« 夜になるまえに | トップページ | 幸せのちから »

2007/01/26

京極 なつ 彦

30442122_1   

 先日、

 めずらしく、

 夫が小説を買ってきた。

 

 

 

 

私は、結構読書好き。
それも、もっぱら小説。

歴史小説は以前から好きだし、
その時々で一人の作家さんを読み倒すこともある。

2年ほど前は、世の陰陽師ブームに乗っかって、
夢枕獏さんと、陰陽師ものを読みあさった。

昨年、前半は京極夏彦さんだった。
後半は、ジョニー・デップにのめり込み、
読書はとんとご無沙汰になってしまった。(照)

 

******************************************

 

うちの夫は、私と違い、小説はほとんど読まない。

雑誌は大好きで、
いろんなジャンルの雑誌を買ってきては読んでいる。
(そう、映画も本も好みは全く違うんです!)

先日、
また本屋の紙袋をかかえて帰ってきた。

ここからは、臨場感あふれるよう方言で!

夫:「なあなあ、この間友達におもしれ~本があるで、
   読んでみなって言われたんやって。」

妻:「ふ~~~ん。」

夫:「なんかぁ、すげー難しいんやけど、
   読み終わると、達成感あってスキッとするらしいんや。」

妻:「ふ~~~ん。」

夫:「知ってるけ、京極 ふ? ふゆ彦 って言うの!」

妻:「ふ、ふ、ふゆひこぉ~~~!!!
   それ、なつ彦 の間違いやろっ!!!」 (←ぶっ飛び!)

夫:「えっ!」 (←絶句、超赤面!)

妻:「なに、こうてきたの?」

夫:「一番有名なやつ…」

妻:「まさか、姑獲鳥の夏 でないやろの。」

夫:「あっ、それそれ!」

妻:「ちょっと、見てみね!」 と本棚をみせる。

夫:「うそ、あったんけ……」

               (注)こちらの方言は語尾に”け”を付けるのが特徴です。
                      が、イントネーションが極端にないのも特徴で、
                      これは文章では表現しにくく、解りづらかったでしょうか?

 
そうなんです、本棚には、
『姑獲鳥の夏』から『塗仏の宴』まで、7冊、
とびきりの分厚さの、京極夏彦さんが揃っていました。

あなた、一昔前に流行った、
マザコン冬彦さんじゃあ、ないんだからね。(爆)
お腹かかえて笑わせてもらいました!!!

あなたの目の前でも、さんざん読んでいたハズなんだけどなぁ…

 

この2冊目の『姑獲鳥の夏』。

いまだ、広げられることもなく、キレイなカバーのまま、

本棚にいらっしゃいます…

|

« 夜になるまえに | トップページ | 幸せのちから »

コメント

こんにちは♪

初めてお邪魔いたします。

子供が小さい頃はなかなかまとまった時間が取れなかったので
映画よりも本ばかり読んでました。
最近、自分の時間が持てるようになったら
今度は映画と習い事が優先になってしまって
本まで手が回らなくなってしまいました。

電車の中やお風呂で(笑)読むことが多いので
京極夏彦はつい敬遠してしまいます。
厚くて重いですものね~

そっかー達成感かぁ~
読書ってそういう楽しみ方もあるんですね(笑)

投稿: チョコ | 2007/01/28 13:50

チョコ様

ご訪問ありがとうございます。
まだまだ、始めたばかりのブログですが、
なんとか続けていけたらなと、思っております。

うちは次男が中学1年生。
小学校の頃と比べたら、格段に時間の余裕も増えましたが、
ホントに自由な時間が持てるようになるのは、
もう少し先かなと思います。

チョコさんのブログにお邪魔すると、
なんだか共通点も多く、年齢も同じくらいかなと…
また、いろんなお話をさせていただけるとうれしいなと
思っています。
これからもよろしくお願いします。

今日の映画は、都合で「ディパーテッド」じゃなく、
「幸せのちから」になってしまいました。(笑)

投稿: ri | 2007/01/29 00:22

riさん、こんばんは。
うわ…わが家でもそれ、2回ほど経験あります(笑)
家族全員、本が大好きだけど、夫とは全く趣味が違うんです。
なのに、たま~に重なってしまって。
同じ本を別々に買って、別々に読んで、評価も全く違いました(笑)

わたしも中学以降は本ばっかり読んで暮らしてました。
映画をゆっくり観れなかった子育て期間の20年弱、
特に読書量が多かった気がします。
京極夏彦はお気に入りの1人ですが…
最新刊が出たのに、まだ読んでないです(>_<)
デビューの頃から最新刊が出るのを待ち侘びて、
出たらすぐ読んでたのに…

違う話しになっちゃってごめんなさいm(__)m

投稿: 悠雅 | 2007/01/29 00:53

悠雅様

コメントありがとうございます。
そうなんです、うちも何かにつけて、
趣味が全く違うんです!

映画も、夫は邦画好き。私は洋画と、真っ向対立です。(爆)
私は、子育て中はもちろん、独身時代もそんなに劇場に
通ったほうではありません。
丁度、その頃は映画がテレビやビデオに押されて
あまり振るわなかった時代だったような気がします。
確か、田舎では閉鎖する劇場もたくさんありました。
近くにシネコンが出来てからは、時々劇場に行くようになりましたが、
子供と一緒に見られるものばかりでした。(笑)

京極さんの新刊は、私もまだ読んでません。
それ以前に、まだ読んでない作品もあるんですよ。
最近は、DVDとブログに押されて、読書が後回し。

以前は、寝る前にベッドで必ず本を読んでから寝ていたのですが、
最近、ちょっと眼が… やばい ……

投稿: ri | 2007/01/30 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/5089195

この記事へのトラックバック一覧です: 京極 なつ 彦:

« 夜になるまえに | トップページ | 幸せのちから »