« うちのチビさん | トップページ | 華麗なる…木村拓哉 »

2007/01/14

ミリオンダラー・ベイビー

初めて、映画のことを書く。

ここ何年も、劇場どころかDVDを観る時間もあまりなかった。
まだまだ、劇場に足を運ぶことは、数が限られてくるので、
DVDでの鑑賞が中心になると思う。
作品やストーリーの紹介など、今さらと言う作品が多くなるハズ。

なので、自分なりの感想だけを書いていきたいと思う。

 

   

2684446464_6 《DVD鑑賞》

 今年初のDVDに、この作品を選んだ。

 昨年末にイーストウッド監督の
 「硫黄島からの手紙」を観て、

 なんと、
 イーストウッド作品初鑑賞…(恥)

  

ミスティックリバーとこの作品を続けて観た。

 

 

この監督の作品を三本観て思ったこと。
物語は、常に淡々と進んでいく。
大げさな表現方法や演出などはあまりなく、
作品の最後には、
「ほら、お前たち。後は自分で考えてみろ。」
と、突き放された気分になる。

だからこそ、考え込んでしまう。

今回も、
マギーは本当に幸せだったんだろうか。
満足のいく人生だったのだろうか。
そして、フランキーの選択は正しかったんだろうか。

何度も自分に問い、
肯定しては、否定する。

そんなに簡単に答えが出るようなテーマじゃない。
今回の作品も、重く切ないラストだった。

ミスティックリバー同様、
私にとっては、切なさに涙が出るというよりは、
重たさと悲しみが突き刺さってくる作品だった。
好きとも言い切れないけど、きらいじゃない。

でも、心が折れているときにはあまり観たくない…
 

********************************************

 
モーガン・フリーマン扮する、元ボクサーのスクラップの語りで
物語が進行するのだが、それがまたシブくていい。
もともと、モーガン・フリーマンは好きな俳優なのだが、
この作品では、シブいとは彼のためにある言葉かというほど、
シブくて深みのある演技を披露していると思う。
だって、この作品で彼は初オスカーを獲得しているんですものね。

ヒラリー・スワンクという女優さんは、よく知らなかったのだが、
ラストで、マギーがフランキーに見せる笑顔は、本当に美しいと思った。

そして、クリント・イーストウッドは、役者としてももちろん、
監督としても、やはりすごい人なんだなと感じた。

 

|

« うちのチビさん | トップページ | 華麗なる…木村拓哉 »

コメント

riさん、こんばんは。
TBとコメントありがとうございました。
わたしも映画中心のブログなのに、映画館で観る作品に限りがあるので、
DVDやTV放送の割合が高いです。
まだまだ知らない作品や、何となく敬遠しているものが多いので、
是非、いい作品があったら教えてくださいね。

『ミスティック・リバー』もこれも、好きというのではないけれど、嫌いなわけではない。
是非1回は観たいけれど、2回目を観ようとはなかなか思えないのですね。

こうあるべし、という道徳観、正義感と、
そうは言っても、という本音の相容れなさが、
放り出されたのに、試されているような、居心地の悪さを感じてしまいます。
なかなかこれだ!と言い切れる答えなどないのが、人間なのかもしれないですね。

投稿: 悠雅 | 2007/01/16 00:10

悠雅様

コメントありがとうございます。
まだまだ、はじめたばかりで、つたないブログですが、末永くよろしくお願いします。

私は、まだまだ映画も初心者です。今までは、ほとんど大作系の子供と一緒に見られるようなものしか見てきませんでしたので。
でも、昨年ジョニー・デップに惚れてしまい(悠雅さんはダメでしたか。笑)、映画そものにも俄然興味がわいてきました。こちらこそ、悠雅さんや睦月さんの感想を読ませていただいて、見てみようと思う作品がたくさんあります。
ブログのほうは、節操ないですが、なんでもありでやってみようと思っています。

そうそう、悠雅さんのところにお邪魔した祭に、ひとつ忘れていました。
こちらの地方ではどんど焼き(大抵濁音です)のことを、左義長ともいいます。読みは「さぎっちょ」です。北陸全般で言うのか、今日のニュースで金沢でも「左義長」といっていました。
奥越地方の勝山市というところの「左議長まつり」はわりと有名で、2月の末に盛大に行われます。

ホントに訪問してくださってありがとうございました!

投稿: ri | 2007/01/16 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198769/4917892

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» ミリオンダラー・ベイビー [悠雅的生活]
「自分」を守る、ということ [続きを読む]

受信: 2007/01/15 23:57

« うちのチビさん | トップページ | 華麗なる…木村拓哉 »