

もうここまで来ると、

ジョニーは23人いるという私の説が正しいことが
どんどん証明されている感じがします(笑)

投稿: ふる | 2007/03/14 20:52

ふる様

こんばんは♪
ふる説は、ジョニーが23人ですか!ちょっと数えてみよーかな。

1.ジャック・スパロウ
2.ウィリー・ウォンカ
3.ロチェスター伯爵
4.ラウル・デューク
5.エド・ウッド
6.エドワード・シザーハンズ

 ……
 
23.クライ・ベイビー

ということで、
ふるさんの見解と違う場合にはダメだしお願いします!

投稿: ri | 2007/03/15 00:16

コチラにも、お邪魔♪

>とっても27歳には見えない若々しさで、
10代の役を無理なくこなしちゃってるから、これまたすごい!

クライベイビー!とってもエネルギッシュで
若さ弾けてましたよね。
ダンスシーン、結構大好きです。
めちゃめちゃかっこいい~!!

アイドルのイメージを払拭したかったんだろうなぁ。
昔のアイドルならありえないシーンのオンパレードなんだろうけど
今ならぜんぜん、アイドルで通用しちゃいそうな感じですよね。

>ベロベロチューも、○○こりも

どうしても、凝視しちゃいますよね(照)

投稿: Pamy | 2007/03/16 12:40

こんにちわ。
風邪をひいております・・・
お返事遅くなり申しわけありません。

ご覧になられたんですね♪クライ・ベイビー!!
文中リンクまでしていただき、まことにありがとうございます!

アイドル路線まっしぐらだったジョニーが、ウォーターズ監督作品
を初主演作に選ぶってのは、ものすごいチャレンジだったと私は
思っています。

この頃のジョニーはお肌もピカピカで、目もギラギラしてて、
なんだかパワーを持て余している高校生みたい(爆笑)。
でも実際は、20代後半だったんだから驚きです。

ベロチューとモ○コリ・・・・しっかりチェックをありがとう
ございました(爆笑)。

投稿: 睦月 | 2007/03/16 14:41

Pamy様

こちらにも、ありがとうございます。
カメオ出演の1、2作は別として、
ジョニーの作品で、これだけまだ観れていなかったんです。

ノリノリで、ダンスをしギターをかき鳴らしているジョニーって
もう一つ、想像できなかったんですけど、
観てみると、全く違和感なく、とっても素敵なジョニーでした。

日本とアメリカじゃ、ちょっと違うのかもしれませんが、
私の若い頃のアイドルと言えば(ジョニーと同年代ですので 爆)、
「ぶりっこ」が流行ったくらいですから、
判で押したような優等生で、恋愛なんてとんでもない
という時代ですもの。
ベロベロチューや、○○こりなんて、ありえないですよね!
ファンにとっては、ありがたい作品ですね!

「ネバーランド」の、ジョニーもとっても素敵でした。
私、短髪でお髭なしのジョニーも、とっても好きです。
私的には、こちらのほうが、かえって若々しい感じがするのですが…
この、インタビューの時のジョニーは、ホント40歳には見えません!
もちろん、ふんわりロン毛で無精髭のジョニーも素敵なんですが。

結局、全部好きってことですね!

投稿: ri | 2007/03/17 00:09

睦月様。

TB、コメントありがとうございました。
風邪、大丈夫ですか?季節の変わり目は、要注意ですよね。
こじらせると厄介ですから、十分に休んで、しっかり直してくださいね。
がんばり屋の睦月さんだけど、あんまりかんばちゃダメですよ。
風邪は、ゆっくり休むのが一番ですから!

ところで、クライベイビー。
私は、ウォーターズ監督の他の作品を観たことがないので、
もうひとつ実感がなかったのですが、
やっぱり、初主演作品にウォーターズ監督作品を選ぶのは
凄いことだったんでしょうね!
アイドルを徹底的に嫌っていたジョニーらしい選択なんでしょう。
でも、これが後のジョニー・デップの原点になったのなら、
ウォーターズ監督には、どれだけ感謝しても足りないくらいですね!
おかげで、私達は今、幸せな夢を見ていられるのですから。。。

それにしても、27歳でこの若さ、すごいです。
最近、「ネバーランド」のDVDを手に入れました。
特典映像の中で、ダスティン・ホフマンさんが、
「ジョニーは、隣にいても20代にしか見えないよ。」
と言っていましたが(それはチョット言い過ぎかも…)、
ホフマンさんも「卒業」を演じたとき、たしか30歳ぐらいだったと。
彼も遅咲きの俳優さんだったのですね。

ジョニーも、ホフマンさんのように、
70歳のおじいちゃんになっても、
若々しく素敵に、俳優をやっていてほしいと願うばかりです。

(そのときの自分を想像すると。。。想像したくない! 大泣)

投稿: ri | 2007/03/17 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/5684302

この記事へのトラックバック一覧です: クライ・ベイビー:

» ジョニー・デップが化けた人物 : クライ・ベイビー(クライ・ベイビー) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ マヌケでおかしな、元祖『ウォーク・ザ・ライン』   [続きを読む]

受信: 2007/03/15 08:58

« シッピング・ニュース | トップページ | ジャックはどこに!?Part2 »