« 6年前のこと | トップページ | 美容室へ行ってきました »

2007/02/24

ドリームガールズ

 

B461a26fs  《劇場鑑賞》

 

 夢、希望、成功、挫折。

 圧倒的な迫力で迫ってくる歌声。

 みなさんの評価の通りの作品だった。

 

 

 

 

今日は、土曜日で仕事はお休み。
休みなんだけど、ちょっとだけ早起きして、
『クラッシュ』のDVDを鑑賞した。

そして、午後。
先週、劇場へ行こうと思っていて挫折してしまった
『ドリームガールズ』を観に、近くのシネコンに出かけた。

この二つの作品、
形は違うけれど、アメリカ社会の根底にある、
人種の壁を、まざまざと感じさせられた。

**************************************************

 

これは、もう前評判通り、
出演者全員の、圧倒的な歌唱力で、
ガンガンと迫ってくる、素敵な作品。
映画というよりは、ショーを見ているような感覚だった。

デトロイトで成功を夢見る、エフィ・ローレル・ディーナの三人。

白人至上主義の世界で、
自分の作品が、お金と権力で盗られてしまうなんて事は、
ショービズの世界ではよくある事。
歌唱力よりも、容姿やスタイルで売り出される、
そんな事もよくある事。

白人の世界に乗り込んでいった、
彼ら、彼女らの成功と挫折。
物語が進むにつれ、徐々に変化していくそれぞれの立場と、
徐々に離れていく気持ちの変化。

その全てが、歌で綴られていく。
ミュージカル映画は、ほとんど観たことがなかったが、
違和感なく、物語とショーに世界に浸ることができた。

 

ゴールデングローブ賞で、助演女優賞を受賞した、
ジェニファー・ハドソンの、ド迫力の歌声にはまいった。
さすが、アメリカ版 「森久美」 だ!
日本人で、この人の迫力に対抗できるのは、
マジで、森久美子さんくらいかもしれない。

地元、デトロイトのスターを演じた、エディ・マーフィー。
エディ・マーフィーって、こんなに歌がうまかったんだ!
小気味いいのりで、最高のパフォーマンスだった。

ビヨンセは、さすがに美しく、スタイルも抜群。
どんな衣装を着ていても、とびきりカッコよかった。

そして、
野心家でやり手のマネージャーを演じた、ジェイミー・フォックス。
彼がいなければ、全てが始まらない。
彼って、アメリカの象徴みたいなものなんだろうか。。。

ほとんどの出演者が黒人の、この作品。
この人たちの、迫力、歌唱力、パフォーマンス。
どれをとっても、日本人にはマネできないな、と思った。

見終わったあとは、心地よい疲労感で、
少々、ぐったりとしてしまった。

 
******************************************************

 
 
今日は、

久しぶりに、長男と二人で劇場に出かけた。

長男のほうから『ドリームガールズ』観たいな、と言ってきたので、

じゃ、観にいこうかと誘うと、あっさりとOK。

こんな映画も観るようになったんだ~、と妙に感心したりした。

長男と二人だけで映画を観るなんてことも、

あと、どれくらいあるんだろうなぁ。。。

 

|

« 6年前のこと | トップページ | 美容室へ行ってきました »

コメント

こんばんわ!

≫マジで、森久美子さんくらいかもしれない。

ハドソン自体がモリクミさんに似てましたよね?
容姿でも対抗できますよ!!きっと!!

というわけで、こんばんわ!
riさんも楽しんでこられたようで良かった!!
リアルライブを観ているような迫力と臨場感でホントに
見ごたえがありましたよね♪
ビヨンセは10キロの減量でこの役に挑んだそうです。
さすがの美しさでした。


≫長男と二人だけで映画を観るなんてことも、

あと、どれくらいあるんだろうなぁ。。。


そういえば、私・・・ママとまともに2人きりでどこかへ
出かけたことも映画を観たこともありません。
その代わり(?)、弟がママとよく出かけています。
やっぱね、息子にとっての初めての恋人はママですから。
これから何度でも息子さんと映画を観る機会はあるはずです。

いつかは私と一緒に映画を観に行ってくれたら嬉しいな。
riさん♪

投稿: 睦月 | 2007/02/25 02:25

riさん、こんにちは。
お邪魔するのが遅くなってごめんなさい。

ご覧になった方のほとんどが絶賛の作品。
riさんも楽しめて何よりでした。
これは、是非、大きなスクリーンで観たい作品ですもんね。
迫力と、心情と、ショウビズ界の実態と。。。
見どころ満載、演技力伯仲の素晴らしいエンターティメントでした。

息子を手放す時の寂しさと不安は、気がついたらめそめそしてしまうんですが…
いろいろ雑用も多く忙しい日々になることでしょうが、
どうぞ、体調を壊さないようにしてくださいね。

わが家の息子もまもなく大学卒業ですが、
食品の買い物はイヤでも、映画ならついてきます。
大人になってゆく息子の誇らしさと頼もしさ、
いつまでも変わらない可愛さは
母親にとっては宝物ですね。。。

投稿: 悠雅 | 2007/02/25 14:16

睦月様、コメントありがとうございます。

本当に、スッキリと楽しめる作品でした♪
明日は、アカデミー賞の発表ですね。
ジェニファー・ハドソン、エディー・マーフィーの受賞はあるんでしょうか。

>いつかは私と一緒に映画を観に行ってくれたら嬉しいな。

こちらこそ睦月さん。
睦月さんと映画を観て、その後お話できたりしたら、ホントうれしい!
もしかしたら、睦月さんよりも睦月さんのママのほうに歳が近いかもしれない私ですが、
ママの代わりに一緒にお付き合いしてくださいますか。きっとね!

投稿: ri | 2007/02/25 22:05

悠雅様。
いえいえ、お暇なときに遊びに来ていただけるだけで
うれしいです。ありがとうございます。

この作品を観て、他のミュージカル作品も観てみようかという
勇気(?)が沸いてきました。
Gerryの魅力に、是非浸ってみたいと思っています。

同じくらいの子供を持つ方と、ここでこうしてお話させていただくのが、
とっても楽しみで、私の元気の源になっています。

>大人になってゆく息子の誇らしさと頼もしさ、
 いつまでも変わらない可愛さは
 母親にとっては宝物ですね。。。

ホントに。。。
寂しさは、落ち着いてから感じるのでしょうね。
最近は次男の成長めざましく、ついこの間までほんの子供だったのに、
もうあと少しで身長が追い越されそうになってきました。
みんな、あっという間に大人になっていくんでしょうね。。。

投稿: ri | 2007/02/25 22:20

こんにちは、
TBありがとうございました。

いつもながらriさんの「日本人への変換能力」の高さには感心してしまいます。
モリクミさん、ですね(笑)
私ね、かなり昔ですけど、テレビの公開番組を観にいった時、生のモリクミさんをすごく近くで見たけど
すっごくキュートな方でしたよ。

そのハリウッド版モリクミさん
助演女優賞をとったみたいですね。
また新しいスターが誕生して、これからが楽しみですね。
素晴らしい歌唱力でした。

投稿: チョコ | 2007/02/26 13:47

チョコ様。

元気、戻ってきましたか?
私は、まだブログを始めて2ヶ月ほど。
まだまだ新鮮で、ここでみなさんとお話させていただくのが、
元気の元になっています。

でも、記事を作るのは、まだまだ時間がかかってしまって、寝不足続き。
不定期でいいや、と最初からあきらめています。(笑)

うちはWOWOW契約してないので、アカデミー賞も見れなかったのが残念!
ノミネートや受賞した俳優さんたちの作品をチェックしていると、
これから観たいものがたくさんで、困ってしまいます。(笑)

投稿: ri | 2007/02/26 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/5478376

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームガールズ:

» ドリームガールズ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  夢の始まり・夢の果て   [続きを読む]

受信: 2007/02/25 02:15

» ドリームガールズ [悠雅的生活]
それぞれの夢。それぞれの挫折。それぞれの愛。 [続きを読む]

受信: 2007/02/25 14:06

» 『ドリームガールズ』 [京の昼寝〜♪]
夢は永遠に生き続ける ■監督・脚本 ビル・コンドン■キャスト ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディー・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローバー、ジョン・リスゴー □オフィシャルサイト  『ドリームガールズ』  1962年デトロイト。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ロー... [続きを読む]

受信: 2007/02/25 16:20

» ドリームガールズ [Akira's VOICE]
栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪ [続きを読む]

受信: 2007/02/25 18:52

» ドリームガールズ [ビター☆チョコ]
1962年、アメリカ、デトロイト。スターを目指す3人の少女がいた。3人の少女はドリーメッツと名乗り、抜群の歌唱力をもつエフイー(ジェニファー・ハドソン)をリードボーカルとしてアマチュアコンテストに出場し続けていた。3人の歌に会場はいつも盛り上がるのだか、どうしても優勝できない。スターになるためには才能だけでなく、チャンスが必要なのだ。そんな時、突然チャンスが訪れた。3人の前に�... [続きを読む]

受信: 2007/02/26 13:47

« 6年前のこと | トップページ | 美容室へ行ってきました »